オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

【新型コロナウイルス関連】2021年8月31日更新<パース発2021年8月の感染者数>

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

ここでは、オーストラリア、西オーストラリア州の新型コロナウイルス感染者数についての最新情報をお届けします。紹介の情報と共に、本サイトのトップページの「お知らせ【新型コロナウイルスのパース発最新情報】」には、新型コロナウイルス(COVID-19)の情報がまとめて掲載されています。
 

更新日:2021年8月31日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶今年のAFLグランドファイナル会場はパースに決定
▶シドニーの新たな市中感染者1164人、3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は13人、ロックダウン2週間延長を発表
▶メルボルンの新たな市中感染者は76人、2人死亡

8月31日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は19人、入院者はなし、1058人が回復している。これまでの累計感染者数は1086人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,655,204人。

メルボルンのMCGで行われている恒例のAFLグランドファイナルが、今年はロックダウン中のメルボルンに代わり、パーススタジアムで9月25日(土)に開催されることが発表された。マーク・マガウワン西豪州首相は、西オーストラリア州にとって歴史的な瞬間となる大変素晴らしい決定であり、観光業にとっても喜ばしいことであるが、非常に厳格な規則を施行しなければならないと述べている。

シドニーの新たな市中感染者は1164人。50代女性、80代男性、90代男性の3人が死亡。現在871人が入院中、143人が集中治療室で治療中、58人が人工呼吸器を使用している。シドニー周辺地域のロックダウンはさらに9月末まで延長しており、合わせて14週間におよぶことになる。夜間外出禁止令も発令されている。

キャンベラの新たな市中感染者は13人。現在13人が入院中、3人が集中治療室で治療している。オーストラリア首都特別地域は、9月17日までロックダウンをさらに2週間延長すると発表し、合わせて5週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は76人。40代、60代の女性2人が自宅で死亡。現在52人が入院中、16人が集中治療室で治療中、15人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。夜間外出禁止令も発令されている。

西オーストラリア州政府は、ニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げ、ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。

また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域、ニュージーランドとの州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。クイーンズランド州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月31日)
 

更新日:2021年8月30日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者1290人、過去最多更新。4人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は12人
▶メルボルンの新たな市中感染者は73人

8月30日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は26人、入院者はなし、1051人が回復している。これまでの累計感染者数は1086人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,650,000人。

シドニーの新たな市中感染者は1290人、過去最多更新。50代男性、60代女性、70代男性2人の4人が死亡。現在840人が入院中、137人が集中治療室で治療中、48人が人工呼吸器を使用している。シドニー周辺地域のロックダウンはさらに9月末まで延長しており、合わせて14週間におよぶことになる。夜間外出禁止令も発令されている。

キャンベラの新たな市中感染者は12人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は73人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。夜間外出禁止令も発令されている。

西オーストラリア州政府は、ニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げ、ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。

また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域、ニュージーランドとの州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。クイーンズランド州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月30日)
 

更新日:2021年8月29日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者1218人、過去最多更新。6人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は13人
▶メルボルンの新たな市中感染者は92人

8月29日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は26人、入院者はなし、1051人が回復している。これまでの累計感染者数は1086人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,639,343人。

シドニーの新たな市中感染者は1218人、過去最多更新。70代3人、80代3人の合わせて6人が死亡。現在813人が入院中、126人が集中治療室で治療中、54人が人工呼吸器を使用している。シドニー周辺地域のロックダウンはさらに9月末まで延長しており、合わせて14週間におよぶことになる。夜間外出禁止令も発令されている。

キャンベラの新たな市中感染者は13人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は92人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。夜間外出禁止令も発令されている。

西オーストラリア州政府は、ニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げ、ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。

また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域、ニュージーランドとの州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。クイーンズランド州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月29日)
 

更新日:2021年8月28日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者1035人、過去最多更新。2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は26人
▶メルボルンの新たな市中感染者は64人

8月28日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、昨日発表のシドニーからのトラック運転手2人。西オーストラリア州の現在の感染者数は26人、入院者はなし、1051人が回復している。これまでの累計感染者数は1086人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,639,343人。

シドニーの新たな市中感染者は1035人、過去最多更新。70代、80代女性の2人が死亡。現在778人が入院中、125人が集中治療室で治療中、52人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、昨日記録的な15万人以上の人が新型コロナのワクチン接種を受け、65.4%の州民が少なくとも1回の接種を行ったと発表し、9月3日より5人のゲストが結婚式に参列できるという規制緩和を行う計画も伝えた。シドニー周辺地域のロックダウンはさらに9月末まで延長しており、合わせて14週間におよぶことになる。また、8月23日(月)より夜間外出禁止令も発令されている。

キャンベラの新たな市中感染者は26人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は64人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

西オーストラリア州政府は、ニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げ、ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。

また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域、ニュージーランドとの州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。クイーンズランド州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月28日)
 

更新日:2021年8月27日(金)
▶パースで新たな市中感染者2人・シドニーからのトラック運転手
▶シドニーの新たな市中感染者882人、2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は21人
▶メルボルンの新たな市中感染者は79人

8月27日(金曜日)パースの新たな市中感染者2人(感染者数としては明日の数字にカウントされる)。23才と29才のシドニーからのトラック運転手2人の陽性が確認された。この2人はニューサウスウェールズ州からビクトリア州と南オーストラリア州を経由し、西オーストラリア州に入州した。SA州とWA州の州境検問所、Norseman、Widgiemooltha、Yellowdine、Southern Crossのガソリンスタンドに立ち寄っているが、最小限の接触にとどまっているとみられ、市中感染拡大のリスクは非常に低いと西オーストラリア州政府は発表を行っている。現在この2人は検疫ホテルに移送されている。

西オーストラリア州の現在の感染者数は24人、入院者はなし、1051人が回復している。これまでの累計感染者数は1084人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,639,343人。

シドニーの新たな市中感染者は882人。60代、90代男性の2人が死亡。現在761人が入院中、116人が集中治療室で治療中、47人が人工呼吸器を使用している。シドニー周辺地域のロックダウンはさらに9月末まで延長しており、合わせて14週間におよぶことになる。また、8月23日(月)より夜間外出禁止令も発令されている。

キャンベラの新たな市中感染者は21人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は79人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

西オーストラリア州政府は、ニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げ、ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。

また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域、ニュージーランドとの州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。クイーンズランド州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月27日)
 

更新日:2021年8月26日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者1029人、過去最多更新。3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は14人
▶メルボルンの新たな市中感染者は80人

8月26日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は24人、入院者はなし、1051人が回復している。これまでの累計感染者数は1084人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,635,573人。

シドニーの新たな市中感染者は1029人。30代、60代、80代男性の3人が死亡。現在689人が入院中、116人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。シドニー周辺地域のロックダウンはさらに9月末まで延長しており、合わせて14週間におよぶことになる。また、8月23日(月)より夜間外出禁止令も発令されている。

キャンベラの新たな市中感染者は14人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は80人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

西オーストラリア州政府は、ニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げ、ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。

また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域、ニュージーランドとの州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。クイーンズランド州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月26日)
 

更新日:2021年8月25日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、SA州とQLD州との州境規制緩和
▶西豪州政府、ニュージーランドとの州境閉鎖
▶西豪州政府、NSW州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げ
▶シドニーの新たな市中感染者919人、過去最多更新。2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は9人
▶メルボルンの新たな市中感染者は45人

8月25日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、昨日発表のフリーマントル港に停泊中の貨物船乗組員20人。西オーストラリア州の現在の感染者数は24人、入院者はなし、1051人が回復している。これまでの累計感染者数は1084人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,630,167人。

西オーストラリア州政府は、本日深夜より南オーストラリア州とクイーンズランド州との州境規制緩和を発表した。南オーストラリア州からは、14日間の自主隔離を行う必要なく入州が可能になる。またクイーンズランド州からは、入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離は必要となる。

シドニーの新たな市中感染者は919人。昨日、自宅で発見された30代女性と80代男性の2人が死亡。現在645人が入院中、113人が集中治療室で治療中、34人が人工呼吸器を使用している。シドニー周辺地域のロックダウンはさらに9月末まで延長しており、合わせて14週間におよぶことになる。また、8月23日(月)より夜間外出禁止令も発令されている。

キャンベラの新たな市中感染者は9人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は45人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

ニュージーランドの新たな市中感染者は62人、合わせて210人に拡大している。全土で行われているロックダウンはさらに8月27日まで延長し、オークランドのロックダウンは8月31日まで延長されている。西オーストラリア州政府は、本日深夜よりニュージーランドとの州境閉鎖を発表。州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。

西オーストラリア州政府は、本日深夜よりニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げられる。ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。

また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域、ニュージーランドとの州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。クイーンズランド州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月25日)
 

更新日:2021年8月24日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶フリーマントル港の貨物船乗組員20人陽性
▶シドニーの新たな市中感染者753人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は30人
▶メルボルンの新たな市中感染者は50人

8月24日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者はなし、1051人が回復している。これまでの累計感染者数は1064人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,624,900人。

フリーマントル港に停泊している貨物船の22人の乗組員のうち20人が新型コロナウイルス陽性であると確認された(感染者数としては明日の数字にカウントされる)。西オーストラリア州政府は、乗組員を下船させず、船内に留まったまま、必要に応じて医療支援を行っていく方針。

シドニーの新たな市中感染者は753人。30代女性が自宅で死亡しているのが発見された。現在608人が入院中、107人が集中治療室で治療中、34人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州首相は、ワクチン接種が600万回分に達し、州人口の60%が少なくとも1回の接種を受けたことに相当すると述べ、今後、完全にワクチン接種を終えた人を対象に制限が緩和される計画があるとしている。シドニー周辺地域のロックダウンはさらに9月末まで延長しており、合わせて14週間におよぶことになる。また、8月23日(月)より夜間外出禁止令も発令されている。

キャンベラの新たな市中感染者は30人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は50人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

西オーストラリア州政府は、8月26日(木)よりニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表した。ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月24日)
 

更新日:2021年8月23日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者818人、3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は16人
▶メルボルンの新たな市中感染者は71人

8月23日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は海外からの帰国者1人、20代女性、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者はなし、1051人が回復している。これまでの累計感染者数は1064人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,618,478人。

シドニーの新たな市中感染者は818人。80代の女性1人と男性2人の3人が死亡。現在586人が入院中、100人が集中治療室で治療中、32人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンをさらに9月末まで延長すると発表しており、シドニー周辺地域のロックダウンは合わせて14週間におよぶことになる。また、8月23日(月)より夜間外出禁止令が発令される。

キャンベラの新たな市中感染者は16人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は71人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

西オーストラリア州政府は、8月26日(木)よりニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表した。ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月23日)
 

更新日:2021年8月22日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者830人、過去最多更新。3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は19人
▶メルボルンの新たな市中感染者は65人

8月22日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者はなし、1050人が回復している。これまでの累計感染者数は1063人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,606,993人。

シドニーの新たな市中感染者は830人、過去最多更新。60代男性、70代男性、80代女性の3人が死亡。現在550人が入院中、100人が集中治療室で治療中、31人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンをさらに9月末まで延長すると発表した。シドニー周辺地域のロックダウンは合わせて14週間におよぶことになる。また、8月23日(月)より夜間外出禁止令を発令すると発表した。

キャンベラの新たな市中感染者は19人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は65人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

西オーストラリア州政府は、8月26日(木)よりニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表した。ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月22日)
 

更新日:2021年8月21日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者825人、過去最多更新。3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は8人
▶メルボルンの新たな市中感染者は61人

8月21日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者はなし、1050人が回復している。これまでの累計感染者数は1063人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,606,993人。

シドニーの新たな市中感染者は825人、過去最多更新。80代男性と90代男性と女性の3人が死亡。現在516人が入院中、85人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンをさらに9月末まで延長すると発表した。シドニー周辺地域のロックダウンは合わせて14週間におよぶことになる。また、8月23日(月)より夜間外出禁止令を発令すると発表した。

キャンベラの新たな市中感染者は8人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は61人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

ニュージーランドの新たな市中感染者は21人。全土で行われているロックダウンを4日間延長しており、合わせて7日間となる。

西オーストラリア州政府は、8月26日(木)よりニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表した。ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月21日)
 

更新日:2021年8月20日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、NSW州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表
▶シドニーの新たな市中感染者644人、4人死亡。シドニーのロックダウンさらに9月末まで延長、8月23日(月)より夜間外出禁止令を発表
▶キャンベラの新たな市中感染者は12人
▶メルボルンの新たな市中感染者は55人
▶ニュージーランド全土のロックダウン4日間延長を発表

8月20日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は海外からの帰国者1人、20代男性、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者はなし、1050人が回復している。これまでの累計感染者数は1063人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,606,993人。

シドニーの新たな市中感染者は644人。70代と80代の4人が死亡。現在470人が入院中、80人が集中治療室で治療中、27人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンをさらに9月末まで延長すると発表した。シドニー周辺地域のロックダウンは合わせて14週間におよぶことになる。また、8月23日(月)より夜間外出禁止令を発令すると発表した。

キャンベラの新たな市中感染者は12人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は55人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

ニュージーランドの新たな市中感染者は11人、合わせて31人となった。全土で行われているロックダウンを4日間延長すると発表。合わせて7日間となる。

西オーストラリア州政府は、8月26日(木)よりニューサウスウェールズ州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表した。ニューサウスウェールズ州からの入州はさらに厳しくなり、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月20日)
 

更新日:2021年8月19日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者681人、過去最多更新。1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は16人
▶メルボルンの新たな市中感染者は57人

8月19日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、入院者はなし、1050人が回復している。これまでの累計感染者数は1062人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,601,649人。

シドニーの新たな市中感染者は681人、過去最多更新。80代男性が1人死亡。現在474人が入院中、82人が集中治療室で治療中、25人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州では、昨日11万回分のワクチン接種が行われ、人口の53%が1回目のワクチン接種を行っていると発表した。現在、ニューサウスウェールズ州内全域でロックダウンが行われており、5kmの移動制限や規則違反への罰金を5000ドルに引き上げるなど厳しい罰則も発表されている。シドニー周辺地域のロックダウンは8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

キャンベラの新たな市中感染者は16人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は57人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

ダーウィンで市中感染者はなし。ノーザンテリトリー準州政府は、ダーウィン周辺地域で3日間ロックダウンは解除されると発表。

ブリスベンの新たな市中感染者はなし。

ニュージーランドの新たな市中感染者は11人。全土で3日間ロックダウンの2日目。感染者が確認されたオークランドでは7日間ロックダウンが行われている。

西オーストラリア州政府は、ニューサウスウェールズ州から入州する場合は、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月19日)
 

更新日:2021年8月18日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者633人、過去最多。3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は22人
▶メルボルンの新たな市中感染者は24人

8月18日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は海外からの帰国者1人、20代男性、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、入院者はなし、1050人が回復している。これまでの累計感染者数は1062人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,596,064人。

シドニーの新たな市中感染者は633人、過去最多。60代男性1人と70代男性2人が死亡。現在462人が入院中、77人が集中治療室で治療中、25人が人工呼吸器を使用している。現在、ニューサウスウェールズ州内全域でロックダウンが行われており、5kmの移動制限や規則違反への罰金を5000ドルに引き上げるなど厳しい罰則も発表されている。昨日は736件の罰則違反を取り締まっている。シドニー周辺地域のロックダウンは8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

キャンベラの新たな市中感染者は22人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は24人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

ダーウィンで市中感染者はなし。ノーザンテリトリー準州政府は、ダーウィン周辺地域で3日間ロックダウンの2日目。

ブリスベンの新たな市中感染者はなし。

ニュージーランドの新たな市中感染者は6人。全土で3日間ロックダウンの1日目。感染者が確認されたオークランドでは7日間ロックダウンが行われている。

西オーストラリア州政府は、ニューサウスウェールズ州から入州する場合は、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要としている。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月18日)
 

更新日:2021年8月17日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者452人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は17人
▶メルボルンの新たな市中感染者は24人
▶ニュージーランド全土で3日間のロックダウン発表

8月17日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、入院者は1人、1049人が回復している。これまでの累計感染者数は1061人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,591,555人。

西オーストラリア州政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種の対象を拡大し、16才~29才の人も予約可能になることを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は452人、このうち54人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。ワクチン未接種の70代女性が1人死亡。現在447人が入院中、69人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。現在、ニューサウスウェールズ州内全域でロックダウンが行われており、5kmの移動制限や規則違反への罰金を5000ドルに引き上げるなど厳しい罰則も発表されている。シドニー周辺地域のロックダウンは8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

キャンベラの新たな市中感染者は17人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長しており、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は24人。ビクトリア州政府は、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長しており、合わせて4週間となる。また夜間外出禁止令も発令されている。

ダーウィンで市中感染者はなし。ノーザンテリトリー準州政府は、ダーウィン周辺地域で3日間ロックダウンの1日目。

ブリスベンの新たな市中感染者は1人、すでに自主隔離中で感染性の可能性はなし。

ニュージーランド政府は、新たな市中感染者が1人確認されたとし、全土で3日間のロックダウンを発表。感染者が確認されたオークランドでは7日間のロックダウンが行われる。

西オーストラリア州政府は、新たな州境規制を発表し、8月17日(火)よりニューサウスウェールズ州から入州する場合は、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要となる。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月17日)
 

更新日:2021年8月16日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者478人、過去最多。10代含む8人死亡
▶キャンベラのロックダウン2週間延長を発表
▶メルボルンのロックダウン2週間延長、夜間外出禁止令を発表
▶ダーウィンで市中感染者1人、3日間ロックダウン発表

8月16日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は海外からの帰国者2人、10代と20代女性、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者は1人、1048人が回復している。これまでの累計感染者数は1061人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は101人。検査結果合計数は1,586,900人。

シドニーの新たな市中感染者は478人、このうち91人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。肺炎球菌性髄膜炎と新型コロナウイルスに陽性だった15才の少年、40代男性、70代の男性、女性3人、80代男性、女性の8人が死亡。現在391人が入院中、66人が集中治療室で治療中、28人が人工呼吸器を使用している。現在、ニューサウスウェールズ州内全域でロックダウンが行われており、5kmの移動制限や規則違反への罰金を5000ドルに引き上げるなど厳しい罰則も発表されている。シドニー周辺地域のロックダウンは8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

キャンベラの新たな市中感染者は19人。オーストラリア首都特別地域は、9月2日までロックダウンを2週間延長すると発表、合わせて3週間となる。

メルボルンの新たな市中感染者は22人。ビクトリア州政府は、感染経路不明者が多数いるため、9月2日までロックダウンをさらに2週間延長すると発表、合わせて4週間となる。また今夜より夜間外出禁止令も発令された。

ダーウィンで市中感染者1人が確認された。ノーザンテリトリー準州政府は、3日間ロックダウンを発表した。

ブリスベンの新たな市中感染者はなし。

西オーストラリア州政府は、新たな州境規制を発表し、8月17日(火)よりニューサウスウェールズ州から入州する場合は、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要となる。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月16日)
 

更新日:2021年8月15日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者415人、4人死亡

8月15日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、入院者は2人、1047人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は100人。検査結果合計数は1,576,776人。

シドニーの新たな市中感染者は415人、このうち66人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。50代、70代、80代の女性、80代の男性の4人が死亡。現在381人が入院中、62人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。現在、ニューサウスウェールズ州内全域でロックダウンが行われており、5kmの移動制限や規則違反への罰金を5000ドルに引き上げるなど厳しい罰則も発表されている。シドニー周辺地域のロックダウンは8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

メルボルンの新たな市中感染者は25人。ビクトリア州政府は、8月19日までロックダウンを1週間延長すると発表、合わせて2週間となる。

ブリスベンの新たな市中感染者はなし。

キャンベラの新たな市中感染者は2人。オーストラリア首都特別地域は7日間のロックダウンの3日目。

西オーストラリア州政府は、新たな州境規制を発表し、8月17日(火)よりニューサウスウェールズ州から入州する場合は、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要となる。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月15日)
 

更新日:2021年8月14日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者466人、過去最多更新。4人死亡
▶NSW州全域のロックダウンを発表、規則違反の罰金5000ドルに引き上げ

8月14日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、入院者は1人、1047人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は100人。検査結果合計数は1,576,776人。

シドニーの新たな市中感染者は466人、過去最多更新。このうち60人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。40代と70代の女性、70代と80代の男性、4人が死亡。現在378人が入院中、64人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州首相は、パンデミックの開始以来、「最悪の日」であると述べ、本日17時より州内すべての地域でのロックダウンを行うことを発表した。また5kmの移動制限や規則違反への罰金を5000ドルに引き上げるなど厳しい罰則も追加で発表している。シドニー周辺地域のロックダウンは8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

メルボルンの新たな市中感染者は21人。ビクトリア州政府は、8月19日までロックダウンを1週間延長すると発表、合わせて2週間となる。

ブリスベンの新たな市中感染者は6人、すべて自主隔離中で感染性の可能性はなし。

キャンベラの新たな市中感染者は1人。オーストラリア首都特別地域は7日間のロックダウンの2日目。

西オーストラリア州政府は、新たな州境規制を発表し、8月17日(火)よりニューサウスウェールズ州から入州する場合は、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要となる。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月14日)
 

更新日:2021年8月13日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者390人、過去最多更新。2人死亡
▶西豪州政府発表、NSW州から入州する際には少なくとも1回のワクチン接種と72時間前のPCR検査を義務付け。ACT地域との州境も閉鎖。SA州からは入州可能になるが14日間の自主隔離は必要

8月13日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者は1人、1046人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は100人。検査結果合計数は1,576,776人。

シドニーの新たな市中感染者は390人、このうち58人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。ワクチン未接種の40代女性とワクチン接種済みの90代男性が2人死亡。現在391人が入院中、63人が集中治療室で治療中、30人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

メルボルンの新たな市中感染者は15人。ビクトリア州政府は、8月19日までロックダウンを1週間延長すると発表、合わせて2週間となる。

ブリスベンの新たな市中感染者は7人、すべて自主隔離中で感染性の可能性はなし。

キャンベラの新たな市中感染者は2人。オーストラリア首都特別地域は7日間のロックダウンの1日目。

西オーストラリア州政府は、新たな州境規制を発表し、8月17日(火)よりニューサウスウェールズ州から入州する場合は、特別な免除許可を得た上で、少なくとも1回の新型コロナワクチン接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明が必要となる。
また、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域との州境を閉鎖し、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。南オーストラリア州からは入州が可能になるが、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月13日)
 

更新日:2021年8月12日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者345人、2人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者21人
▶キャンベラも7日間ロックダウン発表

8月12日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者は1人、1046人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は100人。検査結果合計数は1,572,501人。

シドニーの新たな市中感染者は345人、このうち57人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。90代男性が2人死亡、1人はファイザー製のワクチンを2回接種済みだった。現在374人が入院中、62人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

メルボルンの新たな市中感染者は21人。ビクトリア州政府は、8月19日までロックダウンを1週間延長すると発表、合わせて2週間となる。

ブリスベンの新たな市中感染者は10人、すべて自主隔離中で感染性の可能性はなし。

キャンベラでも20代男性の陽性者が確認され、オーストラリア首都特別地域は7日間のロックダウンを発表した。その後、最初に確認された陽性者の濃厚接触者3人の陽性も確認され、4人に拡大している。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月12日)
 

更新日:2021年8月11日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者344人、2人死亡。郊外地域も新たにロックダウン発表
▶メルボルンの新たな市中感染者20人、ロックダウン1週間延長

8月11日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者は1人、1046人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は100人。検査結果合計数は1,568,340人。

シドニーの新たな市中感染者は344人、このうち65人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。30代と90代男性の2人が死亡。現在374人が入院中、62人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。また、郊外地域への感染拡大も懸念されており、ダボー地域、ウォルゲット地域などのロックダウンも新たに発表されている。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

メルボルンの新たな市中感染者は20人。ビクトリア州政府は、8月19日までロックダウンを1週間延長すると発表、合わせて2週間となる。

ブリスベンの新たな市中感染者は4人、すべて自主隔離中で感染性の可能性はなし。クイーンズランド州政府は、ケアンズ周辺地域の3日間ロックダウンは予定通り本日4時に解除されると発表。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月11日)
 

更新日:2021年8月10日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者356人、過去最多。3人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者20人

8月10日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は4人、入院者は1人、1046人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は100人。検査結果合計数は1,558,745人。

シドニーの新たな市中感染者は356人、過去最多。3人が死亡。現在357人が入院中、60人が集中治療室で治療中、28人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

メルボルンの新たな市中感染者は20人。ビクトリア州は、7日間ロックダウンの5日目。

ブリスベンの新たな市中感染者は3人。クイーンズランド州では、ケアンズ周辺地域で3日間ロックダウンの2日目。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月10日)
 ka

更新日:2021年8月9日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者283人
▶メルボルンの新たな市中感染者11人

8月9日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は5人、入院者は2人、1045人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は100人。検査結果合計数は1,556,640人。

シドニーの新たな市中感染者は283人。90代女性が死亡。現在349人が入院中、67人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

メルボルンの新たな市中感染者は11人。ビクトリア州は、7日間ロックダウンの4日目。

ブリスベンの新たな市中感染者は4人。クイーンズランド州では、ケアンズ周辺地域で3日間ロックダウンの1日目。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月9日)
 

更新日:2021年8月8日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者262人
▶メルボルンの新たな市中感染者11人
▶QLD州ケアンズの3日間ロックダウンを発表

8月8日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は7人、入院者は2人、1043人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は99人。検査結果合計数は1,544,681人。

シドニーの新たな市中感染者は262人。ワクチン未接種の80代女性が死亡。現在351人が入院中、58人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

メルボルンの新たな市中感染者は11人。ビクトリア州は、7日間ロックダウンの3日目。

クイーンズランド州政府は、ブリスベン周辺地域のロックダウンを予定通り解除し、新たに陽性者が確認されたケアンズ周辺地域を3日間ロックダウンすると発表した。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月8日)
 

更新日:2021年8月7日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者319人、過去最多更新。5人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者13人
▶メルボルンの新たな市中感染者29人

8月7日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は9人、入院者は2人、1041人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は99人。検査結果合計数は1,544,681人。

シドニーの新たな市中感染者は319人、過去最多を更新。60代以上の5人が死亡、今回のデルタ株による死亡者は28人となった。現在345人が入院中、56人が集中治療室で治療中、23人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

ブリスベンの新たな市中感染者は13人。クイーンズランド州政府は、ブリスベン周辺地域のロックダウンを8月8日(日)まで延長すると発表している。

メルボルンの新たな市中感染者は29人。ビクトリア州は、7日間ロックダウンの2日目。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月7日)
 

更新日:2021年8月6日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶ブルームの廃水検査で新型コロナウイルスを検出
▶シドニーの新たな市中感染者291人、過去最多
▶ブリスベンの新たな市中感染者10人
▶メルボルンの新たな市中感染者6人

8月6日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は9人、入院者は2人、1041人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は99人。検査結果合計数は1,544,681人。

西オーストラリア州政府は、パースから約2000km北に位置するブルームで、廃水から新型コロナウイルスの弱い痕跡が検出されたと発表。定期的な廃水検査で見つかったとされ、感染性のある人がコミュニティにいるとは限らず、感染性がなくなった後も数週間ウイルスを排出し続けることも考えられるが、症状のある人は検査を受け、陰性の結果が出るまで自主隔離するよう呼び掛けている。

シドニーの新たな市中感染者は291人、過去最多。現在304人が入院中、50人が集中治療室で治療中、22人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

ブリスベンの新たな市中感染者は10人。クイーンズランド州政府は、ブリスベン周辺地域のロックダウンを8月8日(日)まで延長すると発表している。

メルボルンの新たな市中感染者は6人。ビクトリア州は、7日間ロックダウンの1日目。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月6日)
 

更新日:2021年8月5日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶メルボルンの市中感染拡大、再び7日間ロックダウンを発表
▶シドニーの新たな市中感染者262人、過去最多。5人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者16人

8月5日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は10人(昨日発表の陽性者)、入院者は2人、1040人が回復している。これまでの累計感染者数は1059人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は99人。検査結果合計数は1,534,547人。

シドニーの新たな市中感染者は262人、過去最多。このうち43人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。5人の死亡が確認され、その内訳は60代が3人、70代が1人、80代が1人で、4人はワクチン未接種、1人はアストラゼネカ製の1回目の接種を受けていた。現在290人が入院中、51人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで延長しており、合わせて9週間におよぶ。

ブリスベンの新たな市中感染者は16人。クイーンズランド州政府は、ブリスベン周辺地域のロックダウンを8月8日(日)まで延長すると発表している。

メルボルンでは新たな市中感染者が8人確認された。複数の感染経路不明者も含まれるため、ビクトリア州政府は、本日20時より7日間のロックダウンを発表した。ビクトリア州のロックダウンは6回目となる。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月5日)
 

更新日:2021年8月4日(水)
▶パースで市中感染者1人確認と発表
▶シドニーの新たな市中感染者233人
▶ブリスベンの新たな市中感染者16人

8月4日(水曜日)パースで新たな市中感染者が1人確認された。Greenwood在住の30代男性で、FIFOワーカー(Fly-in fly-out worker/鉱山開発等の際に飛行機を用いて2週間~数週間ごとに勤務と休暇を繰り返して働く人)として、パース空港を利用した際に感染した可能性があるとされている。パース空港やFremantle、Scarborough、Subiacoのパブなど、感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)を公表し、同場所を同時刻に訪れた人は、速やかに検査を受け、陰性結果が出るまで自主隔離するよう呼び掛けている。この男性が感染力のある時期に市中に出ていたかどうかは判明しておらず、ロックダウンに踏み切るかどうかは今後の感染拡大によって検討がなされる。

州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら。随時更新されている。

西オーストラリア州の現在の感染者数は9人(本日発表の陽性者は明日の数字にカウントされる)、入院者は2人、1040人が回復している。これまでの累計感染者数は1058人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は99人。検査結果合計数は1,528,716人。

シドニーの新たな市中感染者は233人。このうち47人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。基礎疾患のない27才の男性が自宅で突然死したことが確認され、また80代の女性も死亡。現在271人が入院中、53人が集中治療室で治療中。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで4週間延長し、さらに自宅から5km以内の移動制限やマスク着用義務違反の罰金は200ドルから500ドルに引き上げるなど、厳しい規制強化を発表している。シドニー周辺地域のロックダウンは合わせて9週間におよぶことになる。

ブリスベンの新たな市中感染者は16人。学校でのクラスターから感染者の増加が懸念されており、今回のデルタ株による感染者は合わせて63人にのぼる。クイーンズランド州政府は、ブリスベン周辺地域のロックダウンを8月8日(日)まで延長すると発表している。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月4日)
 

更新日:2021年8月3日(火)
▶パースの新たな感染者はなし
▶西豪州政府、14万回分のファイザー製ワクチン提供を発表、30代が予約可能に
▶シドニーの新たな市中感染者199人
▶ブリスベンの新たな市中感染者16人

8月3日(火曜日)パースの新たな感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は10人、入院者は2人、1039人が回復している。これまでの累計感染者数は1058人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は99人。検査結果合計数は1,524,097人。

マーク・マガウワン西豪州首相は、8月16日から2週間の間に14万回分のファイザー製ワクチンが提供され、30才~39才が予約可能になることを発表した。現在、西オーストラリア州のワクチン接種率は17.3%で、国内の州、準州の中で最も低く、州政府はワクチン接種を呼び掛けている。

シドニーの新たな市中感染者は199人。このうち50人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。現在250人が入院中、53人が集中治療室で治療中、20人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで4週間延長し、さらに自宅から5km以内の移動制限やマスク着用義務違反の罰金は200ドルから500ドルに引き上げるなど、厳しい規制強化を発表している。シドニー周辺地域のロックダウンは合わせて9週間におよぶことになる。

ブリスベンの新たな市中感染者は16人。学校でのクラスターから感染者の増加が懸念されており、今回のデルタ株による感染者は合わせて47人にのぼる。クイーンズランド州政府は、ブリスベン周辺地域のロックダウンを8月8日(日)まで延長すると発表している。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月3日)
 

更新日:2021年8月2日(月)
▶パースの新たな感染者は帰国者1人
▶シドニーの新たな市中感染者207人
▶ブリスベンの新たな市中感染者13人、ブリスベン周辺地域のロックダウン8月8日まで延長発表

8月2日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は海外からの帰国者1人、50代女性、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は11人、入院者は2人、1038人が回復している。これまでの累計感染者数は1058人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は99人。検査結果合計数は1,519,178人。

シドニーの新たな市中感染者は207人。このうち51人が感染力のある時期に市中に出ていたとされる。90代の男性が死亡、今回のデルタ株による死亡者は15人となった。現在228人が入院中、54人が集中治療室で治療中。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで4週間延長し、さらに自宅から5km以内の移動制限やマスク着用義務違反の罰金は200ドルから500ドルに引き上げるなど、厳しい規制強化を発表している。シドニー周辺地域のロックダウンは合わせて9週間におよぶことになる。

ブリスベンの新たな市中感染者は13人。学校でのクラスターから感染者の増加が懸念されており、クイーンズランド州政府は、ブリスベン周辺地域のロックダウンを8月8日(日)まで延長すると発表した。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月2日)
 

更新日:2021年8月1日(日)
▶パースの新たな市中感染者はなし
▶シドニーの新たな市中感染者239人
▶ブリスベンの新たな市中感染者9人

8月1日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は10人、入院者は2人、1038人が回復している。これまでの累計感染者数は1057人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は99人。検査結果合計数は1,509,026人。

シドニーの新たな市中感染者は210人。現在222人が入院中、54人が集中治療室で治療中。ニューサウスウェールズ州政府は、シドニー周辺地域のロックダウンを8月28日まで4週間延長し、さらに自宅から5km以内の移動制限やマスク着用義務違反の罰金は200ドルから500ドルに引き上げるなど、厳しい規制強化を発表している。シドニー周辺地域のロックダウンは合わせて9週間におよぶことになる。

ブリスベンの新たな市中感染者は9人。ブリスベン周辺地域の3日間ロックダウンの1日目。

現在、西オーストラリア州政府の州境規制により、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州との州境を閉鎖しており、州境閉鎖中の免除の適用は、非常に厳しく限定される。また、オーストラリア首都特別地域から到着した人は、到着時と11日目に検査を受けると共に14日間の自主隔離を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/8月1日)
 
 
関連記事:<パース発2021年7月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年6月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年5月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年4月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年3月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年2月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年1月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年12月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年11月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年10月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年9月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年8月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年7月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年6月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年3月~5月の感染者数>
関連記事:<【新型コロナウイルス関連】パース発2020年3月~5月の記録>

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事

  • 【新型コロナウイルス関連】2021年9月21日更新<パース発2021年9月の感染者数>

    くらし:ニュース
  • 【パースから東京五輪2020(その2)】ランゲージバリアと東京五輪、そして見えてくる限界

    くらし:ニュース
  • 【パースから東京五輪2020(その1)】コロナ禍での東京五輪が7月21日に競技開始、そして23日に開幕

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】2021年7月31日更新<パース発2021年7月の感染者数>

    くらし:ニュース
  • オリジナルの指導法で好評のサッカースクールが開催「子供たちに元気と夢を与えるプロジェクト」

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】速報!今晩7月3日深夜0時01分でロックダウン解除へ!マスク着用義務は継続。

    くらし:ニュース