オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

【新型コロナウイルス関連】2022年1月31日<パース発2022年1月の感染者数>

ここでは、オーストラリア、西オーストラリア州の新型コロナウイルス感染者数についての最新情報をお届けします。紹介の情報と共に、本サイトのトップページの「お知らせ【新型コロナウイルスのパース発最新情報】」には、新型コロナウイルス(COVID-19)の情報がまとめて掲載されています。
 

更新日:2022年1月31日(月)
▶パースの新たな市中感染者12人
▶小中高校新学期スタート、本日よりワクチン接種証明提示義務場所がより広範囲に
▶シドニーの新たな市中感染者は13,026人(PCR検査、抗原検査キット)、27人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は10,053人(PCR検査、抗原検査キット)、8人死亡

1月31日(月)パースの新たな市中感染者12人。すべてこれまでに発表されたクラスターに関連しており、このうち7人はLibrary Nightclubのナイトクラブクラスター。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。Mandurah、Como、Victoria Park、Belmont、Canning Valeなどのエリアがアップデートされている。

西オーストラリア州では、本日よりレストランやカフェ、酒屋、スポーツジム、映画館、博物館、遊園地など、より広範囲の場所でワクチン接種証明提示が義務となっている。また、州内の小中高校は新学期がスタートし、中学生以上はマスク着用が義務付けられ、教師や週2日以上のボランティアはワクチン接種が義務付けられた。州政府は、学校での感染拡大防止のために1万2千台の空気清浄機や1500台の二酸化炭素濃度測定器を導入するなど学校での感染防止策を発表しており、今後感染が拡大すれば小学3年生以上からマスク着用を義務付ける可能性もあるとしている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州からの旅行者10人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は155人。入院者1人。1357人が回復している。これまでの累計感染者数は1527人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は149人。検査結果合計数は2,264,848人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は97.6%、2回接種率は91.1%、16才以上の3回接種率は35.8%。

シドニーの新たな市中感染者は13,026人(7,362 PCR検査、5,664 抗原検査キット)、27人死亡。2,779人が入院中、185人が集中治療室で治療中、67人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は537人(331 PCR検査、206 抗原検査キット)。現在62人が入院中、2人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は10,053人(3,568 PCR検査、6,485 抗原検査キット)、8人死亡。現在873人が入院中、102人が集中治療室で治療中、33人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は7,462人(4,613 PCR検査、2,849 抗原検査キット)、3人死亡。現在744人が入院中、46人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は1,505人、6人死亡。現在281人が入院中、25人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は504人(157 PCR検査、347 抗原検査キット)。現在16人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は760人(PCR検査、抗原検査キット)。現在114人が入院中、5人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月31日)
 

更新日:2022年1月30日(日)
▶パースの新たな市中感染者20人
▶シドニーの新たな市中感染者は13,524人(PCR検査、抗原検査キット)、52人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は10,589人(PCR検査、抗原検査キット)、20人死亡

1月30日(日)パースの新たな市中感染者20人。19人はこれまでに発表されたクラスターに関連しており、このうち8人はLibrary Nightclubのナイトクラブクラスター。1人は感染経路不明で調査中。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。Henley Brook、Byford、Fremantle、Bull Creekなどのエリアがアップデートされている。

西オーストラリア州の現在の感染者数は147人。入院者1人、1人が集中治療室で治療中。1349人が回復している。これまでの累計感染者数は1505人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は146人。検査結果合計数は2,245,913人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は97.4%、2回接種率は90.5%、16才以上の3回接種率は33.9%。

シドニーの新たな市中感染者は13,524人(7,492 PCR検査、6,032 抗原検査キット)、52人死亡。2,663人が入院中、182人が集中治療室で治療中、73人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は584人(377 PCR検査、207 抗原検査キット)。現在62人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は10,589人(4,479 PCR検査、6,110 抗原検査キット)、20人死亡。現在889人が入院中、111人が集中治療室で治療中、35人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は8,580人(5,937 PCR検査、2,643 抗原検査キット)、13人死亡。現在745人が入院中、41人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は1,633人、2人死亡。現在289人が入院中、25人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は594人(188 PCR検査、406 抗原検査キット)、1人死亡。現在20人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は849人(PCR検査、抗原検査キット)。現在121人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月30日)
 

更新日:2022年1月29日(土)
▶パースの新たな市中感染者22人
▶シドニーの新たな市中感染者は13,354人(PCR検査、抗原検査キット)、49人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は12,250人(PCR検査、抗原検査キット)、31人死亡

1月29日(土)パースの新たな市中感染者22人。14人はLibrary Nightclubのナイトクラブクラスター、7人はWillagee IGA、Safety Bay、Rockingham、Bunbury、South West地方、Wheatbelt地方のクラスターに関連しており、1人は感染経路不明で調査中。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。Northbridge、Embleton、Perth、Cooloongupなどのエリアがアップデートされている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州からの旅行者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は137人。入院者1人、1人が集中治療室で治療中。1339人が回復している。これまでの累計感染者数は1487人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は141人。検査結果合計数は2,245,627人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は97.4%、2回接種率は90.5%、16才以上の3回接種率は33.9%。

シドニーの新たな市中感染者は13,354人(7,928 PCR検査、5,426 抗原検査キット)、49人死亡。2,693人が入院中、186人が集中治療室で治療中、73人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は620人(438 PCR検査、182 抗原検査キット)。現在61人が入院中、5人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は12,250人(6,244 PCR検査、6,006 抗原検査キット)、31人死亡。現在953人が入院中、114人が集中治療室で治療中、39人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は10,391人(7,147 PCR検査、3,244 抗原検査キット)、12人死亡。現在833人が入院中、53人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は1,740人、5人死亡。現在283人が入院中、29人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は683人(208 PCR検査、475 抗原検査キット)。現在17人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は828人(PCR検査、抗原検査キット)。現在111人が入院中、5人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月29日)
 

更新日:2022年1月28日(金)
▶パースの新たな市中感染者9人
▶西豪州政府、今後感染者数が増加した場合に施行される隔離期間の変更、濃厚接触者定義の変更について発表
▶シドニーの新たな市中感染者は13,333人(PCR検査、抗原検査キット)、35人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は12,755人(PCR検査、抗原検査キット)、39人死亡

1月28日(金)パースの新たな市中感染者9人。1人はCoolbellupクラスター、1人はWillagee IGA、3人はナイトクラブ(2人はLibrary Nightclub、1人はHip-E Club)、2人はWheatbelt地方のCunderdinとGoomallingに関連しており、2人は調査中。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。Northbridge、Mandurah、Cockburn、Rockingham、East Victoria Parkなどのエリアがアップデートされている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は114人。入院者2人、1人が集中治療室で治療中。1324人が回復している。これまでの累計感染者数は1464人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は141人。検査結果合計数は2,245,627人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は97.4%、2回接種率は90.5%、16才以上の3回接種率は33.9%。

西オーストラリア州政府は、今後感染者数が増加した場合に施行される隔離期間の変更、濃厚接触者の定義の変更について発表した。陽性後の隔離期間は7日間に短縮され、症状がない場合は自主隔離を7日間で終了することができる。また、濃厚接触者の定義も家族や同居人、マスクなしで15分間対面での接触、マスクなしで小部屋で2時間一緒に過ごした場合などと変更される。そして、エッセンシャルワーカーは、濃厚接触者でも症状がない場合、毎日迅速抗原検査(RAT)を行い、サージカルマスクを着用するなどの要件を満たせば、隔離を免除される。この変更が導入される時期については明らかにされておらず、当面の間は現在の規則が維持される。

シドニーの新たな市中感染者は13,333人(6,256 PCR検査、7,077 抗原検査キット)、35人死亡。2,737人が入院中、189人が集中治療室で治療中、78人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は734人(478 PCR検査、256 抗原検査キット)、1人死亡。現在66人が入院中、5人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は12,755人(5,345 PCR検査、7,410 抗原検査キット)、39人死亡。現在988人が入院中、114人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は9,974人(6,014 PCR検査、3,960 抗原検査キット)、18人死亡。現在818人が入院中、54人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は1,846人、5人死亡。現在285人が入院中、24人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は584人(135 PCR検査、449 抗原検査キット)。現在19人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は940人(PCR検査、抗原検査キット)。現在105人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月28日)
 

更新日:2022年1月27日(木)
▶パースの新たな市中感染者10人
▶西豪州政府発表、本日午後6時よりGreat Southern地方とWheatbelt地方でも屋内公共施設でマスク着用が必要に
▶シドニーの新たな市中感染者は17,316人(PCR検査、抗原検査キット)、29人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は13,755人(PCR検査、抗原検査キット)、15人死亡

1月27日(木)パースの新たな市中感染者10人。5人はRockingham、3人はWillagee IGA、2人はSouth West地方に関連している。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。Mount Lawley、Leederville、Welshpool、Mandurah、Dunsborough、Australind、West Busselton、Waikiki、Vasse、Capel、Booragoon、Quindalupなど多数のエリアがアップデートされている。

西オーストラリア州政府は、Wheatbelt地方のCunderdinで昨日感染者が確認されたことを受け、本日午後6時よりGreat Southern地方とWheatbelt地方でも屋内公共施設でマスク着用を義務付けることを発表した。マーク・マガウワン西豪州首相は、今後、州全体でマスク着用が必要になる可能性が予想されると述べている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者2人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は131人。入院者2人、1人が集中治療室で治療中。1314人が回復している。これまでの累計感染者数は1454人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は141人。検査結果合計数は2,231,286人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は97.2%、2回接種率は90.2%、16才以上の3回接種率は32.7%。

シドニーの新たな市中感染者は17,316人(9,934 PCR検査、7,382 抗原検査キット)、29人死亡。2,722人が入院中、181人が集中治療室で治療中、72人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は884人(648 PCR検査、236 抗原検査キット)。現在73人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は13,755人(6,130 PCR検査、7,625 抗原検査キット)、15人死亡。現在1,057人が入院中、117人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は11,600人(7,614 PCR検査、3,986 抗原検査キット)、15人死亡。現在829人が入院中、48人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は1,953人、13人死亡。現在288人が入院中、27人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は726人(246 PCR検査、480 抗原検査キット)。現在24人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は626人(PCR検査、抗原検査キット)。現在95人が入院中、4人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月27日)
 

更新日:2022年1月26日(水・祝日)
▶パースの新たな市中感染者24人
▶シドニーの新たな市中感染者は21,030人(PCR検査、抗原検査キット)、29人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は13,507人(PCR検査、抗原検査キット)、35人死亡

1月26日(水・祝日)パースの新たな市中感染者24人。9人はバンバリー地方のクラスターに関連しており、合計で17人に拡大している。そして、2人は以前発表された感染経路不明者の濃厚接触者、2人はCoolbellupクラスター、3人はSafety Bayクラスター、2人はHaynesクラスター、2人はWillagee IGA、1人はMandurah、1人は検疫ホテルの警備員に関連しており、2人は感染経路不明で追跡調査が行われている。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の現在の感染者数は132人。入院者1人、1人が集中治療室で治療中。1301人が回復している。これまでの累計感染者数は1442人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は141人。検査結果合計数は2,222,201人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.9%、2回接種率は89.8%、16才以上の3回接種率は31.0%。

シドニーの新たな市中感染者は21,030人(12,918 PCR検査、8,112 抗原検査キット)、29人死亡。2,794人が入院中、175人が集中治療室で治療中、75人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は896人(600 PCR検査、296 抗原検査キット)。現在67人が入院中、5人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は13,507人(6,533 PCR検査、6,974 抗原検査キット)、35人死亡。現在1,089人が入院中、113人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は13,511人(8,954 PCR検査、4,557 抗原検査キット)、9人死亡。現在889人が入院中、47人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,401人、13人死亡。現在288人が入院中、26人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は712人(206 PCR検査、506 抗原検査キット)、1人死亡。現在28人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は492人(PCR検査、抗原検査キット)。現在84人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月26日)
 

更新日:2022年1月25日(火)
▶パースの新たな市中感染者14人、他州、海外からの感染者4人
▶シドニーの新たな市中感染者は18,512人(PCR検査、抗原検査キット)、29人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は14,836人(PCR検査、抗原検査キット)、29人死亡

1月25日(火)パースの新たな市中感染者14人。7人はバンバリー地方のクラスターに関連しており、今後数日でさらに感染者が増加すると懸念されている。2人はCoolbellupクラスター、1人はSafety Bayクラスター、1人はHaynesクラスター、1人は検疫ホテルの警備員。2人は感染経路不明で追跡調査が行われている。

西オーストラリア州政府は、オミクロン株の感染者が拡大しており、パース、ピール、サウスウエスト地方で症状がある人は、公表されている感染者が利用した場所を訪れていなくても、速やかに検査を受けるよう呼び掛けている。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者4人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は115人。入院者2人、1人が集中治療室で治療中。1294人が回復している。これまでの累計感染者数は1418人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は137人。検査結果合計数は2,222,201人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.9%、2回接種率は89.8%、16才以上の3回接種率は31.0%。

シドニーの新たな市中感染者は18,512人(9,422 PCR検査、9,090 抗原検査キット)、29人死亡。2,943人が入院中、183人が集中治療室で治療中、72人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は904人(546 PCR検査、358 抗原検査キット)、1人死亡。現在67人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は14,836人(6,297 PCR検査、8,539 抗原検査キット)、29人死亡。現在1,057人が入院中、119人が集中治療室で治療中、45人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は9,546人(5,701 PCR検査、3,845 抗原検査キット)、11人死亡。現在928人が入院中、51人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は1,869人、5人死亡。現在287人が入院中、32人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は643人(154 PCR検査、489 抗原検査キット)、1人死亡。現在35人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は517人(PCR検査、抗原検査キット)。現在72人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月25日)
 

更新日:2022年1月24日(月)
▶パースの新たな市中感染者13人、他州、海外からの感染者2人
▶サウスウエスト地方で初の市中感染者確認
▶西豪州政府、パース、ピール、サウスウエスト地方で、症状がある人は速やかに検査を受けるよう呼び掛け
▶シドニーの新たな市中感染者は15,091人(PCR検査、抗原検査キット)、24人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は11,695人(PCR検査、抗原検査キット)、17人死亡

1月24日(月)パースの新たな市中感染者13人。1人はサウスウエスト地方で初めての市中感染者となるバンバリーの感染経路不明の症例。12人はこれまでに発表された陽性者に関連しており、このうち10人はCoolbellupクラスター(8人は家族、2人は濃厚接触者)、1人はSafety Bayクラスター、1人はWillagee IGAに関連している。

西オーストラリア州政府は、オミクロン株の感染者が拡大しており、パース、ピール、サウスウエスト地方で症状がある人は、公表されている感染者が利用した場所を訪れていなくても、速やかに検査を受けるよう呼び掛けている。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者2人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は96人。入院者なし、1287人が回復している。これまでの累計感染者数は1400人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は137人。検査結果合計数は2,211,781人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.7%、2回接種率は89.5%、16才以上の3回接種率は29.7%。

シドニーの新たな市中感染者は15,091人(8,190 PCR検査、6,901 抗原検査キット)、24人死亡。2,816人が入院中、196人が集中治療室で治療中、69人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は756人(472 PCR検査、284 抗原検査キット)。現在68人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は11,695人(4,488 PCR検査、7,207 抗原検査キット)、17人死亡。現在998人が入院中、119人が集中治療室で治療中、47人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は10,212人(6,597 PCR検査、3,615 抗原検査キット)、13人死亡。現在878人が入院中、50人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,009人、2人死亡。現在294人が入院中、29人が集中治療室で治療中、6人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は619人(170 PCR検査、449 抗原検査キット)。現在41人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は286人(PCR検査、抗原検査キット)。現在78人が入院中、4人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月24日)
 

更新日:2022年1月23日(日)
▶パースの新たな市中感染者24人、オミクロン株の感染拡大
▶西豪州政府、パース、ピール、サウスウエスト地方で、症状がある人は速やかに検査を受けるよう呼び掛け
▶シドニーの新たな市中感染者は20,324人(PCR検査、抗原検査キット)、34人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は13,091人(PCR検査、抗原検査キット)、14人死亡

1月23日(日)パースの新たな市中感染者24人。すべて、これまでに発表された陽性者に関連しているが、オミクロン株の感染者が拡大しており、パース、ピール、サウスウエスト地方で症状がある人は、公表されている感染者が利用した場所を訪れていなくても、速やかに検査を受けるよう呼び掛けている。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。Manning、Willagee、Coolbellup、Cockburn、Haynes、Safety Bay、Cannington、Canning Vale、High Wycombe、Coogee、Perthなど多数のエリアがアップデートされている。クラスターが発生している地域は、Cockburn(51人、新規感染者1人)、Willagee(14人、新規感染者5人)、Safety Bay(9人、新規感染者3人)、Coolbellup(13人、新規感染者2人)、Haynes(5人、新規感染者2人)、Manning(3人)

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者2人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は92人。入院者なし、1285人が回復している。これまでの累計感染者数は1385人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は136人。検査結果合計数は2,193,964人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.4%、2回接種率は89.0%、16才以上の3回接種率は27.2%。

シドニーの新たな市中感染者は20,324人(13,620 PCR検査、6,704 抗原検査キット)、34人死亡。2,712人が入院中、189人が集中治療室で治療中、72人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は694人(385 PCR検査、309 抗原検査キット)。現在67人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は13,091人(6,625 PCR検査、6,466 抗原検査キット)、14人死亡。現在1,002人が入院中、120人が集中治療室で治療中、44人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は11,947人(8,639 PCR検査、3,308 抗原検査キット)、10人死亡。現在863人が入院中、47人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,062人。現在278人が入院中、24人が集中治療室で治療中、6人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は625人(239 PCR検査、386 抗原検査キット)。現在39人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は212人(PCR検査、抗原検査キット)。現在61人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月23日)
 

更新日:2022年1月22日(土)
▶パースの新たな市中感染者7人、他州、海外からの感染者4人
▶シドニーの新たな市中感染者は20,148人(PCR検査、抗原検査キット)、30人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は16,016人(PCR検査、抗原検査キット)、20人死亡

1月22日(土)パースの新たな市中感染者7人。5人はこれまでに発表された陽性者に関連している。2人は感染経路不明で市中での感染が懸念されている。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されているが、症状がある人はすぐに検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者4人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は76人。入院者なし、1274人が回復している。これまでの累計感染者数は1359人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は135人。検査結果合計数は2,193,964人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.4%、2回接種率は89.0%、16才以上の3回接種率は27.2%。

シドニーの新たな市中感染者は20,148人(11,582 PCR検査、8,566 抗原検査キット)、30人死亡。2,762人が入院中、204人が集中治療室で治療中、70人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は666人(224 PCR検査、442 抗原検査キット)。現在63人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は16,016人(8,432 PCR検査、7,584 抗原検査キット)、20人死亡。現在1,029人が入院中、120人が集中治療室で治療中、39人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は15,050人(10,696 PCR検査、4,354 抗原検査キット)、10人死亡。現在884人が入院中、52人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,193人、3人死亡。現在276人が入院中、37人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は726人(251 PCR検査、475 抗原検査キット)、1人死亡。現在31人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は314人(PCR検査、抗原検査キット)。現在63人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月22日)
 

更新日:2022年1月21日(金)
▶西豪州政府、オーストラリアデーのイベント参加は屋内外でマスク着用が必要に
▶パースの新たな市中感染者7人、他州、海外からの感染者3人
▶シドニーの新たな市中感染者は25,168人(PCR検査、抗原検査キット)、46人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は18,167人(PCR検査、抗原検査キット)、20人死亡

1月21日(金)パースの新たな市中感染者7人。3人はこれまでに発表された陽性者に関連している。4人(このうち3人は一世帯)は感染経路不明で市中での感染が懸念されている。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、他州、海外からの旅行者3人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は82人。入院者なし、1257人が回復している。これまでの累計感染者数は1348人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は131人。検査結果合計数は2,193,964人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.4%、2回接種率は89.0%、16才以上の3回接種率は27.2%。

西オーストラリア州政府は、来週1月26日(水・祝日)オーストラリアデーのイベントへの参加について、屋内外でのマスク着用を義務付けることを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は25,168人(15,138 PCR検査、10,015 抗原検査キット)、46人死亡。2,743人が入院中、209人が集中治療室で治療中、68人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は826人(259 PCR検査、567 抗原検査キット)、2人死亡。現在62人が入院中、2人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は18,167人(10,023 PCR検査、8,144 抗原検査キット)、20人死亡。現在1,096人が入院中、121人が集中治療室で治療中、34人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は16,031人(11,222 PCR検査、4,809 抗原検査キット)、13人死亡。現在855人が入院中、54人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,023人、6人死亡。現在298人が入院中、33人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は866人(311 PCR検査、555 抗原検査キット)、1人死亡。現在31人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は432人(PCR検査、抗原検査キット)。現在62人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月21日)
 

更新日:2022年1月20日(木)
▶速報!西オーストラリア州の州境、国境閉鎖解除の延期を発表
▶パースの新たな市中感染者5人、他州からの感染者5人
▶シドニーの新たな市中感染者は30,825人(PCR検査、抗原検査キット)、25人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は21,966人(PCR検査、抗原検査キット)、15人死亡

1月20日(木)パースの新たな市中感染者5人。4人はこれまでに発表された陽性者に関連しているが、1人は感染経路不明で市中での感染が懸念されている。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者5人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は82人。入院者なし、1247人が回復している。これまでの累計感染者数は1338人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は131人。検査結果合計数は2,189,742人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は96.1%、2回接種率は88.7%、16才以上の3回接種率は25.8%。

マーク・マガウワン西オーストラリア州首相は緊急会見を行い、2月5日に予定されていた西オーストラリア州の州境、国境閉鎖解除を無期限に延期することを発表した。詳細は【新型コロナウイルス関連】速報!西オーストラリア州の州境、国境閉鎖解除の延期を発表!

シドニーの新たな市中感染者は30,825人(17,647 PCR検査、13,178 抗原検査キット)。25人死亡。2,781人が入院中、212人が集中治療室で治療中、68人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は892人(254 PCR検査、638 抗原検査キット)。現在62人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は21,966人(11,693 PCR検査、10,273 抗原検査キット)、15人死亡。現在1,206人が入院中、122人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は16,812人(11,240 PCR検査、5,572 抗原検査キット)、9人死亡。現在850人が入院中、48人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,777人、11人死亡。現在290人が入院中、29人が集中治療室で治療中、6人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は927人(293 PCR検査、634 抗原検査キット)。現在31人が入院中、3人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は459人(PCR検査、抗原検査キット)。現在54人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月20日)
 

更新日:2022年1月19日(水)
▶パースの新たな市中感染者2人、他州からの感染者3人
▶シドニーの新たな市中感染者は32,297人(PCR検査、抗原検査キット)、32人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は20,769人(PCR検査、抗原検査キット)、18人死亡

1月19日(水)パースの新たな市中感染者2人。1人はすでに隔離していたワクチン未接種の50代男性で、オミクロン株のCockburn地域クラスターに関連している。もう1人も60代男性でCockburn地域クラスターに関連しているとみられているが、体調を崩した際にFiona Stanley病院の救急センターを訪れており、病院のスタッフ12人が検査を受け自主隔離を行っている。

引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者3人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は83人。入院者なし、1236人が回復している。これまでの累計感染者数は1328人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は127人。検査結果合計数は2,184,020人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は95.8%、2回接種率は88.4%、16才以上の3回接種率は24.5%。

シドニーの新たな市中感染者は32,297人(19,847 PCR検査、12,450 抗原検査キット)。32人死亡。2,863人が入院中、217人が集中治療室で治療中、66人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,467人(654 PCR検査、813 抗原検査キット)。現在60人が入院中、5人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は20,769人(10,726 PCR検査、10,043 抗原検査キット)、18人死亡。現在1,173人が入院中、125人が集中治療室で治療中、42人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は19,932人(13,992 PCR検査、5,940 抗原検査キット)、11人死亡。現在835人が入院中、52人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,482人、3人死亡。現在294人が入院中、23人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,185人(471 PCR検査、714 抗原検査キット)。現在29人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は418人(PCR検査、抗原検査キット)。現在48人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月19日)
 

更新日:2022年1月18日(火)
▶パースの新たな市中感染者2人、他州からの感染者12人
▶シドニーの新たな市中感染者は29,830人(PCR検査、抗原検査キット)、36人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は20,180人(PCR検査、抗原検査キット)、22人死亡

1月18日(火)パースの新たな市中感染者2人、マッサージ店クラスターに関連している。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者12人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は109人。入院者1人、1205人が回復している。これまでの累計感染者数は1323人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は125人。検査結果合計数は2,177,497人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は95.6%、2回接種率は88.1%、16才以上の3回接種率は23.3%。

シドニーの新たな市中感染者は29,830人(16,067 PCR検査、13,763 抗原検査キット)。36人死亡。2,850人が入院中、209人が集中治療室で治療中、63人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,860人(976 PCR検査、884 抗原検査キット)、1人死亡。現在63人が入院中、6人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は20,180人(11,747 PCR検査、8,433 抗原検査キット)、22人死亡。現在1,152人が入院中、127人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は15,962人(9,978 PCR検査、5,984 抗原検査キット)、16人死亡。現在819人が入院中、50人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,079人。現在285人が入院中、24人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,310人(360 PCR検査、950 抗原検査キット)。現在25人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は625人(PCR検査、抗原検査キット)。現在43人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月18日)
 

更新日:2022年1月17日(月)
▶本日午後6時よりサウスウエスト地方の屋内公共施設においてもマスク着用義務を発表
▶パースの新たな市中感染者なし、他州からの感染者9人
▶シドニーの新たな市中感染者は29,504人(PCR検査、抗原検査キット)、17人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は22,429人(PCR検査、抗原検査キット)、6人死亡

1月17日(月)パースの新たな市中感染者なし(昨日発表の3人は本日の感染者数にカウントされる)。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者9人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は106人。入院者1人、1194人が回復している。これまでの累計感染者数は1309人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は125人。検査結果合計数は2,166,786人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は95.3%、2回接種率は87.9%、16才以上の3回接種率は21.9%。

シドニーの新たな市中感染者は29,504人(17,646 PCR検査、11,858 抗原検査キット)。17人死亡。2,776人が入院中、203人が集中治療室で治療中、61人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,601人(878 PCR検査、723 抗原検査キット)、1人死亡。現在52人が入院中、4人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は22,429人(12,059 PCR検査、10,370 抗原検査キット)、6人死亡。現在1,229人が入院中、129人が集中治療室で治療中、38人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は15,122人(10,547 PCR検査、4,575 抗原検査キット)、7人死亡。現在702人が入院中、47人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,829人。現在227人が入院中、26人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,037人(310 PCR検査、727 抗原検査キット)。現在21人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は284人(PCR検査、抗原検査キット)。現在39人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月17日)
 

更新日:2022年1月16日(日)
▶速報!本日2022年1月16日(日)午後6時よりパース、ピール地方の屋内公共施設において、再びマスク着用が必要に!
▶パースの新たな市中感染者5人、他州からの感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者は34,660人(PCR検査、抗原検査キット)、20人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は28,128人(PCR検査、抗原検査キット)、13人死亡

本日午後2時より緊急会見が開かれ、マーク・マガウワン西豪州首相は、オミクロン株の市中感染の広がりが確認されていることから、本日午後6時よりパース、ピール地方の屋内公共施設において再びマスク着用義務が必要になることを発表した。
パース、ピール地方から、その他の地域に出かける場合も同様に屋内公共施設でのマスク着用が必要となる。小学生以下は免除される。

1月16日(日)パースの新たな市中感染者5人(このうち3人は明日の感染者数にカウントされる)。このうち、ApplecrossのU Natural Spa Therapyでの感染者がさらに2人増えている。引き続き、感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。本日と明日、州立の検査クリニックは、夜10時まで時間を延長して検査を受け付けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は126人。入院者はなし、1165人が回復している。これまでの累計感染者数は1300人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は124人。検査結果合計数は2,155,088人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.7%、2回接種率は87.3%、16才以上の3回接種率は19.4%。

シドニーの新たな市中感染者は34,660人(20,978 PCR検査、13,682 抗原検査キット)。20人死亡。2,650人が入院中、191人が集中治療室で治療中、61人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,316人(716 PCR検査、600 抗原検査キット)。現在41人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は28,128人(17,791 PCR検査、10,337 抗原検査キット)、13人死亡。現在1,114人が入院中、122人が集中治療室で治療中、35人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は17,445人(12,830 PCR検査、4,615 抗原検査キット)、3人死亡。現在670人が入院中、49人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,450人、2人死亡。現在220人が入院中、26人が集中治療室で治療中、6人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は825人(245 PCR検査、580 抗原検査キット)。現在22人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は327人(PCR検査、抗原検査キット)。現在44人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西豪州首相会見録/西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月16日)
 

更新日:2022年1月15日(土)
▶パースの新たな市中感染者2人、他州からの感染者6人、海外からの感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者は48,768人(PCR検査、抗原検査キット)、20人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は25,526人(PCR検査、抗原検査キット)、23人死亡

1月15日(土)パースの新たな市中感染者2人。以前に発表された陽性者に関連しており、市中での感染が懸念されている。引き続き、新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者6人、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は120人。入院者はなし、1165人が回復している。これまでの累計感染者数は1294人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は124人。検査結果合計数は2,155,088人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.7%、2回接種率は87.3%、16才以上の3回接種率は19.4%。

シドニーの新たな市中感染者は48,768人(27,020 PCR検査、21,748 抗原検査キット)。20人死亡。2,576人が入院中、193人が集中治療室で治療中、58人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,320人(629 PCR検査、691 抗原検査キット)。現在30人が入院中、3人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は25,526人(12,669 PCR検査、12,857 抗原検査キット)、23人死亡。現在1,054人が入院中、115人が集中治療室で治療中、30人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は19,709人(13,622 PCR検査、6,087 抗原検査キット)、6人死亡。現在649人が入院中、46人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は4,349人、4人死亡。現在236人が入院中、26人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,139人(255 PCR検査、884 抗原検査キット)。現在22人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は412人(PCR検査、抗原検査キット)。現在32人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月15日)
 

更新日:2022年1月14日(金)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州からの感染者7人、海外からの感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者は63,018人(PCR検査、抗原検査キット)、29人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は34,836人(PCR検査、抗原検査キット)、18人死亡

1月14日(金)パースの新たな市中感染者1人。以前に発表された陽性者の家庭内接触の子どもで、すでに隔離中だったため市中での感染性は低いとされる。また、12日(水)に発表された感染経路不明の女性は、オミクロン株であることが確認された。引き続き、新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者7人、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は118人。入院者はなし、1158人が回復している。これまでの累計感染者数は1285人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は122人。検査結果合計数は2,155,088人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.7%、2回接種率は87.3%、16才以上の3回接種率は19.4%。

シドニーの新たな市中感染者は63,018人(25,080 PCR検査、37,938 抗原検査キット)。29人死亡。2,525人が入院中、184人が集中治療室で治療中、59人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,125人(885 PCR検査、240 抗原検査キット)。1月8日から12日までの抗原検査キット陽性者は、1,178人。現在27人が入院中、3人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は34,836人(19,396 PCR検査、15,440 抗原検査キット)、18人死亡。現在976人が入院中、112人が集中治療室で治療中、30人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は23,630人(13,448 PCR検査、10,182 抗原検査キット)、3人死亡。現在589人が入院中、41人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は5,679人、6人死亡。現在246人が入院中、20人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,201人(349 PCR検査、852 抗原検査キット)。現在24人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は546人(PCR検査、抗原検査キット)。現在27人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月14日)
 

更新日:2022年1月13日(木)
▶パースの新たな市中感染者2人、他州からの感染者11人、海外からの感染者3人
▶西豪州政府、1月31日よりワクチン接種証明提示義務場所がより広範囲に。ホテル隔離規則の変更も発表
▶シドニーの新たな市中感染者は92,264人(PCR検査、抗原検査キット)、22人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は37,169人(PCR検査、抗原検査キット)、25人死亡

1月13日(木)パースの新たな市中感染者2人。1人は検疫ホテルHyattの警備員に関連する濃厚接触者、1人は他州からの旅行者の家族ですでに隔離中。新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者11人、海外からの帰国者3人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は110人。入院者はなし、1157人が回復している。これまでの累計感染者数は1276人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は121人。検査結果合計数は2,150,934人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.4%、2回接種率は87.0%、16才以上の3回接種率は18.1%。

西オーストラリア州政府は、1月31日(月)より、16才以上の人はワクチン接種証明の提示がより広範囲に義務付けられることを発表した。病院、老人介護施設、レストラン、カフェ、パブ、バー、ナイトクラブ、酒屋、ジムやフィットネス施設、プレイセンター、シアター、映画館、博物館、遊園地、動物園、クラウンカジノ施設、スタジアム、イベントなどでのワクチン接種証明提示が必要になる。マーク・マガウワン西豪州首相は、ワクチン接種証明の提示は今後数年間に渡り必要になる見込みで、ワクチン未接種者の生活は非常に困難になるだろうと述べている。

また、西オーストラリア州のホテル隔離規則に関する変更も発表された。2回のワクチン接種を受けており、G2Gアプリを使用していれば、ホテル隔離の1日目と6日目に陰性のPCR結果であれば、8日目にホテルを離れ自宅などでの自主隔離を行うことができる。その後、9日目と12日目にPCR検査を受けて陰性だった場合、14日目に自主隔離を終了することができる。

シドニーの新たな市中感染者は92,264人(30,877 PCR検査、61,387 抗原検査キット)1月1日から昨日までの抗原検査キット陽性者数を含む。22人死亡。2,383人が入院中、182人が集中治療室で治療中、60人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,020人(PCR検査)。現在24人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は37,169人(20,326 PCR検査、16,843 抗原検査キット)、25人死亡。現在953人が入院中、111人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は14,914人(12,102 PCR検査、2,812 抗原検査キット)、6人死亡。現在530人が入院中、26人が集中治療室で治療中。クイーンズランド州政府は、州のワクチン接種率が90%に達するとされる1月15日より、国内すべての州からの入州に際する規制を解除することを発表した。

アデレードの新たな市中感染者は3,669人、4人死亡。現在225人が入院中、26人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,100人(253 PCR検査、847 抗原検査キット)。現在23人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は550人(PCR検査、抗原検査キット)。現在24人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、国内すべての州(ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州)をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月13日)
 

更新日:2022年1月12日(水)
▶パースの新たな市中感染者2人、初の感染経路不明の症例確認。他州からの感染者3人、海外からの感染者1人
▶西豪州政府、明日1月13日よりNT準州との州境規制さらに強化へ
▶シドニーの新たな市中感染者は34,759人(PCR検査)、21人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は40,127人(PCR検査、抗原検査キット)、21人死亡

1月12日(水)パースの新たな市中感染者2人。1人はパースでパンデミックの初期以来初めての感染経路不明の症例となる女性で、濃厚接触者の追跡と共に変異株のゲノム検査も行われている。1人は検疫ホテルHyattの警備員に関連する濃厚接触者ですでに隔離中。新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者3人、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は103人。入院者はなし、1148人が回復している。これまでの累計感染者数は1260人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は121人。検査結果合計数は2,145,877人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.3%、2回接種率は87.0%、16才以上の3回接種率は16.9%。

西オーストラリア州政府は、明日1月13日(木)よりノーザンテリトリー準州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)からExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。国内全州からの入州が非常に厳しく限定されることとなる。

シドニーの新たな市中感染者は34,759人(PCR検査)、21人死亡。2,242人が入院中、175人が集中治療室で治療中、54人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,078人(PCR検査)。現在23人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は40,127人(21,693 PCR検査、18,434 抗原検査キット)、21人死亡。現在946人が入院中、112人が集中治療室で治療中、31人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は22,069人(18,084 PCR検査、3,985 抗原検査キット)。現在525人が入院中、30人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,715人、7人死亡。現在190人が入院中、27人が集中治療室で治療中、6人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,583人(736 PCR検査、847 抗原検査キット)。現在22人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は352人(PCR検査、抗原検査キット)。現在28人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、ノーザンテリトリー準州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーとして特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、14日間の自主隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月12日)
 

更新日:2022年1月11日(火)
▶パースの新たな市中感染者4人、他州からの感染者10人、海外からの感染者1人
▶西豪州政府、新しい無料アプリ「ServiceWA」を発表
▶シドニーの新たな市中感染者は25,870人(PCR検査)、11人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は37,994人(PCR検査、抗原検査キット)、13人死亡

1月11日(火)パースの新たな市中感染者4人。1人は南オーストラリア州からのトラック運転手。2人は以前に発表された別のトラック運転手の濃厚接触者。1人はタスマニア州から到着した旅行者の家族で、パースで3例目となるオミクロン株の可能性が高いとされ、市中感染の広がりが懸念されている。引き続き、新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者10人、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は100人。入院者はなし、1145人が回復している。これまでの累計感染者数は1254人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は121人。検査結果合計数は2,141,065人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は94.1%、2回接種率は86.7%、16才以上の3回接種率は15.7%。

西オーストラリア州政府は、州境、国境閉鎖解除への安全な移行に向けて、新しい無料アプリ「ServiceWA」を発表した。イベントやスタジアムへの入場許可を可能にするワクチン証明や迅速な濃厚接触者の追跡を可能にするための「SafeWA」、G2Gパスシステムを兼ね備えている。アプリのセットアップには30分ほどを要するとされ、myGovIDへのログインやMedicareへのリンクが必要となっている。

シドニーの新たな市中感染者は25,870人(PCR検査)、11人死亡。2,186人が入院中、170人が集中治療室で治療中、51人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,508人(PCR検査)。現在28人が入院中、4人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は37,994人(19,491 PCR検査、18,503 抗原検査キット)、13人死亡。現在861人が入院中、117人が集中治療室で治療中、27人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は20,566人(16,380 PCR検査、4,186 抗原検査キット)、1人死亡。現在502人が入院中、27人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,921人、1人死亡。現在211人が入院中、22人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,379人(364 PCR検査、1,015 抗原検査キット)。現在18人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は594人(PCR検査、抗原検査キット)。現在32人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、ノーザンテリトリー準州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーとして特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、14日間の自主隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月11日)
 

更新日:2022年1月10日(月)
▶パースの新たな市中感染者3人、他州からの感染者4人、海外からの感染者1人
▶本日より5才~11才のワクチン接種が可能に
▶シドニーの新たな市中感染者は20,293人(PCR検査)、18人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は34,808人(PCR検査、抗原検査キット)、2人死亡

1月10日(月)パースの新たな市中感染者3人。1人はバックパッカー・クラスターの濃厚接触者。2人は自主隔離中の他州からの旅行者の濃厚接触者。

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者4人、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、すべて隔離中。現在の感染者数は89人。入院者はなし、1141人が回復している。これまでの累計感染者数は1239人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は121人。検査結果合計数は2,134,916人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は93.9%、2回接種率は86.3%、16才以上の3回接種率は14.5%。

シドニーの新たな市中感染者は20,293人(PCR検査)、18人死亡。2,030人が入院中、159人が集中治療室で治療中、47人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は938人(PCR検査)。現在25人が入院中、4人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は34,808人(17,618 PCR検査、17,190 抗原検査キット)、2人死亡。現在818人が入院中、118人が集中治療室で治療中、28人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は9,581人(5,867 PCR検査、3,714 抗原検査キット)。現在419人が入院中、21人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は4,024人、2人死亡。現在188人が入院中、21人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,218人(397 PCR検査、821 抗原検査キット)。現在17人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は403人(PCR検査、抗原検査キット)。現在26人が入院中、2人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、ノーザンテリトリー準州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーとして特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、14日間の自主隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月10日)
 

更新日:2022年1月9日(日)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州からの感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者は30,062人(PCR検査)、16人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は44,155人(PCR検査、抗原検査キット)、4人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は18,000人(PCR検査、抗原検査キット)。QLD州政府は州立小中高校の新学期開始日の2週間延期を発表

1月9日(日)パースの新たな市中感染者1人、バックパッカー・クラスターの濃厚接触者で隔離中だったため、市中での感染性は低いとされる。今回のクラスターによる感染者数は22人となった。西オーストラリア州の新たな感染者は、隔離中の国内他州からの旅行者1人。現在の感染者数は84人。入院者はなし、1138人が回復している。これまでの累計感染者数は1231人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は119人。検査結果合計数は2,123,251人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は93.5%、2回接種率は85.7%、16才以上の3回接種率は12.2%。

シドニーの新たな市中感染者は30,062人(PCR検査)、16人死亡。1,927人が入院中、151人が集中治療室で治療中、38人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,039人。現在27人が入院中、4人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は44,155人(22,104 PCR検査、22,051 抗原検査キット)、4人死亡。現在752人が入院中、104人が集中治療室で治療中、23人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は18,000人(13,680 PCR検査、4,320 抗原検査キット)。現在380人が入院中、22人が集中治療室で治療中。クイーンズランド州政府は、州立の小中高校の新学期開始日を1月24日から2月7日に2週間延期することを発表した。

アデレードの新たな市中感染者は4,506人、1人死亡。現在176人が入院中、18人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,406人。現在15人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は481人。現在24人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、ノーザンテリトリー準州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーとして特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、14日間の自主隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月9日)
 

更新日:2022年1月8日(土)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州、海外からの感染者7人
▶西豪州政府、1月9日よりNT準州との州境規制さらに強化へ
▶シドニーの新たな市中感染者は45,098人(PCR検査)、過去最多。9人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は51,356人(PCR検査、抗原検査キット)、過去最多。9人死亡

1月8日(土)パースの新たな市中感染者1人、他州からの旅行者の濃厚接触者。西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州、海外からの旅行者7人、パース市内のホテルまたは自宅で隔離検疫中。現在の感染者数は86人。入院者はなし、1134人が回復している。これまでの累計感染者数は1229人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は119人。検査結果合計数は2,123,251人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は93.5%、2回接種率は85.7%、16才以上の3回接種率は12.2%。

西オーストラリア州政府は、1月9日(日)よりノーザンテリトリー準州をMedium Risk(感染状況を注視している州)からHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は45,098人(PCR検査)、9人死亡。1,795人が入院中、145人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は1,305人。現在24人が入院中、5人が集中治療室で治療中、4人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は51,356人(24,928 PCR検査、26,428 抗原検査キット)、9人死亡。現在644人が入院中、106人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は11,174人、2人死亡。現在349人が入院中、17人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は4,274人、5人死亡。現在164人が入院中、16人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は2,223人。現在10人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は594人。現在17人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月8日)
 

更新日:2022年1月7日(金)
▶パースの新たな市中感染者なし、他州からの感染者3人、海外からの感染者3人
▶パース、ピール地方の屋内施設のマスク着用義務解除。引き続き公共交通機関や病院訪問時にはマスク着用が必要
▶シドニーの新たな市中感染者は38,625人、過去最多。11人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は21,728人、6人死亡

1月7日(金)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者3人、海外からの帰国者3人、パース市内のホテルで隔離検疫中。現在の感染者数は79人。入院者はなし、1133人が回復している。これまでの累計感染者数は1221人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は118人。検査結果合計数は2,123,251人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は93.5%、2回接種率は85.7%、16才以上の3回接種率は12.2%。

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方における屋内公共施設でのマスク着用義務を本日1月7日(金)午後6時で解除することを発表した。引き続き公共交通機関やタクシーの乗車時、病院や介護施設の訪問時にはマスク着用が必要となる。

シドニーの新たな市中感染者は38,625人、11人死亡。1,738人が入院中、134人が集中治療室で治療中、33人が人工呼吸器を使用している。感染者急増に伴い、ニューサウスウェールズ州政府は、待機的手術の延期や結婚式以外でのダンス禁止などの規制を発表した。

キャンベラの新たな市中感染者は1,246人。現在24人が入院中、3人が集中治療室で治療中、3人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は21,728人、6人死亡。現在644人が入院中、58人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は10,953人。現在313人が入院中、14人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,707人、2人死亡。現在144人が入院中、16人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は1,489人。現在8人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は412人。現在19人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、オーストラリア首都特別地域とタスマニア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。1月8日(土)よりオーストラリア首都特別地域とタスマニア州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)からExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げることを発表している。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月7日)
 

更新日:2022年1月6日(木)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州からの感染者6人、海外からの感染者2人
▶シドニーの新たな市中感染者は34,994人、6人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は21,997人、6人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は10,332人、1人死亡
▶感染者数急増で、医療や検査施設の逼迫と大手スーパーではトラック運転手の不足で供給不足に

1月6日(木)パースの新たな市中感染者1人。昨日発表された検疫ホテルHyatt警備員の濃厚接触者。引き続き、新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月7日(金)午後6時まで延長することを発表した。レストランやバーの着席サービスやナイトクラブ、イベントに関しては、ワクチン接種証明の提示を条件に再開されている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者6人、海外からの帰国者2人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は74人。入院者はなし、1133人が回復している。これまでの累計感染者数は1215人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は118人。検査結果合計数は2,116,726人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン1回接種率は93.2%、2回接種率は85.4%、16才以上の3回接種率は11.0%。

オーストラリア国内の感染者数は、連日過去最多を更新しており、シドニーやメルボルン、ブリスベンなど感染者数が急増している都市では、入院者数も急増していることから、医療や検査施設の逼迫や人手不足も深刻になっている。チャイルドケアセンターの閉鎖やトラック運転手の不足による大手スーパーの供給不足なども報じられている。西オーストラリア州を除くすべての州と準州のColesスーパーマーケットでは購入制限が再導入されている。

シドニーの新たな市中感染者は34,994人、6人死亡。1,609人が入院中、131人が集中治療室で治療中、38人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は992人。現在20人が入院中、2人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は21,997人、6人死亡。現在631人が入院中、51人が集中治療室で治療中、22人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は10,332人、1人死亡。現在284人が入院中、12人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,070人。現在123人が入院中、12人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は751人。現在5人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は256人。現在23人が入院中、2人が集中治療室で治療中。感染者数が昨日に比べて倍増していることから、ノーザンテリトリー準州すべての地域で本日より1月10日(月)までロックアウトの措置を行うことを発表した。ワクチン未接種者は行動を制限されることになる。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、オーストラリア首都特別地域とタスマニア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。1月8日(土)よりオーストラリア首都特別地域とタスマニア州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)からExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げることを発表している。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月6日)
 

更新日:2022年1月5日(水)
▶パースの新たな市中感染者5人、他州、海外からの感染者11人
▶パースで初のオミクロン株感染と確認
▶西豪州政府、1月8日よりACTとTAS州との州境規制さらに強化へ
▶シドニーの新たな市中感染者35,054人、過去最多。8人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は17,636人、11人死亡

1月5日(水)パースの新たな市中感染者5人。3人はバックパッカー・クラスターに関連している。今回のクラスターによる感染者数は21人となった。そして、1人は検疫ホテルHyattの警備員で毎日の定期検査で陽性が確認され、感染経路は調査中。1人は他州からの旅行者の濃厚接触者で、昨日すでに発表されている。また、1月2日に陽性が確認された検疫ホテルPan Pacificの警備員は、パース初のオミクロン株感染であることが確認された。引き続き、新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月7日(金)午後6時まで延長することを発表した。レストランやバーの着席サービスやナイトクラブ、イベントに関しては、ワクチン接種証明の提示を条件に再開されている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、海外と国内他州からの旅行者11人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は68人。入院者はなし、1128人が回復している。これまでの累計感染者数は1206人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は116人。検査結果合計数は2,108,551人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は85.0%、1回接種率は92.9%。

西オーストラリア州政府は、1月8日(土)よりオーストラリア首都特別地域とタスマニア州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)からExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は35,054人、8人死亡。1,491人が入院中、119人が集中治療室で治療中、32人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は810人。現在16人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は17,636人、11人死亡。現在591人が入院中、53人が集中治療室で治療中、20人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は6,731人。現在265人が入院中、10人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,492人。現在125人が入院中、12人が集中治療室で治療中。

ホバートの新たな市中感染者は867人。現在5人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は117人。現在21人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、オーストラリア首都特別地域とタスマニア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月5日)
 

更新日:2022年1月4日(火)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州からの感染者11人、海外からの感染者3人
▶シドニーの新たな市中感染者23,131人、過去最多。2人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は14,020人、2人死亡

1月4日(火)パースの新たな市中感染者1人、パースのパブLucky Shagのスタッフで、デルタ株のバックパッカー・クラスターに関連していると考えられている。新たに感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月7日(金)午後6時まで延長することを発表した。レストランやバーの着席サービスやナイトクラブ、イベントに関しては、ワクチン接種証明の提示を条件に再開されている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者11人、海外からの帰国者3人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は54人。入院者はなし、1121人が回復している。これまでの累計感染者数は1191人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は116人。検査結果合計数は2,085,658人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.6%、1回接種率は92.7%。

シドニーの新たな市中感染者は23,131人、2人死亡。1,344人が入院中、105人が集中治療室で治療中、27人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は926人。現在13人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は14,020人、2人死亡。現在516人が入院中、56人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は5,699人。現在170人が入院中、11人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は3,246人。現在102人が入院中、12人が集中治療室で治療中。

ホバートの新たな市中感染者は702人。現在3人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は75人。現在24人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、オーストラリア首都特別地域とタスマニア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月4日)
 

更新日:2022年1月3日(月・祝日)
▶パースの新たな市中感染者2人、他州からの感染者4人、海外からの感染者2人
▶パースで初のオミクロン株感染の可能性
▶屋内施設でのマスク着用義務を1月7日(金)まで延長
▶明日よりナイトクラブやイベントへの参加はワクチン接種証明が必要に
▶シドニーの新たな市中感染者20,794人、4人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は8,577人、3人死亡

1月3日(月・祝日)パースの新たな市中感染者2人、バックパッカーのクラスターに関連しており、今回のクラスターによる感染者数は18人となった。また、昨日陽性が確認された検疫ホテルPan Pacificの警備員は、現在ゲノム検査中であるが、パース初のオミクロン株感染となる可能性が高いとされる。引き続き感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月7日(金)午後6時まで延長することを発表した。レストランやバーの着席サービスやナイトクラブ、イベントに関しては、ワクチン接種証明の提示を条件に再開される。

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者4人、海外からの帰国者2人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は45人。入院者はなし、1121人が回復している。これまでの累計感染者数は1176人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は116人。検査結果合計数は2,085,658人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.5%、1回接種率は92.0%。

シドニーの新たな市中感染者は20,794人、4人死亡。1,204人が入院中、95人が集中治療室で治療中、25人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は514人。現在11人が入院中、2人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は8,577人、3人死亡。現在491人が入院中、56人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は4,249人。現在147人が入院中、10人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,552人。現在94人が入院中、9人が集中治療室で治療中。

ホバートの新たな市中感染者は466人。現在2人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は58人。現在21人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、オーストラリア首都特別地域とタスマニア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、到着24時間前のPCR検査陰性証明、14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月3日)
 

更新日:2022年1月2日(日)
▶パースの新たな市中感染者1人、他州からの感染者3人、海外からの感染者3人
▶シドニーの新たな市中感染者18,278人、2人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は7,172人、3人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は3,587人
▶アデレードの新たな市中感染者は2,298人

1月2日(日)パースの新たな市中感染者1人。検疫ホテルPan Pacificの警備員が毎日の定期検査で陽性が確認された。感染経路は調査中で、変異体に関するゲノム検査も行われている。感染者が訪れた場所が公表されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、国内他州からの旅行者3人、海外からの帰国者3人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は39人。入院者はなし、1119人が回復している。これまでの累計感染者数は1168人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は116人。検査結果合計数は2,085,658人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.3%、1回接種率は92.0%。

シドニーの新たな市中感染者は18,278人、2人死亡。1,066人が入院中、83人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は506人。現在9人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

メルボルンの新たな市中感染者は7,172人、3人死亡。現在472人が入院中、52人が集中治療室で治療中、22人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は3,587人。現在112人が入院中、5人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,298人。現在82人が入院中、7人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は404人。現在3人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は95人。現在26人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。また、1月3日よりオーストラリア首都特別地域とタスマニア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)からHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き上げることを発表している。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月2日)
 

更新日:2022年1月1日(土)
▶パースの新たな市中感染者2人、海外からの感染者1人
▶西豪州政府、1月3日よりACTとTAS州との州境規制さらに強化へ
▶シドニーの新たな市中感染者22,577人、過去最多更新、4人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は7,442人、9人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は2,266人
▶アデレードの新たな市中感染者は2,108人

1月1日(土)パースの新たな市中感染者2人。すでに陽性が確認されている感染者の濃厚接触者。今回のクラスターによる感染者数は16人となった。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されている。

西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は35人。入院者はなし、1117人が回復している。これまでの累計感染者数は1161人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は116人。検査結果合計数は2,085,658人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.3%、1回接種率は92.0%。

西オーストラリア州政府は、1月3日よりオーストラリア首都特別地域とタスマニア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)からHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は22,577人、4人死亡。901人が入院中、79人が集中治療室で治療中、26人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は448人。現在9人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は7,442人、9人死亡。現在451人が入院中、51人が集中治療室で治療中、21人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は2,266人。現在80人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

アデレードの新たな市中感染者は2,108人。現在71人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は428人。現在2人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は54人。現在21人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/2022年1月1日)
 
 
関連記事:<パース発2021年12月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年11月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年10月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年9月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年8月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年7月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年6月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年5月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年4月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年3月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年2月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年1月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年12月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年11月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年10月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年9月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年8月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年7月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年6月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年3月~5月の感染者数>
関連記事:<【新型コロナウイルス関連】パース発2020年3月~5月の記録>







関連記事

  • 【新型コロナウイルス関連】2022年6月26日<パース発2022年6月の感染者数>

    くらし:ニュース
  • 第26回参議院議員通常選挙における在外投票の実施について

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】2022年5月31日<パース発2022年5月の感染者数>

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】2022年4月30日<パース発2022年4月の感染者数>

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】西豪州でもついに規制緩和措置によりマスクの着用義務が撤廃

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】4月9日~のスクールホリデーに臨時ワクチン接種会場が設置。特典やアクティビティも併設。

    くらし:ニュース