お知らせ2022/01/29/更新[新型コロナウイルス:パース発最新情報まとめ]

オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

2022年1月29日更新 【新型コロナウイルスのパース発最新情報まとめ】

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

ここでは、西オーストラリア州政府や在パース主要メディアから発表された新型コロナウイルスについての最新情報をまとめてお届けします。

更新日:2022年1月29日(土)
▶パースの新たな市中感染者22人
▶シドニーの新たな市中感染者は13,354人(PCR検査、抗原検査キット)、49人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は12,250人(PCR検査、抗原検査キット)、31人死亡

1月29日(土)パースの新たな市中感染者22人。14人はLibrary Nightclubのナイトクラブクラスター、7人はWillagee IGA、Safety Bay、Rockingham、Bunbury、South West地方、Wheatbelt地方のクラスターに関連しており、1人は感染経路不明で調査中。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。Northbridge、Embleton、Perth、Cooloongupなどのエリアがアップデートされている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州からの旅行者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は137人。入院者1人、1人が集中治療室で治療中。1339人が回復している。これまでの累計感染者数は1487人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は141人。検査結果合計数は2,245,627人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は97.4%、2回接種率は90.5%、16才以上の3回接種率は33.9%。

シドニーの新たな市中感染者は13,354人(7,928 PCR検査、5,426 抗原検査キット)、49人死亡。2,693人が入院中、186人が集中治療室で治療中、73人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は620人(438 PCR検査、182 抗原検査キット)。現在61人が入院中、5人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は12,250人(6,244 PCR検査、6,006 抗原検査キット)、31人死亡。現在953人が入院中、114人が集中治療室で治療中、39人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は10,391人(7,147 PCR検査、3,244 抗原検査キット)、12人死亡。現在833人が入院中、53人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は1,740人、5人死亡。現在283人が入院中、29人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は683人(208 PCR検査、475 抗原検査キット)。現在17人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は828人(PCR検査、抗原検査キット)。現在111人が入院中、5人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月29日)
 

更新日:2022年1月28日(金)
▶パースの新たな市中感染者9人
▶西豪州政府、今後感染者数が増加した場合に施行される隔離期間の変更、濃厚接触者定義の変更について発表
▶シドニーの新たな市中感染者は13,333人(PCR検査、抗原検査キット)、35人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は12,755人(PCR検査、抗原検査キット)、39人死亡

1月28日(金)パースの新たな市中感染者9人。1人はCoolbellupクラスター、1人はWillagee IGA、3人はナイトクラブ(2人はLibrary Nightclub、1人はHip-E Club)、2人はWheatbelt地方のCunderdinとGoomallingに関連しており、2人は調査中。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。Northbridge、Mandurah、Cockburn、Rockingham、East Victoria Parkなどのエリアがアップデートされている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は114人。入院者2人、1人が集中治療室で治療中。1324人が回復している。これまでの累計感染者数は1464人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は141人。検査結果合計数は2,245,627人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は97.4%、2回接種率は90.5%、16才以上の3回接種率は33.9%。

西オーストラリア州政府は、今後感染者数が増加した場合に施行される隔離期間の変更、濃厚接触者の定義の変更について発表した。陽性後の隔離期間は7日間に短縮され、症状がない場合は自主隔離を7日間で終了することができる。また、濃厚接触者の定義も家族や同居人、マスクなして15分間対面での接触、マスクなしで小部屋で2時間一緒に過ごした場合などと変更される。そして、エッセンシャルワーカーは、濃厚接触者でも症状がない場合、毎日迅速抗原検査(RAT)を行い、サージカルマスクを着用するなどの要件を満たせば、隔離を免除される。この変更が導入される時期については明らかにされておらず、当面の間は現在の規則が維持される。

シドニーの新たな市中感染者は13,333人(6,256 PCR検査、7,077 抗原検査キット)、35人死亡。2,737人が入院中、189人が集中治療室で治療中、78人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は734人(478 PCR検査、256 抗原検査キット)、1人死亡。現在66人が入院中、5人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は12,755人(5,345 PCR検査、7,410 抗原検査キット)、39人死亡。現在988人が入院中、114人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は9,974人(6,014 PCR検査、3,960 抗原検査キット)、18人死亡。現在818人が入院中、54人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は1,846人、5人死亡。現在285人が入院中、24人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は584人(135 PCR検査、449 抗原検査キット)。現在19人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は940人(PCR検査、抗原検査キット)。現在105人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月28日)
 

更新日:2022年1月27日(木)
▶パースの新たな市中感染者10人
▶西豪州政府発表、本日午後6時よりGreat Southern地方とWheatbelt地方でも屋内公共施設でマスク着用が必要に
▶シドニーの新たな市中感染者は17,316人(PCR検査、抗原検査キット)、29人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は13,755人(PCR検査、抗原検査キット)、15人死亡

1月27日(木)パースの新たな市中感染者10人。5人はRockingham、3人はWillagee IGA、2人はSouth West地方に関連している。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。Mount Lawley、Leederville、Welshpool、Mandurah、Dunsborough、Australind、West Busselton、Waikiki、Vasse、Capel、Booragoon、Quindalupなど多数のエリアがアップデートされている。

西オーストラリア州政府は、Wheatbelt地方のCunderdinで昨日感染者が確認されたことを受け、本日午後6時よりGreat Southern地方とWheatbelt地方でも屋内公共施設でマスク着用を義務付けることを発表した。マーク・マガウワン西豪州首相は、今後、州全体でマスク着用が必要になる可能性が予想されると述べている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者2人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は131人。入院者2人、1人が集中治療室で治療中。1314人が回復している。これまでの累計感染者数は1454人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は141人。検査結果合計数は2,231,286人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は97.2%、2回接種率は90.2%、16才以上の3回接種率は32.7%。

シドニーの新たな市中感染者は17,316人(9,934 PCR検査、7,382 抗原検査キット)、29人死亡。2,722人が入院中、181人が集中治療室で治療中、72人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は884人(648 PCR検査、236 抗原検査キット)。現在73人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は13,755人(6,130 PCR検査、7,625 抗原検査キット)、15人死亡。現在1,057人が入院中、117人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は11,600人(7,614 PCR検査、3,986 抗原検査キット)、15人死亡。現在829人が入院中、48人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は1,953人、13人死亡。現在288人が入院中、27人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は726人(246 PCR検査、480 抗原検査キット)。現在24人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は626人(PCR検査、抗原検査キット)。現在95人が入院中、4人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月27日)
 

更新日:2022年1月26日(水・祝日)
▶パースの新たな市中感染者24人
▶シドニーの新たな市中感染者は21,030人(PCR検査、抗原検査キット)、29人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は13,507人(PCR検査、抗原検査キット)、35人死亡

1月26日(水・祝日)パースの新たな市中感染者24人。9人はバンバリー地方のクラスターに関連しており、合計で17人に拡大している。そして、2人は以前発表された感染経路不明者の濃厚接触者、2人はCoolbellupクラスター、3人はSafety Bayクラスター、2人はHaynesクラスター、2人はWillagee IGA、1人はMandurah、1人は検疫ホテルの警備員に関連しており、2人は感染経路不明で追跡調査が行われている。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の現在の感染者数は132人。入院者1人、1人が集中治療室で治療中。1301人が回復している。これまでの累計感染者数は1442人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は141人。検査結果合計数は2,222,201人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.9%、2回接種率は89.8%、16才以上の3回接種率は31.0%。

シドニーの新たな市中感染者は21,030人(12,918 PCR検査、8,112 抗原検査キット)、29人死亡。2,794人が入院中、175人が集中治療室で治療中、75人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は896人(600 PCR検査、296 抗原検査キット)。現在67人が入院中、5人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は13,507人(6,533 PCR検査、6,974 抗原検査キット)、35人死亡。現在1,089人が入院中、113人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は13,511人(8,954 PCR検査、4,557 抗原検査キット)、9人死亡。現在889人が入院中、47人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,401人、13人死亡。現在288人が入院中、26人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は712人(206 PCR検査、506 抗原検査キット)、1人死亡。現在28人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は492人(PCR検査、抗原検査キット)。現在84人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月26日)
 

更新日:2022年1月25日(火)
▶パースの新たな市中感染者14人、他州、海外からの感染者4人
▶シドニーの新たな市中感染者は18,512人(PCR検査、抗原検査キット)、29人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は14,836人(PCR検査、抗原検査キット)、29人死亡

1月25日(火)パースの新たな市中感染者14人。7人はバンバリー地方のクラスターに関連しており、今後数日でさらに感染者が増加すると懸念されている。2人はCoolbellupクラスター、1人はSafety Bayクラスター、1人はHaynesクラスター、1人は検疫ホテルの警備員。2人は感染経路不明で追跡調査が行われている。

西オーストラリア州政府は、オミクロン株の感染者が拡大しており、パース、ピール、サウスウエスト地方で症状がある人は、公表されている感染者が利用した場所を訪れていなくても、速やかに検査を受けるよう呼び掛けている。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者4人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は115人。入院者2人、1人が集中治療室で治療中。1294人が回復している。これまでの累計感染者数は1418人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は137人。検査結果合計数は2,222,201人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.9%、2回接種率は89.8%、16才以上の3回接種率は31.0%。

シドニーの新たな市中感染者は18,512人(9,422 PCR検査、9,090 抗原検査キット)、29人死亡。2,943人が入院中、183人が集中治療室で治療中、72人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は904人(546 PCR検査、358 抗原検査キット)、1人死亡。現在67人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は14,836人(6,297 PCR検査、8,539 抗原検査キット)、29人死亡。現在1,057人が入院中、119人が集中治療室で治療中、45人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は9,546人(5,701 PCR検査、3,845 抗原検査キット)、11人死亡。現在928人が入院中、51人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は1,869人、5人死亡。現在287人が入院中、32人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は643人(154 PCR検査、489 抗原検査キット)、1人死亡。現在35人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は517人(PCR検査、抗原検査キット)。現在72人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月25日)
 

更新日:2022年1月24日(月)
▶パースの新たな市中感染者13人、他州、海外からの感染者2人
▶サウスウエスト地方で初の市中感染者確認
▶西豪州政府、パース、ピール、サウスウエスト地方で、症状がある人は速やかに検査を受けるよう呼び掛け
▶シドニーの新たな市中感染者は15,091人(PCR検査、抗原検査キット)、24人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は11,695人(PCR検査、抗原検査キット)、17人死亡

1月24日(月)パースの新たな市中感染者13人。1人はサウスウエスト地方で初めての市中感染者となるバンバリーの感染経路不明の症例。12人はこれまでに発表された陽性者に関連しており、このうち10人はCoolbellupクラスター(8人は家族、2人は濃厚接触者)、1人はSafety Bayクラスター、1人はWillagee IGAに関連している。

西オーストラリア州政府は、オミクロン株の感染者が拡大しており、パース、ピール、サウスウエスト地方で症状がある人は、公表されている感染者が利用した場所を訪れていなくても、速やかに検査を受けるよう呼び掛けている。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者2人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は96人。入院者なし、1287人が回復している。これまでの累計感染者数は1400人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は137人。検査結果合計数は2,211,781人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.7%、2回接種率は89.5%、16才以上の3回接種率は29.7%。

シドニーの新たな市中感染者は15,091人(8,190 PCR検査、6,901 抗原検査キット)、24人死亡。2,816人が入院中、196人が集中治療室で治療中、69人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は756人(472 PCR検査、284 抗原検査キット)。現在68人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は11,695人(4,488 PCR検査、7,207 抗原検査キット)、17人死亡。現在998人が入院中、119人が集中治療室で治療中、47人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は10,212人(6,597 PCR検査、3,615 抗原検査キット)、13人死亡。現在878人が入院中、50人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,009人、2人死亡。現在294人が入院中、29人が集中治療室で治療中、6人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は619人(170 PCR検査、449 抗原検査キット)。現在41人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は286人(PCR検査、抗原検査キット)。現在78人が入院中、4人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月24日)
 

更新日:2022年1月23日(日)
▶パースの新たな市中感染者24人、オミクロン株の感染拡大
▶西豪州政府、パース、ピール、サウスウエスト地方で、症状がある人は速やかに検査を受けるよう呼び掛け
▶シドニーの新たな市中感染者は20,324人(PCR検査、抗原検査キット)、34人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は13,091人(PCR検査、抗原検査キット)、14人死亡

1月23日(日)パースの新たな市中感染者24人。すべて、これまでに発表された陽性者に関連しているが、オミクロン株の感染者が拡大しており、パース、ピール、サウスウエスト地方で症状がある人は、公表されている感染者が利用した場所を訪れていなくても、速やかに検査を受けるよう呼び掛けている。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。Manning、Willagee、Coolbellup、Cockburn、Haynes、Safety Bay、Cannington、Canning Vale、High Wycombe、Coogee、Perthなど多数のエリアがアップデートされている。クラスターが発生している地域は、Cockburn(51人、新規感染者1人)、Willagee(14人、新規感染者5人)、Safety Bay(9人、新規感染者3人)、Coolbellup(13人、新規感染者2人)、Haynes(5人、新規感染者2人)、Manning(3人)

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者2人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は92人。入院者なし、1285人が回復している。これまでの累計感染者数は1385人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は136人。検査結果合計数は2,193,964人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.4%、2回接種率は89.0%、16才以上の3回接種率は27.2%。

シドニーの新たな市中感染者は20,324人(13,620 PCR検査、6,704 抗原検査キット)、34人死亡。2,712人が入院中、189人が集中治療室で治療中、72人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は694人(385 PCR検査、309 抗原検査キット)。現在67人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は13,091人(6,625 PCR検査、6,466 抗原検査キット)、14人死亡。現在1,002人が入院中、120人が集中治療室で治療中、44人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は11,947人(8,639 PCR検査、3,308 抗原検査キット)、10人死亡。現在863人が入院中、47人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,062人。現在278人が入院中、24人が集中治療室で治療中、6人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は625人(239 PCR検査、386 抗原検査キット)。現在39人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は212人(PCR検査、抗原検査キット)。現在61人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月23日)
 

更新日:2022年1月22日(土)
▶パースの新たな市中感染者7人、他州、海外からの感染者4人
▶シドニーの新たな市中感染者は20,148人(PCR検査、抗原検査キット)、30人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は16,016人(PCR検査、抗原検査キット)、20人死亡

1月22日(土)パースの新たな市中感染者7人。5人はこれまでに発表された陽性者に関連している。2人は感染経路不明で市中での感染が懸念されている。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されているが、症状がある人はすぐに検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者4人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は76人。入院者なし、1274人が回復している。これまでの累計感染者数は1359人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は135人。検査結果合計数は2,193,964人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.4%、2回接種率は89.0%、16才以上の3回接種率は27.2%。

シドニーの新たな市中感染者は20,148人(11,582 PCR検査、8,566 抗原検査キット)、30人死亡。2,762人が入院中、204人が集中治療室で治療中、70人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は666人(224 PCR検査、442 抗原検査キット)。現在63人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は16,016人(8,432 PCR検査、7,584 抗原検査キット)、20人死亡。現在1,029人が入院中、120人が集中治療室で治療中、39人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は15,050人(10,696 PCR検査、4,354 抗原検査キット)、10人死亡。現在884人が入院中、52人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,193人、3人死亡。現在276人が入院中、37人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は726人(251 PCR検査、475 抗原検査キット)、1人死亡。現在31人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は314人(PCR検査、抗原検査キット)。現在63人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月22日)
 

更新日:2022年1月21日(金)
▶西豪州政府、オーストラリアデーのイベント参加は屋内外でマスク着用が必要に
▶パースの新たな市中感染者7人、他州、海外からの感染者3人
▶シドニーの新たな市中感染者は25,168人(PCR検査、抗原検査キット)、46人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は18,167人(PCR検査、抗原検査キット)、20人死亡

1月21日(金)パースの新たな市中感染者7人。3人はこれまでに発表された陽性者に関連している。4人(このうち3人は一世帯)は感染経路不明で市中での感染が懸念されている。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者3人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は82人。入院者なし、1257人が回復している。これまでの累計感染者数は1348人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は131人。検査結果合計数は2,193,964人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.4%、2回接種率は89.0%、16才以上の3回接種率は27.2%。

西オーストラリア州政府は、来週1月26日(水・祝日)オーストラリアデーのイベントへの参加について、屋内外でのマスク着用を義務付けることを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は25,168人(15,138 PCR検査、10,015 抗原検査キット)、46人死亡。2,743人が入院中、209人が集中治療室で治療中、68人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は826人(259 PCR検査、567 抗原検査キット)、2人死亡。現在62人が入院中、2人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は18,167人(10,023 PCR検査、8,144 抗原検査キット)、20人死亡。現在1,096人が入院中、121人が集中治療室で治療中、34人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は16,031人(11,222 PCR検査、4,809 抗原検査キット)、13人死亡。現在855人が入院中、54人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,023人、6人死亡。現在298人が入院中、33人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は866人(311 PCR検査、555 抗原検査キット)、1人死亡。現在31人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は432人(PCR検査、抗原検査キット)。現在62人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月21日)
 

更新日:2022年1月20日(木)
▶速報!西オーストラリア州の州境、国境閉鎖解除を無期限に延期!
▶パースの新たな市中感染者5人、他州からの感染者5人
▶シドニーの新たな市中感染者は30,825人(PCR検査、抗原検査キット)、25人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は21,966人(PCR検査、抗原検査キット)、15人死亡

1月20日(木)パースの新たな市中感染者5人。4人はこれまでに発表された陽性者に関連しているが、1人は感染経路不明で市中での感染が懸念されている。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者5人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は82人。入院者なし、1247人が回復している。これまでの累計感染者数は1338人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は131人。検査結果合計数は2,189,742人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.1%、2回接種率は88.7%、16才以上の3回接種率は25.8%。

マーク・マガウワン西オーストラリア州首相は緊急会見を行い、2月5日に予定されていた西オーストラリア州の州境、国境閉鎖解除を無期限に延期することを発表した。詳細は【新型コロナウイルス関連】速報!西オーストラリア州の州境、国境閉鎖解除の延期を発表!

シドニーの新たな市中感染者は30,825人(17,647 PCR検査、13,178 抗原検査キット)。25人死亡。2,781人が入院中、212人が集中治療室で治療中、68人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は892人(254 PCR検査、638 抗原検査キット)。現在62人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は21,966人(11,693 PCR検査、10,273 抗原検査キット)、15人死亡。現在1,206人が入院中、122人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は16,812人(11,240 PCR検査、5,572 抗原検査キット)、9人死亡。現在850人が入院中、48人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,777人、11人死亡。現在290人が入院中、29人が集中治療室で治療中、6人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は927人(293 PCR検査、634 抗原検査キット)。現在31人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は459人(PCR検査、抗原検査キット)。現在54人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月20日)
 

更新日:2022年1月19日(水)
▶パースの新たな市中感染者2人、他州からの感染者3人
▶シドニーの新たな市中感染者は32,297人(PCR検査、抗原検査キット)、32人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は20,769人(PCR検査、抗原検査キット)、18人死亡

1月19日(水)パースの新たな市中感染者2人。1人はすでに隔離していたワクチン未接種の50代男性で、オミクロン株のCockburn地域クラスターに関連している。もう1人も60代男性でCockburn地域クラスターに関連しているとみられているが、体調を崩した際にFiona Stanley病院の救急センターを訪れており、病院のスタッフ12人が検査を受け自主隔離を行っている。

引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者3人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は83人。入院者なし、1236人が回復している。これまでの累計感染者数は1328人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は127人。検査結果合計数は2,184,020人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は95.8%、2回接種率は88.4%、16才以上の3回接種率は24.5%。

シドニーの新たな市中感染者は32,297人(19,847 PCR検査、12,450 抗原検査キット)。32人死亡。2,863人が入院中、217人が集中治療室で治療中、66人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,467人(654 PCR検査、813 抗原検査キット)。現在60人が入院中、5人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は20,769人(10,726 PCR検査、10,043 抗原検査キット)、18人死亡。現在1,173人が入院中、125人が集中治療室で治療中、42人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は19,932人(13,992 PCR検査、5,940 抗原検査キット)、11人死亡。現在835人が入院中、52人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,482人、3人死亡。現在294人が入院中、23人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,185人(471 PCR検査、714 抗原検査キット)。現在29人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は418人(PCR検査、抗原検査キット)。現在48人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月19日)
 

更新日:2022年1月18日(火)
▶パースの新たな市中感染者2人、他州からの感染者12人
▶シドニーの新たな市中感染者は29,830人(PCR検査、抗原検査キット)、36人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は20,180人(PCR検査、抗原検査キット)、22人死亡

1月18日(火)パースの新たな市中感染者2人、マッサージ店クラスターに関連している。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者12人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は109人。入院者1人、1205人が回復している。これまでの累計感染者数は1323人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は125人。検査結果合計数は2,177,497人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は95.6%、2回接種率は88.1%、16才以上の3回接種率は23.3%。

シドニーの新たな市中感染者は29,830人(16,067 PCR検査、13,763 抗原検査キット)。36人死亡。2,850人が入院中、209人が集中治療室で治療中、63人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,860人(976 PCR検査、884 抗原検査キット)、1人死亡。現在63人が入院中、6人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は20,180人(11,747 PCR検査、8,433 抗原検査キット)、22人死亡。現在1,152人が入院中、127人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は15,962人(9,978 PCR検査、5,984 抗原検査キット)、16人死亡。現在819人が入院中、50人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,079人。現在285人が入院中、24人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,310人(360 PCR検査、950 抗原検査キット)。現在25人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は625人(PCR検査、抗原検査キット)。現在43人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月18日)
 

更新日:2022年1月17日(月)
▶本日午後6時よりサウスウエスト地方の屋内公共施設においてもマスク着用義務を発表
▶パースの新たな市中感染者なし、他州からの感染者9人
▶シドニーの新たな市中感染者は29,504人(PCR検査、抗原検査キット)、17人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は22,429人(PCR検査、抗原検査キット)、6人死亡

1月17日(月)パースの新たな市中感染者なし(昨日発表の3人は本日の感染者数にカウントされる)。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者9人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は106人。入院者1人、1194人が回復している。これまでの累計感染者数は1309人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は125人。検査結果合計数は2,166,786人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は95.3%、2回接種率は87.9%、16才以上の3回接種率は21.9%。

シドニーの新たな市中感染者は29,504人(17,646 PCR検査、11,858 抗原検査キット)。17人死亡。2,776人が入院中、203人が集中治療室で治療中、61人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,601人(878 PCR検査、723 抗原検査キット)、1人死亡。現在52人が入院中、4人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は22,429人(12,059 PCR検査、10,370 抗原検査キット)、6人死亡。現在1,229人が入院中、129人が集中治療室で治療中、38人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は15,122人(10,547 PCR検査、4,575 抗原検査キット)、7人死亡。現在702人が入院中、47人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,829人。現在227人が入院中、26人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,037人(310 PCR検査、727 抗原検査キット)。現在21人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は284人(PCR検査、抗原検査キット)。現在39人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月17日)
 

更新日:2022年1月16日(日)
▶速報!本日2022年1月16日(日)午後6時よりパース、ピール地方の屋内公共施設において、再びマスク着用が必要に!
▶パースの新たな市中感染者5人、他州からの感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者は34,660人(PCR検査、抗原検査キット)、20人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は28,128人(PCR検査、抗原検査キット)、13人死亡

本日午後2時より緊急会見が開かれ、マーク・マガウワン西豪州首相は、オミクロン株の市中感染の広がりが確認されていることから、本日午後6時よりパース、ピール地方の屋内公共施設において再びマスク着用義務が必要になることを発表した。
パース、ピール地方から、その他の地域に出かける場合も同様に屋内公共施設でのマスク着用が必要となる。小学生以下は免除される。

1月16日(日)パースの新たな市中感染者5人(このうち3人は明日の感染者数にカウントされる)。このうち、ApplecrossのU Natural Spa Therapyでの感染者がさらに2人増えている。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。本日と明日、州立の検査クリニックは、夜10時まで時間を延長して検査を受け付けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は126人。入院者はなし、1165人が回復している。これまでの累計感染者数は1300人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は124人。検査結果合計数は2,155,088人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.7%、2回接種率は87.3%、16才以上の3回接種率は19.4%。

シドニーの新たな市中感染者は34,660人(20,978 PCR検査、13,682 抗原検査キット)。20人死亡。2,650人が入院中、191人が集中治療室で治療中、61人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,316人(716 PCR検査、600 抗原検査キット)。現在41人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は28,128人(17,791 PCR検査、10,337 抗原検査キット)、13人死亡。現在1,114人が入院中、122人が集中治療室で治療中、35人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は17,445人(12,830 PCR検査、4,615 抗原検査キット)、3人死亡。現在670人が入院中、49人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,450人、2人死亡。現在220人が入院中、26人が集中治療室で治療中、6人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は825人(245 PCR検査、580 抗原検査キット)。現在22人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は327人(PCR検査、抗原検査キット)。現在44人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西豪州首相会見録/西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月16日)
 

更新日:2022年1月15日(土)
▶パースの新たな市中感染者2人、他州からの感染者6人、海外からの感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者は48,768人(PCR検査、抗原検査キット)、20人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は25,526人(PCR検査、抗原検査キット)、23人死亡

1月15日(土)パースの新たな市中感染者2人。以前に発表された陽性者に関連しており、市中での感染が懸念されている。引き続き、新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者6人、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は120人。入院者はなし、1165人が回復している。これまでの累計感染者数は1294人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は124人。検査結果合計数は2,155,088人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.7%、2回接種率は87.3%、16才以上の3回接種率は19.4%。

シドニーの新たな市中感染者は48,768人(27,020 PCR検査、21,748 抗原検査キット)。20人死亡。2,576人が入院中、193人が集中治療室で治療中、58人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,320人(629 PCR検査、691 抗原検査キット)。現在30人が入院中、3人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は25,526人(12,669 PCR検査、12,857 抗原検査キット)、23人死亡。現在1,054人が入院中、115人が集中治療室で治療中、30人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は19,709人(13,622 PCR検査、6,087 抗原検査キット)、6人死亡。現在649人が入院中、46人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は4,349人、4人死亡。現在236人が入院中、26人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,139人(255 PCR検査、884 抗原検査キット)。現在22人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は412人(PCR検査、抗原検査キット)。現在32人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月15日)
 

更新日:2022年1月14日(金)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州からの感染者7人、海外からの感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者は63,018人(PCR検査、抗原検査キット)、29人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は34,836人(PCR検査、抗原検査キット)、18人死亡

1月14日(金)パースの新たな市中感染者1人。以前に発表された陽性者の家庭内接触の子どもで、すでに隔離中だったため市中での感染性は低いとされる。また、12日(水)に発表された感染経路不明の女性は、オミクロン株であることが確認された。引き続き、新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者7人、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は118人。入院者はなし、1158人が回復している。これまでの累計感染者数は1285人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は122人。検査結果合計数は2,155,088人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.7%、2回接種率は87.3%、16才以上の3回接種率は19.4%。

シドニーの新たな市中感染者は63,018人(25,080 PCR検査、37,938 抗原検査キット)。29人死亡。2,525人が入院中、184人が集中治療室で治療中、59人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,125人(885 PCR検査、240 抗原検査キット)。1月8日から12日までの抗原検査キット陽性者は、1,178人。現在27人が入院中、3人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は34,836人(19,396 PCR検査、15,440 抗原検査キット)、18人死亡。現在976人が入院中、112人が集中治療室で治療中、30人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は23,630人(13,448 PCR検査、10,182 抗原検査キット)、3人死亡。現在589人が入院中、41人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は5,679人、6人死亡。現在246人が入院中、20人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,201人(349 PCR検査、852 抗原検査キット)。現在24人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は546人(PCR検査、抗原検査キット)。現在27人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月14日)
 

更新日:2022年1月13日(木)
▶パースの新たな市中感染者2人、他州からの感染者11人、海外からの感染者3人
▶西豪州政府、1月31日よりワクチン接種証明提示義務場所がより広範囲に。ホテル隔離規則の変更も発表
▶シドニーの新たな市中感染者は92,264人(PCR検査、抗原検査キット)、22人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は37,169人(PCR検査、抗原検査キット)、25人死亡

1月13日(木)パースの新たな市中感染者2人。1人は検疫ホテルHyattの警備員に関連する濃厚接触者、1人は他州からの旅行者の家族ですでに隔離中。新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者11人、海外からの帰国者3人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は110人。入院者はなし、1157人が回復している。これまでの累計感染者数は1276人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は121人。検査結果合計数は2,150,934人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.4%、2回接種率は87.0%、16才以上の3回接種率は18.1%。

西オーストラリア州政府は、1月31日(月)より、16才以上の人はワクチン接種証明の提示がより広範囲に義務付けられることを発表した。病院、老人介護施設、レストラン、カフェ、パブ、バー、ナイトクラブ、酒屋、ジムやフィットネス施設、プレイセンター、シアター、映画館、博物館、遊園地、動物園、クラウンカジノ施設、スタジアム、イベントなどでのワクチン接種証明提示が必要になる。マーク・マガウワン西豪州首相は、ワクチン接種証明の提示は今後数年間に渡り必要になる見込みで、ワクチン未接種者の生活は非常に困難になるだろうと述べている。

また、西オーストラリア州のホテル隔離規則に関する変更も発表された。2回のワクチン接種を受けており、G2Gアプリを使用していれば、ホテル隔離の1日目と6日目に陰性のPCR結果であれば、8日目にホテルを離れ自宅などでの自主隔離を行うことができる。その後、9日目と12日目にPCR検査を受けて陰性だった場合、14日目に自主隔離を終了することができる。

シドニーの新たな市中感染者は92,264人(30,877 PCR検査、61,387 抗原検査キット)1月1日から昨日までの抗原検査キット陽性者数を含む。22人死亡。2,383人が入院中、182人が集中治療室で治療中、60人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,020人(PCR検査)。現在24人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は37,169人(20,326 PCR検査、16,843 抗原検査キット)、25人死亡。現在953人が入院中、111人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は14,914人(12,102 PCR検査、2,812 抗原検査キット)、6人死亡。現在530人が入院中、26人が集中治療室で治療中。クイーンズランド州政府は、州のワクチン接種率が90%に達するとされる1月15日より、国内すべての州からの入州に際する規制を解除することを発表した。

アデレードの新たな市中感染者は3,669人、4人死亡。現在225人が入院中、26人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,100人(253 PCR検査、847 抗原検査キット)。現在23人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は550人(PCR検査、抗原検査キット)。現在24人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月13日)
 

更新日:2022年1月12日(水)
▶パースの新たな市中感染者2人、初の感染経路不明の症例確認。他州からの感染者3人、海外からの感染者1人
▶西豪州政府、明日1月13日よりNT準州との州境規制さらに強化へ
▶シドニーの新たな市中感染者は34,759人(PCR検査)、21人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は40,127人(PCR検査、抗原検査キット)、21人死亡

1月12日(水)パースの新たな市中感染者2人。1人はパースでパンデミックの初期以来初めての感染経路不明の症例となる女性で、濃厚接触者の追跡と共に変異株のゲノム検査も行われている。1人は検疫ホテルHyattの警備員に関連する濃厚接触者ですでに隔離中。新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者3人、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は103人。入院者はなし、1148人が回復している。これまでの累計感染者数は1260人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は121人。検査結果合計数は2,145,877人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.3%、2回接種率は87.0%、16才以上の3回接種率は16.9%。

西オーストラリア州政府は、明日1月13日(木)よりノーザンテリトリー準州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)からExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。国内全州からの入州が非常に厳しく限定されることとなる。

シドニーの新たな市中感染者は34,759人(PCR検査)、21人死亡。2,242人が入院中、175人が集中治療室で治療中、54人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,078人(PCR検査)。現在23人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は40,127人(21,693 PCR検査、18,434 抗原検査キット)、21人死亡。現在946人が入院中、112人が集中治療室で治療中、31人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は22,069人(18,084 PCR検査、3,985 抗原検査キット)。現在525人が入院中、30人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,715人、7人死亡。現在190人が入院中、27人が集中治療室で治療中、6人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,583人(736 PCR検査、847 抗原検査キット)。現在22人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は352人(PCR検査、抗原検査キット)。現在28人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、ノーザンテリトリー準州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーとして特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、14日間の自主隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月12日)
 

更新日:2022年1月11日(火)
▶パースの新たな市中感染者4人、他州からの感染者10人、海外からの感染者1人
▶西豪州政府、新しい無料アプリ「ServiceWA」を発表
▶シドニーの新たな市中感染者は25,870人(PCR検査)、11人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は37,994人(PCR検査、抗原検査キット)、13人死亡

1月11日(火)パースの新たな市中感染者4人。1人は南オーストラリア州からのトラック運転手。2人は以前に発表された別のトラック運転手の濃厚接触者。1人はタスマニア州から到着した旅行者の家族で、パースで3例目となるオミクロン株の可能性が高いとされ、市中感染の広がりが懸念されている。引き続き、新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者10人、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は100人。入院者はなし、1145人が回復している。これまでの累計感染者数は1254人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は121人。検査結果合計数は2,141,065人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.1%、2回接種率は86.7%、16才以上の3回接種率は15.7%。

西オーストラリア州政府は、州境、国境閉鎖解除への安全な移行に向けて、新しい無料アプリ「ServiceWA」を発表した。イベントやスタジアムへの入場許可を可能にするワクチン証明や迅速な濃厚接触者の追跡を可能にするための「SafeWA」、G2Gパスシステムを兼ね備えている。アプリのセットアップには30分ほどを要するとされ、myGovIDへのログインやMedicareへのリンクが必要となっている。

シドニーの新たな市中感染者は25,870人(PCR検査)、11人死亡。2,186人が入院中、170人が集中治療室で治療中、51人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,508人(PCR検査)。現在28人が入院中、4人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は37,994人(19,491 PCR検査、18,503 抗原検査キット)、13人死亡。現在861人が入院中、117人が集中治療室で治療中、27人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は20,566人(16,380 PCR検査、4,186 抗原検査キット)、1人死亡。現在502人が入院中、27人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,921人、1人死亡。現在211人が入院中、22人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,379人(364 PCR検査、1,015 抗原検査キット)。現在18人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は594人(PCR検査、抗原検査キット)。現在32人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、ノーザンテリトリー準州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーとして特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、14日間の自主隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月11日)
 

更新日:2022年1月10日(月)
▶パースの新たな市中感染者3人、他州からの感染者4人、海外からの感染者1人
▶本日より5才~11才のワクチン接種が可能に
▶シドニーの新たな市中感染者は20,293人(PCR検査)、18人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は34,808人(PCR検査、抗原検査キット)、2人死亡

1月10日(月)パースの新たな市中感染者3人。1人はバックパッカー・クラスターの濃厚接触者。2人は自主隔離中の他州からの旅行者の濃厚接触者。

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者4人、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は89人。入院者はなし、1141人が回復している。これまでの累計感染者数は1239人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は121人。検査結果合計数は2,134,916人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は93.9%、2回接種率は86.3%、16才以上の3回接種率は14.5%。

シドニーの新たな市中感染者は20,293人(PCR検査)、18人死亡。2,030人が入院中、159人が集中治療室で治療中、47人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は938人(PCR検査)。現在25人が入院中、4人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は34,808人(17,618 PCR検査、17,190 抗原検査キット)、2人死亡。現在818人が入院中、118人が集中治療室で治療中、28人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は9,581人(5,867 PCR検査、3,714 抗原検査キット)。現在419人が入院中、21人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は4,024人、2人死亡。現在188人が入院中、21人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,218人(397 PCR検査、821 抗原検査キット)。現在17人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は403人(PCR検査、抗原検査キット)。現在26人が入院中、2人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、ノーザンテリトリー準州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーとして特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、14日間の自主隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月10日)
 

更新日:2022年1月9日(日)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州からの感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者は30,062人(PCR検査)、16人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は44,155人(PCR検査、抗原検査キット)、4人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は18,000人(PCR検査、抗原検査キット)。QLD州政府は州立小中高校の新学期開始日の2週間延期を発表

1月9日(日)パースの新たな市中感染者1人、バックパッカー・クラスターの濃厚接触者で隔離中だったため、市中での感染性は低いとされる。今回のクラスターによる感染者数は22人となった。西オーストラリア州の新たな感染者は、隔離中の国内他州からの旅行者1人。現在の感染者数は84人。入院者はなし、1138人が回復している。これまでの累計感染者数は1231人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は119人。検査結果合計数は2,123,251人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は93.5%、2回接種率は85.7%、16才以上の3回接種率は12.2%。

シドニーの新たな市中感染者は30,062人(PCR検査)、16人死亡。1,927人が入院中、151人が集中治療室で治療中、38人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,039人。現在27人が入院中、4人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は44,155人(22,104 PCR検査、22,051 抗原検査キット)、4人死亡。現在752人が入院中、104人が集中治療室で治療中、23人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は18,000人(13,680 PCR検査、4,320 抗原検査キット)。現在380人が入院中、22人が集中治療室で治療中。クイーンズランド州政府は、州立の小中高校の新学期開始日を1月24日から2月7日に2週間延期することを発表した。

アデレードの新たな市中感染者は4,506人、1人死亡。現在176人が入院中、18人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,406人。現在15人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は481人。現在24人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、ノーザンテリトリー準州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーとして特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、14日間の自主隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月9日)
 

更新日:2022年1月8日(土)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州、海外からの感染者7人
▶西豪州政府、1月9日よりNT準州との州境規制さらに強化へ
▶シドニーの新たな市中感染者は45,098人(PCR検査)、過去最多。9人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は51,356人(PCR検査、抗原検査キット)、過去最多。9人死亡

1月8日(土)パースの新たな市中感染者1人、他州からの旅行者の濃厚接触者。西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州、海外からの旅行者7人、パース市内のホテルまたは自宅で隔離検疫中。現在の感染者数は86人。入院者はなし、1134人が回復している。これまでの累計感染者数は1229人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は119人。検査結果合計数は2,123,251人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は93.5%、2回接種率は85.7%、16才以上の3回接種率は12.2%。

西オーストラリア州政府は、1月9日(日)よりノーザンテリトリー準州をMedium Risk(感染状況を注視している州)からHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は45,098人(PCR検査)、9人死亡。1,795人が入院中、145人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,305人。現在24人が入院中、5人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は51,356人(24,928 PCR検査、26,428 抗原検査キット)、9人死亡。現在644人が入院中、106人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は11,174人、2人死亡。現在349人が入院中、17人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は4,274人、5人死亡。現在164人が入院中、16人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は2,223人。現在10人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は594人。現在17人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月8日)
 

更新日:2022年1月7日(金)
▶パースの新たな市中感染者なし、他州からの感染者3人、海外からの感染者3人
▶パース、ピール地方の屋内施設のマスク着用義務解除。引き続き公共交通機関や病院訪問時にはマスク着用が必要
▶シドニーの新たな市中感染者は38,625人、過去最多。11人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は21,728人、6人死亡

1月7日(金)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者3人、海外からの帰国者3人、パース市内のホテルで隔離検疫中。現在の感染者数は79人。入院者はなし、1133人が回復している。これまでの累計感染者数は1221人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は118人。検査結果合計数は2,123,251人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は93.5%、2回接種率は85.7%、16才以上の3回接種率は12.2%。

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方における屋内公共施設でのマスク着用義務を本日1月7日(金)午後6時で解除することを発表した。引き続き公共交通機関やタクシーの乗車時、病院や介護施設の訪問時にはマスク着用が必要となる。

シドニーの新たな市中感染者は38,625人、11人死亡。1,738人が入院中、134人が集中治療室で治療中、33人が人工呼吸器を使用している。感染者急増に伴い、ニューサウスウェールズ州政府は、待機的手術の延期や結婚式以外でのダンス禁止などの規制を発表した。

キャンベラの新たな市中感染者は1,246人。現在24人が入院中、3人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は21,728人、6人死亡。現在644人が入院中、58人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は10,953人。現在313人が入院中、14人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,707人、2人死亡。現在144人が入院中、16人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,489人。現在8人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は412人。現在19人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、オーストラリア首都特別地域とタスマニア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。1月8日(土)よりオーストラリア首都特別地域とタスマニア州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)からExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げることを発表している。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月7日)
 

更新日:2022年1月6日(木)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州からの感染者6人、海外からの感染者2人
▶シドニーの新たな市中感染者は34,994人、6人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は21,997人、6人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は10,332人、1人死亡
▶感染者数急増で、医療や検査施設の逼迫と大手スーパーではトラック運転手の不足で供給不足に

1月6日(木)パースの新たな市中感染者1人。昨日発表された検疫ホテルHyatt警備員の濃厚接触者。引き続き、新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月7日(金)午後6時まで延長することを発表した。レストランやバーの着席サービスやナイトクラブ、イベントに関しては、ワクチン接種証明の提示を条件に再開されている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者6人、海外からの帰国者2人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は74人。入院者はなし、1133人が回復している。これまでの累計感染者数は1215人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は118人。検査結果合計数は2,116,726人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は93.2%、2回接種率は85.4%、16才以上の3回接種率は11.0%。

オーストラリア国内の感染者数は、連日過去最多を更新しており、シドニーやメルボルン、ブリスベンなど感染者数が急増している都市では、入院者数も急増していることから、医療や検査施設の逼迫や人手不足も深刻になっている。チャイルドケアセンターの閉鎖やトラック運転手の不足による大手スーパーの供給不足なども報じられている。西オーストラリア州を除くすべての州と準州のColesスーパーマーケットでは購入制限が再導入されている。

シドニーの新たな市中感染者は34,994人、6人死亡。1,609人が入院中、131人が集中治療室で治療中、38人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は992人。現在20人が入院中、2人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は21,997人、6人死亡。現在631人が入院中、51人が集中治療室で治療中、22人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は10,332人、1人死亡。現在284人が入院中、12人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,070人。現在123人が入院中、12人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は751人。現在5人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は256人。現在23人が入院中、2人が集中治療室で治療中。感染者数が昨日に比べて倍増していることから、ノーザンテリトリー準州すべての地域で本日より1月10日(月)までロックアウトの措置を行うことを発表した。ワクチン未接種者は行動を制限されることになる。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、オーストラリア首都特別地域とタスマニア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。1月8日(土)よりオーストラリア首都特別地域とタスマニア州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)からExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げることを発表している。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月6日)
 

更新日:2022年1月5日(水)
▶パースの新たな市中感染者5人、他州、海外からの感染者11人
▶パースで初のオミクロン株感染と確認
▶西豪州政府、1月8日よりACTとTAS州との州境規制さらに強化へ
▶シドニーの新たな市中感染者35,054人、過去最多。8人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は17,636人、11人死亡

1月5日(水)パースの新たな市中感染者5人。3人はバックパッカー・クラスターに関連している。今回のクラスターによる感染者数は21人となった。そして、1人は検疫ホテルHyattの警備員で毎日の定期検査で陽性が確認され、感染経路は調査中。1人は他州からの旅行者の濃厚接触者で、昨日すでに発表されている。また、1月2日に陽性が確認された検疫ホテルPan Pacificの警備員は、パース初のオミクロン株感染であることが確認された。引き続き、新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月7日(金)午後6時まで延長することを発表した。レストランやバーの着席サービスやナイトクラブ、イベントに関しては、ワクチン接種証明の提示を条件に再開されている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、海外と国内他州からの旅行者11人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は68人。入院者はなし、1128人が回復している。これまでの累計感染者数は1206人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は116人。検査結果合計数は2,108,551人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は85.0%、1回接種率は92.9%。

西オーストラリア州政府は、1月8日(土)よりオーストラリア首都特別地域とタスマニア州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)からExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は35,054人、8人死亡。1,491人が入院中、119人が集中治療室で治療中、32人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は810人。現在16人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は17,636人、11人死亡。現在591人が入院中、53人が集中治療室で治療中、20人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は6,731人。現在265人が入院中、10人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,492人。現在125人が入院中、12人が集中治療室で治療中。

ホバートの新たな市中感染者は867人。現在5人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は117人。現在21人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、オーストラリア首都特別地域とタスマニア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月5日)
 

更新日:2022年1月4日(火)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州からの感染者11人、海外からの感染者3人
▶シドニーの新たな市中感染者23,131人、過去最多。2人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は14,020人、2人死亡

1月4日(火)パースの新たな市中感染者1人、パースのパブLucky Shagのスタッフで、デルタ株のバックパッカー・クラスターに関連していると考えられている。新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月7日(金)午後6時まで延長することを発表した。レストランやバーの着席サービスやナイトクラブ、イベントに関しては、ワクチン接種証明の提示を条件に再開されている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者11人、海外からの帰国者3人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は54人。入院者はなし、1121人が回復している。これまでの累計感染者数は1191人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は116人。検査結果合計数は2,085,658人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.6%、1回接種率は92.7%。

シドニーの新たな市中感染者は23,131人、2人死亡。1,344人が入院中、105人が集中治療室で治療中、27人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は926人。現在13人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は14,020人、2人死亡。現在516人が入院中、56人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は5,699人。現在170人が入院中、11人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,246人。現在102人が入院中、12人が集中治療室で治療中。

ホバートの新たな市中感染者は702人。現在3人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は75人。現在24人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、オーストラリア首都特別地域とタスマニア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月4日)
 

更新日:2022年1月3日(月・祝日)
▶パースの新たな市中感染者2人、他州からの感染者4人、海外からの感染者2人
▶パースで初のオミクロン株感染の可能性
▶屋内施設でのマスク着用義務を1月7日(金)まで延長
▶明日よりナイトクラブやイベントへの参加はワクチン接種証明が必要に
▶シドニーの新たな市中感染者20,794人、4人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は8,577人、3人死亡

1月3日(月・祝日)パースの新たな市中感染者2人、バックパッカーのクラスターに関連しており、今回のクラスターによる感染者数は18人となった。また、昨日陽性が確認された検疫ホテルPan Pacificの警備員は、現在ゲノム検査中であるが、パース初のオミクロン株感染となる可能性が高いとされる。引き続き感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月7日(金)午後6時まで延長することを発表した。レストランやバーの着席サービスやナイトクラブ、イベントに関しては、ワクチン接種証明の提示を条件に再開される。

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者4人、海外からの帰国者2人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は45人。入院者はなし、1121人が回復している。これまでの累計感染者数は1176人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は116人。検査結果合計数は2,085,658人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.5%、1回接種率は92.0%。

シドニーの新たな市中感染者は20,794人、4人死亡。1,204人が入院中、95人が集中治療室で治療中、25人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は514人。現在11人が入院中、2人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は8,577人、3人死亡。現在491人が入院中、56人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は4,249人。現在147人が入院中、10人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,552人。現在94人が入院中、9人が集中治療室で治療中。

ホバートの新たな市中感染者は466人。現在2人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は58人。現在21人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、オーストラリア首都特別地域とタスマニア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月3日)
 

更新日:2022年1月2日(日)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州からの感染者3人、海外からの感染者3人
▶シドニーの新たな市中感染者18,278人、2人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は7,172人、3人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は3,587人
▶アデレードの新たな市中感染者は2,298人

1月2日(日)パースの新たな市中感染者1人。検疫ホテルPan Pacificの警備員が毎日の定期検査で陽性が確認された。感染経路は調査中で、変異体に関するゲノム検査も行われている。感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者3人、海外からの帰国者3人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は39人。入院者はなし、1119人が回復している。これまでの累計感染者数は1168人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は116人。検査結果合計数は2,085,658人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.3%、1回接種率は92.0%。

シドニーの新たな市中感染者は18,278人、2人死亡。1,066人が入院中、83人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は506人。現在9人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は7,172人、3人死亡。現在472人が入院中、52人が集中治療室で治療中、22人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は3,587人。現在112人が入院中、5人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,298人。現在82人が入院中、7人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は404人。現在3人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は95人。現在26人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、1月3日よりオーストラリア首都特別地域とタスマニア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)からHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き上げることを発表している。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月2日)
 

更新日:2022年1月1日(土)
▶パースの新たな市中感染者2人、海外からの感染者1人
▶西豪州政府、1月3日よりACTとTAS州との州境規制さらに強化へ
▶シドニーの新たな市中感染者22,577人、過去最多更新、4人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は7,442人、9人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は2,266人
▶アデレードの新たな市中感染者は2,108人

1月1日(土)パースの新たな市中感染者2人。すでに陽性が確認されている感染者の濃厚接触者。今回のクラスターによる感染者数は16人となった。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は35人。入院者はなし、1117人が回復している。これまでの累計感染者数は1161人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は116人。検査結果合計数は2,085,658人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.3%、1回接種率は92.0%。

西オーストラリア州政府は、1月3日よりオーストラリア首都特別地域とタスマニア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)からHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は22,577人、4人死亡。901人が入院中、79人が集中治療室で治療中、26人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は448人。現在9人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は7,442人、9人死亡。現在451人が入院中、51人が集中治療室で治療中、21人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は2,266人。現在80人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,108人。現在71人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は428人。現在2人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は54人。現在21人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月1日)
 

更新日:2021年12月31日(金)
▶パースの新たな市中感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者21,151人、過去最多更新、6人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は5,919人、7人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は3,118人
▶アデレードの新たな市中感染者は2,093人

12月31日(金)パースの新たな市中感染者1人。すでに陽性が確認されている感染者の濃厚接触者。今回のクラスターによる感染者数は14人となった。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されることになり、大みそかの年越しイベントにも影響が出ることとなる。

西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者4人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は32人。入院者はなし、1117人が回復している。これまでの累計感染者数は1158人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,085,658人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.3%、1回接種率は92.0%。

シドニーの新たな市中感染者は21,151人、6人死亡。832人が入院中、69人が集中治療室で治療中、19人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は462人。現在6人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は5,919人、7人死亡。現在428人が入院中、54人が集中治療室で治療中、21人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は3,118人。現在64人が入院中、1人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は2,093人、2人死亡。現在44人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は137人。現在4人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は60人。現在24人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月31日)
 

更新日:2021年12月30日(木)
▶パースの新たな市中感染者1人
▶西豪州政府、12月31日よりQLD州とSA州との州境規制さらに強化へ
▶国家内閣会議、隔離期間の短縮と濃厚接触者の定義を変更へ。WA州は適用せず
▶シドニーの新たな市中感染者12,226人、過去最多更新、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は5,137人、13人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は2,222人
▶アデレードの新たな市中感染者は1,374人

12月30日(木)パースの新たな市中感染者1人。すでに陽性が確認されている感染者とバスルームを共有したとされる27才男性。今回のクラスターによる感染者数は13人となった。East Fremantle、 Fremantle、 O’Connor、Spearwoodなどが、感染者が訪れた場所として追加されている。同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されることになり、大みそかの年越しイベントにも影響が出ることとなる。

西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者2人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は28人。入院者はなし、1116人が回復している。これまでの累計感染者数は1153人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,079,804人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.0%、1回接種率は92.0%。

西オーストラリア州政府は、12月31日午後6時よりクイーンズランド州と南オーストラリア州との州境規制をHigh Risk(感染の可能性が高い州)からExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。

本日、国家内閣会議が開かれ、オミクロン株の感染急増に伴い各州でPCR検査施設での混乱が続いており、隔離期間の短縮と濃厚接触者の定義を変更することで合意し、スコット・モリソン首相が発表した。NSW、VIC、ACT、QLD、SAの5州、特別地域で本日深夜より変更される。濃厚接触者は4時間以上一緒に過ごした人と定義され、濃厚接触者の隔離期間を14日間から7日間に短縮し、6日目に迅速抗原検査(RAT検査)で陰性であれば7日後に隔離を終了することができる。

マーク・マガウワン西豪州首相は、西オーストラリア州は感染者数が少ないことから、他の州とは異なる状況にあるとし、検査施設における混乱もないことから現状を維持していくとしている。将来的に連邦政府の定める定義に移行する必要がある場合には、実行していくと述べている。

シドニーの新たな市中感染者は12,226人、1人死亡。746人が入院中、63人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は253人。現在6人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は5,137人、13人死亡。現在395人が入院中、55人が集中治療室で治療中、23人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は2,222人。現在29人が入院中。

アデレードの新たな市中感染者は1,374人、1人死亡、2才以下の幼児の死亡が確認された。現在37人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は92人。現在3人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は37人。現在21人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州、南オーストラリア州は、High Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州とノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月30日)
 

更新日:2021年12月29日(水)
▶パースの新たな市中感染者2人
▶シドニーの新たな市中感染者11,201人、過去最多更新、3人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は3767人、5人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は1589人
▶アデレードの新たな市中感染者は1472人

12月29日(水)パースの新たな市中感染者2人。1人目はMess Hallのイベント参加者で濃厚接触者。2人目はMess Hallのイベントには参加しておらず、フリーマントルのバックパッカーに滞在していたとされ、すでにホテル隔離していたが、明確な感染経路は判明していない。今回のクラスターによる感染者数は12人となった。

引き続き、感染者が訪れた場所が追加されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されることになり、大みそかの年越しイベントにも影響が出ることとなる。

西オーストラリア州の現在の感染者数は25人。入院者はなし、1116人が回復している。これまでの累計感染者数は1150人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,067,628人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.6%、1回接種率は91.7%。

シドニーの新たな市中感染者は11,201人、3人死亡。625人が入院中、61人が集中治療室で治療中、23人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は138人。現在4人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は3767人、5人死亡。現在397人が入院中、62人が集中治療室で治療中、28人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は1589人。現在8人が入院中。

アデレードの新たな市中感染者は1472人。現在37人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は55人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は19人。現在20人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州、南オーストラリア州は、High Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州とノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月29日)
 

更新日:2021年12月28日(火・祝日)
▶パースの新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者6062人、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は2735人、4人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は1158人

12月28日(火曜日・祝日)パースの新たな市中感染者なし。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されているので、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されることになり、大みそかの年越しイベントにも影響が出ることとなる。

西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者3人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は23人。入院者はなし、1116人が回復している。これまでの累計感染者数は1148人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,043,600人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.4%、1回接種率は91.5%。

シドニーの新たな市中感染者は6062人、1人死亡。557人が入院中、60人が集中治療室で治療中、17人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は252人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は2735人、4人死亡。現在361人が入院中、69人が集中治療室で治療中、33人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は1158人。現在6人が入院中。

アデレードの新たな市中感染者は995人。現在36人が入院中、5人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は42人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は16人。現在20人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州、南オーストラリア州は、High Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州とノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月28日)
 

更新日:2021年12月27日(月・祝日)
▶パースの新たな市中感染者1人
▶西豪州政府、屋内施設でのマスク着用義務を1月4日(火)まで1週間延長を発表
▶シドニーの新たな市中感染者6324人、3人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1999人、3人死亡

12月27日(月曜日・祝日)パースの新たな市中感染者1人、濃厚接触者の20代女性でホテル隔離中。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されているので、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長することを発表した。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されることになり、大みそかの年越しイベントにも影響が出ることとなる。

西オーストラリア州の現在の感染者数は20人。入院者はなし、1116人が回復している。これまでの累計感染者数は1145人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,043,600人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.4%、1回接種率は91.1%。

シドニーの新たな市中感染者は6324人、3人死亡。520人が入院中、55人が集中治療室で治療中、17人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は189人。現在1人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1999人、3人死亡。現在368人が入院中、80人が集中治療室で治療中、38人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は842人、1人死亡。現在23人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は784人。現在4人が入院中。

ホバートの新たな市中感染者は35人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は12人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州、南オーストラリア州は、High Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州とノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月27日)
 

更新日:2021年12月26日(日)
▶パースの新たな市中感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者6394人、過去最多更新
▶メルボルンの新たな市中感染者は1606人、2人死亡

12月26日(日曜日)パースの新たな市中感染者1人、Mess Hallのイベント参加者でホステルにも滞在していた。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されているので、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の現在の感染者数は18人。入院者はなし、1116人が回復している。これまでの累計感染者数は1143人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,043,600人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.2%、1回接種率は91.1%。

シドニーの新たな市中感染者は6394人、過去最多更新。458人が入院中、52人が集中治療室で治療中、15人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は71人。現在1人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1606人、2人死亡。現在374人が入院中、77人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は774人。現在17人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は714人。現在7人が入院中。

ホバートの新たな市中感染者は44人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は12人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州と南オーストラリア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州とノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月26日)
 

更新日:2021年12月25日(土)
▶パースの新たな市中感染者2人
▶パースの市中感染者は、デルタ株であることが判明
▶シドニーの新たな市中感染者6288人、過去最多更新
▶メルボルンの新たな市中感染者は2108人、6人死亡

12月25日(土曜日)パースの新たな市中感染者2人。フランス人のバックパッカーの男性に関連しており、デルタ株であることが確認されている。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されているので、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

海外からの帰国者2人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は18人。入院者はなし、1115人が回復している。これまでの累計感染者数は1142人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,043,600人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.2%、1回接種率は91.1%。

シドニーの新たな市中感染者は6288人、過去最多更新。388人が入院中、52人が集中治療室で治療中、14人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は142人。現在2人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は2108人、6人死亡。現在361人が入院中、71人が集中治療室で治療中、42人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は634人。現在12人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は765人。現在6人が入院中。

ホバートの新たな市中感染者は33人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は19人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州と南オーストラリア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、12月26日(日)ボクシングデーよりタスマニア州とノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月25日)
 

更新日:2021年12月24日(金)
▶パースの新たな市中感染者5人。ナイトクラブのパーティー参加者
▶西豪州政府、レストランやバーは着席サービスのみに制限
▶西豪州政府、本日深夜よりQLD州とSA州との州境規制強化を発表
▶シドニーの新たな市中感染者5612人
▶メルボルンの新たな市中感染者は2090人、8人死亡

12月24日(金曜日)パースで新たな市中感染者5人。昨日感染が確認されたフランス人のバックパッカーの男性が参加していたMess Hallのパーティー参加者5人が陽性であることが発表された。このイベントの約400人の参加者は、クリスマスや大晦日を目前に14日間の自主隔離が義務付けられた。また、フリーマントルホステルの約100人の宿泊客がこのイベントに参加しており、このホステルはロックダウンされ、すべての宿泊客が検疫施設に移動する。

この他にも感染者が訪れた場所を公表し、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

また、西オーストラリア州政府は、新たにレストランやバーは着席サービスのみに制限する規制を発表した。さらに、本日深夜よりクイーンズランド州と南オーストラリア州との州境規制をMedium Risk(感染状況を注視している州)からHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。

西オーストラリア州の現在の感染者数は15人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1138人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,043,600人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.0%、1回接種率は91.1%。

シドニーの新たな市中感染者は5612人。382人が入院中、53人が集中治療室で治療中、12人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は102人。現在2人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は2090人、8人死亡。現在397人が入院中、75人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は688人。現在8人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は589人。現在2人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ホバートの新たな市中感染者は27人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は10人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、12月26日(日)ボクシングデーよりタスマニア州とノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月24日)
 

更新日:2021年12月23日(木)
▶パースで新たな市中感染者1人確認。市中感染の広がりが懸念され、屋内施設でのマスク着用義務発表
▶シドニーの新たな市中感染者5715人、過去最多更新、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1980人、10人死亡

12月23日(木曜日)パースで新たな市中感染者1人。フランスから来たバックパッカーの25才男性で、クイーンズランド州との州境規制を強化する1時間前の12月12日の夜にパースに入州していた。詳細はこちらへ

そして、海外からの帰国者2人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は9人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1133人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,034,755人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.0%、1回接種率は91.1%。

シドニーの新たな市中感染者は5715人、過去最多更新。1人死亡。347人が入院中、45人が集中治療室で治療中、13人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は85人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1980人、10人死亡。現在398人が入院中、72人が集中治療室で治療中、39人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は484人。現在7人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ブリスベンの新たな市中感染者は369人。

ホバートの新たな市中感染者は26人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は10人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州、クイーンズランド州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、12月26日(日)ボクシングデーよりタスマニア州とノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月23日)
 

更新日:2021年12月23日(木)
速報!パースで感染者確認。市中感染の懸念!屋内施設でのマスク着用義務を発表

西オーストラリア州のマーク・マガウワン首相は、本日12月23日(木)、午後2時30分に緊急記者会見を行い、市中感染の広がりが懸念される陽性者が確認されたことを発表した。合わせて、その感染者の行動範囲が広く、11日間に渡ってコミュニティで過ごしていたことから、市中への感染の広がりが懸念され、本日午後6時から12月28日(火)午前6時までパース、ピール地方において公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用を義務付けた。また、フェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止、ナイトクラブも閉鎖される。詳細はこちらへ。
 

更新日:2021年12月22日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、州の労働力の75%で3回目ワクチン接種義務化を発表
▶西豪州政府、12月26日(日)よりTAS州とNT準州との州境閉鎖を発表。豪国内全州からの入州には特別な免除が必要に
▶シドニーの新たな市中感染者3763人、過去最多更新、2人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1503人、6人死亡

12月22日(水曜日)西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者2人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は7人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1130人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は114人。検査結果合計数は2,031,959人。

西オーストラリア州政府は、特定の職種に関する3回目ワクチン接種義務化を発表し、州の労働力の75%の約110万人が適用となる。2回目の接種から5か月後に追加接種が可能となり、1か月以内に3回目の接種を受けなければならない。マーク・マガウワン西豪州首相は、3回目の接種を受けることで、オミクロン株に対する効果がはるかに高いことが確認されており、私たちのコミュニティに感染が広がる前にできるだけ早く3回目の接種を受けてもらいたいと述べている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は82.7%、1回接種率は90.9%。

また、西オーストラリア州政府は、12月26日(日)ボクシングデーよりタスマニア州とノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。

シドニーの新たな市中感染者は3763人、過去最多更新。2人死亡。302人が入院中、40人が集中治療室で治療中、12人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は58人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1503人、6人死亡。現在394人が入院中、70人が集中治療室で治療中、41人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は198人。現在5人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は186人。

ホバートの新たな市中感染者は12人。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は5人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州、クイーンズランド州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月22日)
 

更新日:2021年12月21日(火)
▶パースでブリスベンからの旅行者2人が陽性
▶シドニーの新たな市中感染者3057人、過去最多更新、2人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1243人、6人死亡

12月21日(火曜日)ブリスベンからパースへの州境規制がさらに厳しくなる前日の12月19日(日)に、VA470便でパースに到着した30代2人が自宅隔離中に陽性が確認された。感染者が訪れた場所を公表し、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

そして、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は5人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1128人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,023,891人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は82.3%、1回接種率は90.6%。

シドニーの新たな市中感染者は3057人、過去最多更新。2人死亡。284人が入院中、39人が集中治療室で治療中、11人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は16人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1243人、6人死亡。現在392人が入院中、73人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は153人。現在5人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は85人。

ホバートの新たな市中感染者は4人。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は14人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州、クイーンズランド州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月21日)
 

更新日:2021年12月20日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者2501人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1302人

12月20日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,023,891人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は82.0%、1回接種率は90.4%。

シドニーの新たな市中感染者は2501人。261人が入院中、33人が集中治療室で治療中、11人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は13人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1302人、死亡なし。現在406人が入院中、81人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は105人。現在5人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は58人。

ホバートの新たな市中感染者は3人。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は3人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州、クイーンズランド州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月20日)
 

更新日:2021年12月19日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者2566人、過去最多更新
▶メルボルンの新たな市中感染者は1240人、4人死亡

12月19日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,013,127人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は81.4%、1回接種率は89.9%。

シドニーの新たな市中感染者は2566人、過去最多更新。オミクロン株感染者は現在313人。227人が入院中、28人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は18人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1240人、4人死亡。現在392人が入院中、81人が集中治療室で治療中、41人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は80人。現在4人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は41人。西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりクイーンズランド州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。

ホバートの新たな市中感染者は1人。西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりタスマニア州をVery Low Risk(感染の可能性が非常に低い州)からLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げることを発表し、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になる。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は9人。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月19日)
 

更新日:2021年12月18日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者2482人、過去最多更新、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1499人、7人死亡

12月18日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、このうち2人がオミクロン株陽性と判明。入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,013,127人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は81.4%、1回接種率は89.9%。

シドニーの新たな市中感染者は2482人、過去最多更新、1人死亡。オミクロン株感染者は現在226人。206人が入院中、26人が集中治療室で治療中、9人が人工呼吸器を使用している。西オーストラリア州政府は、12月18日(土)よりニューサウスウェールズ州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)から、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表。入州への免除の適用は非常に厳しく限定される。

キャンベラの新たな市中感染者は18人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1499人、7人死亡。現在384人が入院中、84人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は72人。現在2人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は29人。西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりクイーンズランド州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。

ホバートの新たな市中感染者は1人。西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりタスマニア州をVery Low Risk(感染の可能性が非常に低い州)からLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げることを発表し、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になる。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は1人。テナントクリークでは、12月20日(月)までロックダウン規制中。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月18日)
 

更新日:2021年12月17日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、12月20日(月)よりQLD州との州境閉鎖を発表。TAS州からの入州も14日間の自主隔離が必要になり、豪国内全州からの入州に自主隔離が必要に
▶シドニーの新たな市中感染者2213人、パンデミック始まって以来の過去最多数、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1503人、7人死亡

12月17日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、このうち2人がオミクロン株陽性と判明。入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,013,127人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は81.4%、1回接種率は89.9%。

シドニーの新たな市中感染者は2213人、パンデミック始まって以来の過去最多数、1人死亡。オミクロン株感染者は現在185人。215人が入院中、24人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州保健大臣は、このまま感染が広がり続ければ、1月下旬には一日当たりの感染者数は2万5000人にまで拡大する恐れがあるとの懸念を表明している。西オーストラリア州政府は、12月18日(土)よりニューサウスウェールズ州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)から、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表。入州への免除の適用は非常に厳しく限定される。

キャンベラの新たな市中感染者は20人。現在4人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1503人、7人死亡。現在386人が入院中、82人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は61人。現在2人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は16人。西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりクイーンズランド州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。

ホバートでも昨日1人、本日2人の新たな市中感染者が確認され、西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりタスマニア州をVery Low Risk(感染の可能性が非常に低い州)からLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げることを発表し、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になる。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は6人。このうち4人の感染者が確認されたテナントクリークでは、12月20日(月)までロックダウン規制が発表された。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月17日)
 

更新日:2021年12月16日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者1742人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1618人、9人死亡

12月16日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、このうち2人がオミクロン株陽性と判明。入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,010,958人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は81.0%、1回接種率は89.7%。

シドニーの新たな市中感染者は1742人。オミクロン株感染者は現在122人。192人が入院中、26人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州保健大臣は、このまま感染が広がり続ければ、1月下旬には一日当たりの感染者数は2万5000人にまで拡大する恐れがあるとの懸念を表明している。西オーストラリア州政府は、12月18日(土)よりニューサウスウェールズ州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)から、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表。入州への免除の適用は非常に厳しく限定される。

キャンベラの新たな市中感染者は11人。現在3人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

メルボルンの新たな市中感染者は1618人、9人死亡。現在384人が入院中、87人が集中治療室で治療中、49人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は23人。現在1人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は18人。また、3人がオミクロン株陽性と判明している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、クイーンズランド州とノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月16日)
 

更新日:2021年12月15日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶パースに到着の海外からの帰国者2人がオミクロン株陽性と判明
▶西豪州政府、NSW州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げへ
▶シドニーの新たな市中感染者1360人に急増、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1405人、3人死亡

12月15日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、このうち2人がオミクロン株陽性と判明。入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,006,788人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は80.7%、1回接種率は89.5%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在110人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は1360人に急増、1人死亡。現在166人が入院中、24人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州保健大臣は、このまま感染が広がり続ければ、1月下旬には一日当たりの感染者数は2万5000人にまで拡大する恐れがあるとの懸念を表明した。西オーストラリア州政府は、12月18日(土)よりニューサウスウェールズ州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)から、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表。入州への免除の適用は非常に厳しく限定される。

キャンベラの新たな市中感染者は7人。現在3人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

メルボルンの新たな市中感染者は1405人、3人死亡。現在365人が入院中、84人が集中治療室で治療中、46人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は24人。現在2人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、クイーンズランド州とノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月15日)
 

更新日:2021年12月14日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶パースに滞在していたトラック運転手の陽性判明。利用していた複数のお店リストを公開
▶シドニーの新たな市中感染者804人に拡大、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は4人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1189人、6人死亡

12月14日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,002,621人。

パースに12月9日(木)から12月11日(土)まで滞在していた、南オーストラリア州の3人のトラック運転手(2台の別のトラック)の新型コロナウイルス陽性が判明した。滞在中にピザ店、ケミスト、スーパーマーケットなど複数のお店を利用していたことから、リストを公表し、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、速やかに検査を受け陰性の結果が出るまで隔離するよう呼び掛けている。現在、このトラック運転手は南オーストラリア州にいる。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は80.3%、1回接種率は89.3%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在85人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は804人、1人死亡。現在168人が入院中、21人が集中治療室で治療中、9人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は4人。現在4人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

メルボルンの新たな市中感染者は1189人、6人死亡。現在364人が入院中、80人が集中治療室で治療中、44人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は12人。現在2人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、クイーンズランド州とノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月14日)
 

更新日:2021年12月13日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府発表、2022年2月5日(土)州境、国境閉鎖解除へ
▶シドニーの新たな市中感染者536人
▶キャンベラの新たな市中感染者は3人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1290人、2人死亡

12月13日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人、入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1124人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は1,998,595人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は79.9%、1回接種率は88.7%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在64人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は536人。現在171人が入院中、24人が集中治療室で治療中、9人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.1%、1回接種率は94.8%。

キャンベラの新たな市中感染者は3人。現在4人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

メルボルンの新たな市中感染者は1290人、2人死亡。現在323人が入院中、77人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は6人。現在3人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は1人。西オーストラリア州政府は、クイーンズランド州をLow Risk(感染の可能性が低い州))カテゴリーに引き上げ、12月13日(月)より入州する際にはワクチン2回接種と14日間の隔離、検査が必要になると発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月13日)
 

更新日:2021年12月12日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者485人、2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は1人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1069人、2人死亡

12月12日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1123人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は1,988,483人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は79.3%、1回接種率は88.7%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在55人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は485人、2人死亡。現在156人が入院中、23人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.1%、1回接種率は94.8%。

キャンベラの新たな市中感染者は1人。現在4人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

メルボルンの新たな市中感染者は1069人、2人死亡。現在310人が入院中、74人が集中治療室で治療中、37人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は10人。現在3人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者はなし。西オーストラリア州政府は、クイーンズランド州をLow Risk(感染の可能性が低い州))カテゴリーに引き上げ、12月13日(月)より入州する際にはワクチン2回接種と14日間の隔離、検査が必要になると発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月12日)
 

更新日:2021年12月11日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府発表、12月13日(月)よりQLD州からWA州に入州する際にはワクチン2回接種と14日間の隔離、検査が必要に
▶シドニーの新たな市中感染者560人、3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は11人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1191人、13人死亡

12月11日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1123人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,988,483人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は79.3%、1回接種率は88.7%。

ゴールドコーストで昨日6人、本日1人の市中感染者が確認されており、西オーストラリア州政府は、クイーンズランド州をVery Low Risk(感染の可能性が非常に低い州)から、Low Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げることを発表し、12月13日(月)よりWA州に入州する際にはワクチン2回接種と14日間の隔離、検査が必要になる。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在45人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は560人、3人死亡。現在150人が入院中、25人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.1%、1回接種率は94.7%。

キャンベラの新たな市中感染者は11人。現在5人が入院中、2人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.2%。

メルボルンの新たな市中感染者は1191人、13人死亡。現在323人が入院中、68人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は7人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月11日)
 

更新日:2021年12月10日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶豪政府、1月10日より5才~11才子どもへのワクチン接種開始を発表
▶シドニーの新たな市中感染者516人
▶キャンベラの新たな市中感染者は6人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1203人、2人死亡

12月10日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1123人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,988,483人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は79.3%、1回接種率は88.7%。

オーストラリア政府は、5才~11才の子どもへのファイザー製ワクチン接種を1月10日より開始することを発表した。投与量は大人の3分の1とされ、1回目と2回目の接種間隔も大人が3週間なのに対し、8週間とされる見込み。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在42人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は516人。現在158人が入院中、24人が集中治療室で治療中、9人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.0%、1回接種率は94.7%。

キャンベラの新たな市中感染者は6人。現在5人が入院中、2人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.2%。

メルボルンの新たな市中感染者は1203人、2人死亡。現在313人が入院中、61人が集中治療室で治療中、25人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は7人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月10日)
 

更新日:2021年12月9日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーのオミクロン株感染者は42人に。
▶シドニーの新たな市中感染者420人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は4人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1230人、9人死亡

12月9日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1123人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,984,344人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は78.6%、1回接種率は88.4%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在42人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は420人、1人死亡。現在151人が入院中、25人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.0%、1回接種率は94.7%。

キャンベラの新たな市中感染者は4人。現在5人が入院中、2人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.1%。

メルボルンの新たな市中感染者は1230人、9人死亡。現在315人が入院中、52人が集中治療室で治療中、27人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は6人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月9日)
 

更新日:2021年12月8日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶オミクロン株感染者はシドニーで34人に。メルボルン、ブリスベン、ケアンズでも確認
▶シドニーの新たな市中感染者403人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は8人、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1312人、5人死亡

12月8日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,981,699人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は78.6%、1回接種率は88.4%。

オーストラリア国内のオミクロン株感染者は、現在シドニーで34人、キャンベラで5人、メルボルンで1人、クイーンズランド州のケアンズで1人、またブリスベンでも1人がオミクロン類似株が確認された。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は403人、1人死亡。現在151人が入院中、25人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.9%、1回接種率は94.7%。

キャンベラの新たな市中感染者は8人、1人死亡。現在4人が入院中、2人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.1%。

メルボルンの新たな市中感染者は1312人、5人死亡。現在303人が入院中、51人が集中治療室で治療中、27人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は2人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月8日)
 

更新日:2021年12月7日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶オミクロン株感染者はシドニーで31人に、キャンベラで5人に増加
▶シドニーの新たな市中感染者260人、2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は3人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1185人、7人死亡

12月7日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,978,078人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は78.2%、1回接種率は88.2%。

オーストラリア国内のオミクロン株感染者は、現在シドニーで31人、キャンベラで5人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は260人、2人死亡。現在155人が入院中、28人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.8%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は3人。現在5人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は1185人、7人死亡。現在297人が入院中、47人が集中治療室で治療中、25人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は4人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月7日)
 

更新日:2021年12月6日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶ブリスベン・QLD州政府、12月13日(月)よりホットスポット地域との州境閉鎖解除を発表
▶シドニーの新たな市中感染者208人
▶キャンベラの新たな市中感染者は6人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1073人、6人死亡

12月6日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,974,257人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は77.8%、1回接種率は88.0%。

ブリスベンの新たな市中感染者はなし。クイーンズランド州政府は、12月13日(月)よりシドニー、メルボルン、キャンベラ、アデレード、ノーザンテリトリー準州などのホットスポット地域との州境閉鎖を解除することを発表した。ワクチン接種完了者は、出発72時間前のPCR検査陰性証明を提示し、入州してから5日後に検査を受けるという条件を満たせれば、隔離することなく入州が可能になる。ワクチン未接種者は、空港での入州に限られ14日間ホテルでの隔離が必要になる。クイーンズランド州政府は、16才以上のワクチン2回接種率が80%に達した時に州境を開放する計画を発表していた。現在の16才以上のワクチン2回接種率は78.7%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在25人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は208人。現在152人が入院中、24人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.8%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は6人。現在6人が入院中、3人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は1073人、6人死亡。現在310人が入院中、45人が集中治療室で治療中、19人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は3人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月6日)
 

更新日:2021年12月5日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者286人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は6人
▶メルボルンの新たな市中感染者は980人、7人死亡

12月5日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,964,972人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は77.0%、1回接種率は87.6%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在15人となっている。キャンベラでも2人目の陽性者が確認された。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は286人、1人死亡。現在148人が入院中、26人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.8%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は6人。現在6人が入院中、2人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.9%。

メルボルンの新たな市中感染者は980人、7人死亡。現在299人が入院中、40人が集中治療室で治療中、16人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は6人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月5日)
 

更新日:2021年12月4日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者325人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は7人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1363人、9人死亡

12月4日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,964,972人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は77.0%、1回接種率は87.6%。

シドニーの新たな市中感染者は325人、1人死亡。現在139人が入院中、25人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.7%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は7人。現在6人が入院中、3人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.9%。

メルボルンの新たな市中感染者は1363人、9人死亡。現在288人が入院中、44人が集中治療室で治療中、20人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は5人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月4日)
 

更新日:2021年12月3日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーのオミクロン株感染者13人に
▶キャンベラでもオミクロン株感染者1人確認
▶シドニーの新たな市中感染者337人
▶キャンベラの新たな市中感染者は4人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1188人、11人死亡

12月3日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人、入院者はなし、1111人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,964,972人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は77.0%、1回接種率は87.6%。

シドニーのオミクロン株感染者は13人に拡大している。シドニー西部の学校で3人のオミクロン株陽性が確認され、生徒たちは海外への渡航歴もなく、濃厚接触者でもないことから市中感染が広がっていることが懸念されている。また、昨日陽性が確認された子どもの両親もゲノム解析の結果、オミクロン株陽性であることが判明した。そして、キャンベラでも海外渡航歴のない1人のオミクロン株陽性が確認された。現在、オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は337人。現在140人が入院中、25人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.6%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は4人。現在4人が入院中、3人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.9%。

メルボルンの新たな市中感染者は1188人、11人死亡。現在289人が入院中、43人が集中治療室で治療中、22人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は4人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月3日)
 

更新日:2021年12月2日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、本日深夜よりSA州との州境閉鎖を発表
▶シドニーで8人目のオミクロン株感染者を確認
▶シドニーの新たな市中感染者271人
▶キャンベラの新たな市中感染者は8人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1418人、10人死亡

12月2日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1111人が回復している。これまでの累計感染者数は1121人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,962,139人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は76.6%、1回接種率は87.4%。

アデレードで新たに18人の市中感染者が確認されたことを受け、西オーストラリア州政府は、本日深夜より南オーストラリア州をLow Risk(感染の可能性が低い州)から、Medium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げるとし、州境閉鎖を発表。南オーストラリア州から入州する際には、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査が必要となる。

本日新たにシドニーへの帰国者2人のオミクロン株陽性が確認され、シドニーで8人目となった。1人目はアフリカ南部に滞在後、11月28日にシンガポール航空でシドニーに到着。2人目はワクチン接種年齢に達しない子どもで、11月23日に家族と共にドーハからシドニーに到着、南部アフリカでの滞在歴はない。ワクチン接種が完了している両親は、新型コロナウイルス陽性であり、現在ゲノム検査を行っている。現在、オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は271人。現在144人が入院中、24人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.6%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は8人。現在7人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.9%。

メルボルンの新たな市中感染者は1418人、10人死亡。現在288人が入院中、41人が集中治療室で治療中、20人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月2日)
 

更新日:2021年12月1日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーで6人目のオミクロン株感染者を確認
▶シドニーの新たな市中感染者251人
▶キャンベラの新たな市中感染者は4人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1179人、6人死亡

12月1日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1111人が回復している。これまでの累計感染者数は1121人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,950,855人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は76.2%、1回接種率は87.1%。

本日新たにシドニーへの帰国者1人のオミクロン株陽性が確認され、現在、オーストラリアでは7人の陽性者が特別施設で14日間隔離されている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限。また、12月1日からワクチンの2回接種を完了した留学生や特定のビザ保持者、日本と韓国からの旅行者の国境制限を緩和する(国境を再開している州において)としていたが、12月15日まで延期することを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は251人。現在154人が入院中、25人が集中治療室で治療中、11人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.5%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は4人。現在8人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.8%。

メルボルンの新たな市中感染者は1179人、6人死亡。現在299人が入院中、43人が集中治療室で治療中、18人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州と南オーストラリア州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月1日)
 

更新日:2021年11月30日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーで5人目のオミクロン株感染者、すでにシドニー市内の複数店舗を訪れていたことが判明
▶シドニーの新たな市中感染者179人、3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は6人
▶メルボルンの新たな市中感染者は918人、6人死亡

11月30日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1111人が回復している。これまでの累計感染者数は1121人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,950,855人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は75.7%、1回接種率は86.8%。

本日新たにシドニーへの帰国者1人のオミクロン株陽性が確認され、現在、オーストラリアでは6人の陽性者が特別施設で14日間隔離されている。シドニーで5人目となる30代の女性は、すでにシドニー市内のショッピングセンターやスーパーマーケットなど複数店舗を訪れていたことが判明している。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限。また、12月1日からワクチンの2回接種を完了した留学生や特定のビザ保持者、日本と韓国からの旅行者の国境制限を緩和する(国境を再開している州において)としていたが、12月15日まで延期することを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は179人、3人死亡。現在160人が入院中、26人が集中治療室で治療中、11人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.4%、1回接種率は94.5%。

キャンベラの新たな市中感染者は6人。現在8人が入院中、4人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.8%。

メルボルンの新たな市中感染者は918人、6人死亡。現在305人が入院中、41人が集中治療室で治療中、19人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州と南オーストラリア州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月30日)
 

更新日:2021年11月29日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶南アフリカからシドニーへの帰国者さらに2人、ダーウィンへの帰国者1人のオミクロン株陽性を確認
▶シドニーの新たな市中感染者150人
▶キャンベラの新たな市中感染者は7人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1007人、3人死亡

11月29日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、入院者はなし、1109人が回復している。これまでの累計感染者数は1121人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,947,634人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は75.2%、1回接種率は86.5%。

本日新たにシドニーへの帰国者2人、ダーウィンへの帰国者1人のオミクロン株陽性が確認され、現在、オーストラリアでは5人の陽性者が特別施設で14日間隔離されている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。また、12月1日からワクチンの2回接種を完了した留学生や特定のビザ保持者、日本と韓国からの旅行者の国境制限を緩和する(国境を再開している州において)としていたが、12月15日まで延期することを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は150人、死亡なし。現在170人が入院中、25人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.4%、1回接種率は94.5%。

キャンベラの新たな市中感染者は7人。現在7人が入院中、5人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.7%。

メルボルンの新たな市中感染者は1007人、3人死亡。現在300人が入院中、45人が集中治療室で治療中、17人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州と南オーストラリア州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月29日)
 

更新日:2021年11月28日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶南アフリカからシドニーへの帰国者2人のオミクロン株陽性を確認
▶シドニーの新たな市中感染者185人
▶キャンベラの新たな市中感染者は7人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1061人、4人死亡

11月28日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、入院者はなし、1109人が回復している。これまでの累計感染者数は1121人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,940,447人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は74.3%、1回接種率は85.9%。

ニューサウスウェールズ州政府は、南アフリカからシドニーへ帰国した2人から、アフリカ南部で感染が拡大している新たな変異株「オミクロン株」陽性を確認したと発表。この変異株への感染が確認された2人と濃厚接触者の乗客らは、州の特別施設で14日間隔離されている。現在、オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は185人、死亡なし。現在165人が入院中、24人が集中治療室で治療中、9人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.4%、1回接種率は94.5%。

キャンベラの新たな市中感染者は7人。現在7人が入院中、5人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.6%。

メルボルンの新たな市中感染者は1061人、4人死亡。現在283人が入院中、44人が集中治療室で治療中、20人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州と南オーストラリア州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月28日)
 

更新日:2021年11月27日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、SA州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げへ
▶豪政府、アフリカ南部9か国からの入国制限発表
▶シドニーの新たな市中感染者235人
▶キャンベラの新たな市中感染者は7人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1252人、5人死亡
▶NT準州の新たな市中感染者1人

11月27日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は7人、入院者はなし、1106人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,940,447人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は74.3%、1回接種率は85.9%。

オーストラリア政府は、アフリカ南部で感染が拡大している新たな変異株「オミクロン株」の水際対策として、アフリカ南部9か国からの入国制限を発表した。

アデレードでは、11月23日(火)よりシドニー、キャンベラ、メルボルンとの州境を緩和しており、新型コロナウイルス感染者が増加している。西オーストラリア州政府は、新たな変異株「オミクロン株」も懸念されることから、本日11月27日(土)より南オーストラリア州をVery Low Risk(感染の可能性が非常に低い州)から、Low Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げると発表。南オーストラリア州から入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になる。

シドニーの新たな市中感染者は235人、死亡なし。現在174人が入院中、26人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.3%、1回接種率は94.5%。

キャンベラの新たな市中感染者は7人。現在6人が入院中、5人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.6%。

メルボルンの新たな市中感染者は1252人、5人死亡。現在299人が入院中、42人が集中治療室で治療中、22人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は1人。キャサリン地域のロックダウンは本日より12月7日までロックアウトに変更すると発表された。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月27日)
 

更新日:2021年11月26日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶アデレードで感染者増加、西豪州政府はSA州からの入州者に注意呼びかけ
▶シドニーの新たな市中感染者261人
▶キャンベラの新たな市中感染者は8人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1362人、7人死亡
▶NT準州の新たな市中感染者なし

11月26日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は8人、入院者はなし、1105人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,940,447人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は74.3%、1回接種率は85.9%。

また、アデレードでは、11月23日(火)よりシドニー、キャンベラ、メルボルンとの州境を緩和しており、新型コロナウイルス感染者が増加していることを受け、西オーストラリア州政府は、アデレード空港など公表されている南オーストラリア州の感染者が訪れた地域から入州した場合、ただちに検査を受け14日間の自主隔離を行うよう呼び掛けている。

シドニーの新たな市中感染者は261人、死亡なし。現在185人が入院中、27人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.2%、1回接種率は94.5%。

キャンベラの新たな市中感染者は8人。現在7人が入院中、4人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.6%。

メルボルンの新たな市中感染者は1362人、7人死亡。現在308人が入院中、46人が集中治療室で治療中、26人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者はなし。キャサリン地域のロックダウンは12月4日まで延長が発表されている。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月26日)
 

更新日:2021年11月25日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者276人
▶キャンベラの新たな市中感染者は8人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1254人、5人死亡
▶NT準州の新たな市中感染者1人

11月25日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は8人、入院者はなし、1105人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,936,148人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は73.8%、1回接種率は85.6%。

シドニーの新たな市中感染者は276人、死亡なし。現在191人が入院中、31人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.1%、1回接種率は94.4%。

キャンベラの新たな市中感染者は8人。現在7人が入院中、3人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.5%。

メルボルンの新たな市中感染者は1254人、5人死亡。現在310人が入院中、48人が集中治療室で治療中、31人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は1人、合計52人に。キャサリン地域のロックダウンは12月4日まで延長が発表された。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月25日)
 

更新日:2021年11月24日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者248人、2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は15人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1196人、3人死亡
▶NT準州の新たな市中感染者11人、キャサリン地域のロックダウンさらに延長

11月24日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は8人、入院者はなし、1104人が回復している。これまでの累計感染者数は1121人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,936,148人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は73.4%、1回接種率は85.3%。

シドニーの新たな市中感染者は248人、2人死亡。現在195人が入院中、35人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.0%、1回接種率は94.4%。

キャンベラの新たな市中感染者は15人。現在6人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.4%。

メルボルンの新たな市中感染者は1196人、3人死亡。現在284人が入院中、52人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は11人、合計51人に。キャサリン地域のロックダウンは12月4日まで延長が発表された。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月24日)
 

更新日:2021年11月23日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者173人、2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は19人
▶メルボルンの新たな市中感染者は827人、19人死亡
▶NT準州の新たな市中感染者3人

11月23日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は9人、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1121人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,932,069人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は72.9%、1回接種率は85.0%。

シドニーの新たな市中感染者は173人、2人死亡。現在196人が入院中、34人が集中治療室で治療中、13人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は91.9%、1回接種率は94.4%。

キャンベラの新たな市中感染者は19人。現在6人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.3%。

メルボルンの新たな市中感染者は827人、19人死亡。現在303人が入院中、44人が集中治療室で治療中、23人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は3人、合計40人に。キャサリン地域のロックダウンは2日間延長が発表された。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月23日)
 

更新日:2021年11月22日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者180人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は11人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1029人、3人死亡
▶NT準州の新たな市中感染者2人

11月22日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は9人、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1121人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,929,189人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は72.4%、1回接種率は84.7%。

シドニーの新たな市中感染者は180人、1人死亡。現在202人が入院中、30人が集中治療室で治療中、15人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は91.8%、1回接種率は94.4%。

キャンベラの新たな市中感染者は11人。現在5人が入院中、2人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.2%。

メルボルンの新たな市中感染者は1029人、3人死亡。現在316人が入院中、44人が集中治療室で治療中、23人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は2人、合計37人に。キャサリン地域のロックダウンは2日間延長が発表された。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月22日)
 

更新日:2021年11月21日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者176人、2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は16人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1275人、4人死亡
▶NT準州の市中感染者35人に拡大

11月21日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は8人、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1120人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,919,858人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は71.4%、1回接種率は84.1%。

シドニーの新たな市中感染者は176人、2人死亡。現在192人が入院中、32人が集中治療室で治療中、15人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は91.8%、1回接種率は94.4%。

キャンベラの新たな市中感染者は16人。現在5人が入院中、2人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は1275人、4人死亡。現在317人が入院中、56人が集中治療室で治療中、25人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、今週末には12才以上の90%が2回接種を完了する見込みで、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

ノーザンテリトリー準州の市中感染者は35人に拡大している。キャサリン地域では、11月22日(月)まで7日間ロックダウンが実施されている。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月21日)
 

更新日:2021年11月20日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者182人
▶キャンベラの新たな市中感染者は14人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1166人、5人死亡
▶NT準州の新たな市中感染者1人

11月20日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は7人、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1119人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,919,858人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は71.4%、1回接種率は84.1%。

シドニーの新たな市中感染者は182人、死亡なし。現在191人が入院中、28人が集中治療室で治療中、17人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は91.7%、1回接種率は94.3%。

キャンベラの新たな市中感染者は14人。現在3人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は1166人、5人死亡。現在312人が入院中、55人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、今週末には12才以上の90%が2回接種を完了する見込みで、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は1人。キャサリン地域では、11月22日(月)まで7日間ロックダウンが実施されている。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月20日)
 

更新日:2021年11月19日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者216人、3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は17人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1273人、8人死亡
▶NT準州の新たな市中感染者2人

11月19日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は6人、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1118人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,919,858人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は71.4%、1回接種率は84.1%。

シドニーの新たな市中感染者は216人、3人死亡。現在196人が入院中、28人が集中治療室で治療中、15人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は91.5%、1回接種率は94.3%。

キャンベラの新たな市中感染者は17人。現在3人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は1273人、8人死亡。現在330人が入院中、57人が集中治療室で治療中、30人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、今週末には12才以上の90%が2回接種を完了する見込みで、本日よりワクチン接種完了者への規制を緩和している。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は2人。キャサリン地域では、11月22日(月)まで7日間ロックダウンが実施されている。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月19日)
 

更新日:2021年11月18日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者262人、3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は25人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1007人、12人死亡。今週末にもワクチン2回接種率90%達成見込み、本日深夜よりワクチン完了者への規制緩和
▶NT準州の新たな市中感染者なし

11月18日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は5人、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1117人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,917,785人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は70.8%、1回接種率は83.7%。

シドニーの新たな市中感染者は262人、3人死亡。現在199人が入院中、29人が集中治療室で治療中、14人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は91.4%、1回接種率は94.3%。

キャンベラの新たな市中感染者は25人。現在3人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は96.8%。

メルボルンの新たな市中感染者は1007人、12人死亡。現在337人が入院中、63人が集中治療室で治療中、34人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、今週末には12才以上の90%が2回接種を完了する見込みで、本日深夜よりワクチン接種完了者への規制緩和を発表した。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者はなし。市中感染者の合計は19人。キャサリン地域では、11月22日(月)まで7日間ロックダウンが実施されている。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月18日)
 

更新日:2021年11月17日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者231人
▶キャンベラの新たな市中感染者は6人
▶メルボルンの新たな市中感染者は996人、9人死亡
▶NT準州の市中感染者19人に拡大

11月17日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1116人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,915,001人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は70.3%、1回接種率は83.4%。

シドニーの新たな市中感染者は231人、死亡なし。現在207人が入院中、33人が集中治療室で治療中、15人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は91.3%、1回接種率は94.2%。

キャンベラの新たな市中感染者は6人。現在3人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は96.6%。

メルボルンの新たな市中感染者は996人、9人死亡。現在357人が入院中、58人が集中治療室で治療中、35人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は8人、合わせて19人となった。キャサリン地域では、11月22日(月)まで7日間ロックダウンが実施されている。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月17日)
 

更新日:2021年11月16日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者212人、2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は12人
▶メルボルンの新たな市中感染者は797人、8人死亡
▶NT準州の市中感染者11人に拡大。ロックダウンを7日間に延長
▶西豪州政府、NT準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げへ

11月16日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者3人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1116人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,911,721人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は69.8%、1回接種率は83.1%。

ノーザンテリトリー準州では、昨日キャサリン地域で2人の市中感染が確認され、直ちにロックダウンを発表したが、本日さらに9人の感染が確認され、ロックダウンを11月22日(月)まで7日間に延長され、準州全域でマスク着用が義務付けられた。今回の感染は、初めてアボリジニコミュニティへの感染が確認されており、感染拡大が懸念されている。

西オーストラリア州政府は、本日11月16日(火)午後4時よりノーザンテリトリー準州をVery Low Risk(感染の可能性が非常に低い州)から、Low Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げると発表。ノーザンテリトリー準州から入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になる。

シドニーの新たな市中感染者は212人、2人死亡。現在210人が入院中、32人が集中治療室で治療中、16人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は91.1%、1回接種率は94.2%。

キャンベラの新たな市中感染者は12人。現在4人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は96.5%。

メルボルンの新たな市中感染者は797人、8人死亡。現在394人が入院中、72人が集中治療室で治療中、44人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月16日)
 

更新日:2021年11月15日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者165人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は10人
▶メルボルンの新たな市中感染者は860人、5人死亡

11月15日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1113人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,908,338人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は69.3%、1回接種率は82.7%。

シドニーの新たな市中感染者は165人、1人死亡。現在216人が入院中、32人が集中治療室で治療中、15人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は91.1%、1回接種率は94.2%。

キャンベラの新たな市中感染者は10人。入院者1人。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は96.4%。

メルボルンの新たな市中感染者は860人、5人死亡。現在378人が入院中、78人が集中治療室で治療中、48人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月15日)
 

更新日:2021年11月14日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者195人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は15人
▶メルボルンの新たな市中感染者は905人、4人死亡

11月14日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,900,151人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は68.1%、1回接種率は82.1%。

シドニーの新たな市中感染者は195人、1人死亡。現在224人が入院中、32人が集中治療室で治療中、16人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は91.0%、1回接種率は94.2%。

キャンベラの新たな市中感染者は15人。現在入院者はなし。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は96.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は905人、4人死亡。現在394人が入院中、75人が集中治療室で治療中、46人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月14日)
 

更新日:2021年11月13日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者250人
▶キャンベラの新たな市中感染者は11人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1221人、4人死亡

11月13日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,900,151人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は68.1%、1回接種率は82.1%。

シドニーの新たな市中感染者は250人、死亡なし。現在228人が入院中、32人が集中治療室で治療中、16人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は90.8%、1回接種率は94.1%。

キャンベラの新たな市中感染者は11人。現在入院者はなし。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は96.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は1221人、4人死亡。現在405人が入院中、77人が集中治療室で治療中、51人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月13日)
 

更新日:2021年11月12日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者286人、2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は15人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1115人、9人死亡

11月12日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,900,151人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は68.1%、1回接種率は82.1%。

シドニーの新たな市中感染者は286人、2人死亡。現在236人が入院中、34人が集中治療室で治療中、15人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は90.6%、1回接種率は94.1%。

キャンベラの新たな市中感染者は15人。現在入院者はなし。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は96.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は1115人、9人死亡。現在426人が入院中、82人が集中治療室で治療中、50人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月12日)
 

更新日:2021年11月11日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者261人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は9人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1313人、4人死亡

11月11日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は110人。検査結果合計数は1,898,256人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は67.5%、1回接種率は81.7%。

シドニーの新たな市中感染者は261人、1人死亡。現在228人が入院中、40人が集中治療室で治療中、16人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は90.4%、1回接種率は94.0%。

キャンベラの新たな市中感染者は9人。現在入院者はなし。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は95.8%。

メルボルンの新たな市中感染者は1313人、4人死亡。現在457人が入院中、79人が集中治療室で治療中、48人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月11日)
 

更新日:2021年11月10日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者216人、3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は9人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1003人、14人死亡

11月10日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は110人。検査結果合計数は1,895,409人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は67.0%、1回接種率は81.3%。

シドニーの新たな市中感染者は216人、3人死亡。現在235人が入院中、41人が集中治療室で治療中、17人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は90.1%、1回接種率は94.0%。

キャンベラの新たな市中感染者は9人。現在入院者はなし。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は95.6%。

メルボルンの新たな市中感染者は1003人、14人死亡。現在471人が入院中、84人が集中治療室で治療中、46人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月10日)
 

更新日:2021年11月9日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府発表、11月20日(土)より海外からの入国者数上限が現在の2倍の週530人に
▶シドニーの新たな市中感染者222人、4人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は18人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1069人、10人死亡

11月9日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は110人。検査結果合計数は1,892,290人。

西オーストラリア州政府は、11月20日(土)より海外からの入国者数上限を現在の週265人から、2倍の週530人にすることを発表した。この決定は、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率が70%に達すると見込まれることによる。直接入州した海外からの渡航者は、引き続き14日間の検疫ホテルでの隔離と検査が必要となる。また、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は66.4%、1回接種率は81.0%。

シドニーの新たな市中感染者は222人、4人死亡。現在254人が入院中、42人が集中治療室で治療中、20人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は89.9%、1回接種率は93.9%。

キャンベラの新たな市中感染者は18人。現在1人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は95.1%。

メルボルンの新たな市中感染者は1069人、10人死亡。現在579人が入院中、90人が集中治療室で治療中、55人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月9日)
 

更新日:2021年11月8日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者187人、7人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は13人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1126人、5人死亡

11月8日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は110人。検査結果合計数は1,889,085人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は65.9%、1回接種率は80.6%。

シドニーの新たな市中感染者は187人、7人死亡。現在264人が入院中、48人が集中治療室で治療中、20人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は89.8%、1回接種率は93.9%。

キャンベラの新たな市中感染者は13人。現在1人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は95.1%。

メルボルンの新たな市中感染者は1126人、5人死亡。現在556人が入院中、91人が集中治療室で治療中、54人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月8日)
 

更新日:2021年11月7日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者244人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は13人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1173人、9人死亡

11月7日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は110人。検査結果合計数は1,880,859人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は64.4%、1回接種率は79.7%。

シドニーの新たな市中感染者は244人、1人死亡。現在269人が入院中、52人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は89.7%、1回接種率は93.9%。

キャンベラの新たな市中感染者は13人。現在1人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は94.4%。

メルボルンの新たな市中感染者は1173人、9人死亡。現在568人が入院中、96人が集中治療室で治療中、63人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月7日)
 

更新日:2021年11月6日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者270人、3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は18人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1268人、7人死亡

11月6日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は110人。検査結果合計数は1,880,859人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は64.4%、1回接種率は79.7%。

シドニーの新たな市中感染者は270人、3人死亡。現在270人が入院中、55人が集中治療室で治療中、27人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は89.4%、1回接種率は93.8%。

キャンベラの新たな市中感染者は18人。現在2人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は94.4%。

メルボルンの新たな市中感染者は1268人、7人死亡。現在651人が入院中、106人が集中治療室で治療中、70人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

ノーザンテリトリー準州で新たに市中感染者が確認され、11月5日(金)午前0時よりキャサリン市で3日間のロックダウン(ワクチン接種完了者も含めた外出禁止令)とダーウィン周辺地域で3日間のロックアウト(ワクチン接種未完了者に限定した外出禁止令)が発表された。ダーウィン周辺地域では、2回のワクチン接種完了者はロックアウト圏内で通常通りの生活を送ることができる。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。ニューサウスウェールズ州とビクトリア州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
11月6日(土)午前0時1分より、ニューサウスウェールズ州は、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーより、High Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き下げられる。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月6日)
 

更新日:2021年11月5日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、新型コロナウイルスと共生していくための移行計画を発表
▶シドニーの新たな市中感染者249人、3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は6人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1343人、10人死亡
▶NT準州で市中感染発生、キャサリン市の3日間ロックダウンとダーウィンの3日間ロックアウト発表

11月5日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は110人。検査結果合計数は1,880,859人。西オーストラリア州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は64.4%、1回接種率は79.7%。

西オーストラリア州政府は、新型コロナウイルスと共生していくための移行計画を発表した。国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に目標を達成できるだろうとしている。また、来月には達すると予想される2回のワクチン接種が80%に達した段階で、より具体的なことが発表される。

マーク・マガウワン西豪州首相は、「国境管理を80%ではなく90%で緩和することの違いが、州民200人の命を救うことになり、コミュニティ感染による多くの入院、および死亡を防ぐことができ、一般病棟の占有率を70%減少することを意味する。急ぐことはリスクを高める」と述べ、また、「一部の人には失望があることを理解している。不満を感じる人もいることを認める。クリスマスにニューサウスウェールズ州やビクトリア州の家族と再会できないかもしれない。これは健康アドバイスに従い、西オーストラリアを安全に保つために必要なことなのです」と述べた。

シドニーの新たな市中感染者は249人、3人死亡。現在285人が入院中、61人が集中治療室で治療中、28人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は89.1%、1回接種率は93.8%。

キャンベラの新たな市中感染者は6人。現在3人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は94.4%。

メルボルンの新たな市中感染者は1343人、10人死亡。現在634人が入院中、109人が集中治療室で治療中、73人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

ノーザンテリトリー準州で新たに市中感染者が確認され、本日午前0時よりキャサリン市で3日間のロックダウン(ワクチン接種完了者も含めた外出禁止令)とダーウィン周辺地域で3日間のロックアウト(ワクチン接種未完了者に限定した外出禁止令)が発表された。ダーウィン周辺地域では、2回のワクチン接種完了者はロックアウト圏内で通常通りの生活を送ることができる。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。ニューサウスウェールズ州とビクトリア州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
11月6日(土)午前0時1分より、ニューサウスウェールズ州は、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーより、High Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き下げられる。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月5日)
 

更新日:2021年11月4日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、11月5日(金)に新型コロナウイルスとの生活への移行計画を発表
▶西豪州政府、11月6日(土)よりNSW州との州境規制緩和を発表
▶シドニーの新たな市中感染者308人、4人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は13人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1247人、9人死亡

11月4日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は110人。検査結果合計数は1,878,130人。西オーストラリア州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は63.7%、1回接種率は79.1%。

西オーストラリア州政府は、ニューサウスウェールズ州との州境規制を11月6日(土)午前0時1分より緩和するとの発表を行った。ニューサウスウェールズ州は、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーより、High Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き下げられる。

また、マーク・マガウワン西豪州首相は、11月5日(金)に新型コロナウイルスと共生していくための移行計画を発表すると述べ、新型コロナウイルスが発生した時に備えて、医療システムに4億ドルの予算を費やすことを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は308人、4人死亡。現在302人が入院中、64人が集中治療室で治療中、31人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は88.7%、1回接種率は93.7%。

キャンベラの新たな市中感染者は13人。現在6人が入院中、2人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は94.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は1247人、9人死亡。現在650人が入院中、114人が集中治療室で治療中、78人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。ニューサウスウェールズ州とビクトリア州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月4日)
 

更新日:2021年11月3日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、11月5日(金)に新型コロナウイルスとの生活への移行計画を発表
▶西豪州政府、11月6日(土)よりNSW州との州境規制緩和を発表
▶シドニーの新たな市中感染者190人、4人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は15人
▶メルボルンの新たな市中感染者は941人、8人死亡

11月3日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は110人。検査結果合計数は1,875,777人。西オーストラリア州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は63.3%、1回接種率は79.1%。

西オーストラリア州政府は、ニューサウスウェールズ州との州境規制を11月6日(土)午前0時1分より緩和するとの発表を行った。ニューサウスウェールズ州は、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーより、High Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き下げられる。

また、マーク・マガウワン西豪州首相は、11月5日(金)に新型コロナウイルスと共生していくための移行計画を発表すると述べ、新型コロナウイルスが発生した時に備えて、医療システムに4億ドルの予算を費やすことを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は190人、4人死亡。現在309人が入院中、68人が集中治療室で治療中、32人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は88.3%、1回接種率は93.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は15人。現在5人が入院中、2人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.6%。

メルボルンの新たな市中感染者は941人、8人死亡。現在657人が入院中、117人が集中治療室で治療中、69人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。ニューサウスウェールズ州とビクトリア州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月3日)
 

更新日:2021年11月2日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者173人、4人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は8人
▶メルボルンの新たな市中感染者は989人、9人死亡

11月2日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は110人。検査結果合計数は1,872,208人。西オーストラリア州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は62.8%、1回接種率は78.7%。

シドニーの新たな市中感染者は173人、4人死亡。現在333人が入院中、72人が集中治療室で治療中、35人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は87.8%、1回接種率は93.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は8人。現在7人が入院中、4人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.2%。

メルボルンの新たな市中感染者は989人、9人死亡。現在667人が入院中、127人が集中治療室で治療中、76人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。ニューサウスウェールズ州とビクトリア州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月2日)
 

更新日:2021年11月1日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶本日より新型コロナワクチン3回目のブースター接種開始
▶シドニーの新たな市中感染者135人、4人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は5人、2人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1471人、4人死亡
▶シドニー、メルボルンで本日より国境開放

11月1日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数はゼロ、入院者はなし、1103人が回復している。これまでの累計感染者数は1112人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は109人。検査結果合計数は1,868,982人。西オーストラリア州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は62.2%、1回接種率は78.5%。

西オーストラリア州政府は、本日より18才以上で新型コロナワクチン2回接種から6ヶ月以上経過する人へのブースター接種を開始した。州内の対象者は10月30日時点で約3万人。州政府のワクチンクリニックで接種を受けることができる。11月8日からはGPでも接種可能になる予定。

シドニーの新たな市中感染者は135人、4人死亡。現在349人が入院中、77人が集中治療室で治療中、33人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は87.7%、1回接種率は93.5%。

キャンベラの新たな市中感染者は5人、2人死亡。現在8人が入院中、3人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.3%。

メルボルンの新たな市中感染者は1471人、4人死亡。現在699人が入院中、136人が集中治療室で治療中、86人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、12才以上の90%が2回接種を完了する見込みの11月末には、ほとんどの規制が緩和がされるだろうとの計画を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。ニューサウスウェールズ州とビクトリア州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/11月1日)
 
 
関連記事:<パース発2021年11月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年10月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年9月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年8月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年7月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年6月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年5月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年4月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年3月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年2月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年1月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年12月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年11月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年10月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年9月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年8月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年7月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年6月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年3月~5月の感染者数>

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.