お知らせ3月29日更新 【新型コロナウイルスに関する西豪州・パース発の最新情報】

オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

3月29日更新 【新型コロナウイルスに関する西豪州・パース発の最新情報】

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

ここでは、西オーストラリア州政府や在パース主要メディアから発表された新型コロナウイルスについての最新情報をお届けします。

更新日:3月29日
▶西オーストラリア州、豪国内の感染者数

3月29日(日曜日)、西オーストラリア州の新型コロナウイルスの新たな感染者数は33人、同州の感染者数合計は311人(うち2名死亡)、検査結果の陰性は13,337人となっている。また、ニューサウスウェールズ州では1,617人(うち7名死亡)、ビクトリア州では685人、クイーンズランド州では625人、南オーストラリア州では287人、オーストラリア首都特別地域では71人、タスマニア州では58人、ノーザンテリトリー準州では14人、オーストラリアの新型コロナウイルス感染者数は合計で3,635人となっている(情報元:西オーストラリア州の保健省/3月29日)。

更新日:3月28日
▶4月1日より西オーストラリア州内の移動制限

西オーストラリア州のパース郊外地域の感染者数が増加していることに伴い、4月1日(水曜日)0時より西オーストラリア州内の9つの地域の境界線を出て移動することを制限すると西オーストラリア州政府より発表された。やむを得ない事情がある場合は免除されるが、違反者には最大5万ドルの罰金が科せられる(情報元:西豪州首相会見記録/3月27日)。

更新日:3月28日
▶自己隔離違反で61才男性が起訴

西オーストラリア州のカーラエル(Carlisle)に住む61才の男性が、3月19日にインドネシアから帰国後、4月2日までの自己隔離期間中にビーチに出かけたとして起訴された。自己隔離違反への罰則は12ヶ月の懲役または最大5万豪ドルの罰金が科せられる(情報元:西オーストラリア州警察/3月27日)。

更新日:3月27日
▶クルーズ船の乗客、西オーストラリア州のロットネスト島で検疫

クルーズ船が西オーストラリア州のフリーマントル(Fremantle)に入港している問題で、西オーストラリア州政府はクルーズ船乗客からの新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため厳しい規制を行っているが、3月26日(木曜日)の夜、クルーズ船「ARTANIA」から重篤な病人が発生したという緊急要請を受け、急遽入港を許可して救急搬送を行い、残りの乗客約800人はドイツのチャーター機で帰国することになった。また、クルーズ船「Vasco da Gama」は、3月27日(金曜日)夕方、フリーマントルに入港し、約800人のオーストラリア人の乗客を検疫場となるロットネスト島にて14日間の隔離を行う予定(情報元:西豪州首相会見記録/3月27日)。

更新日:3月27日
▶豪州帰国後、帰宅前にホテル施設で14日間の隔離を要請

豪州のスコット・モリソン首相は、新型コロナウイルス感染の2/3が海外から入国した人たちであることを受け、3月28日(土曜日)深夜0時よりオーストラリアに帰国後、自宅に帰宅することを許さず、入国した州のホテルなどの施設で14日間の隔離を行うことを要請した。この隔離に関するホテル、移動、食事の費用は政府が負担する(情報元:豪州首相会見記録/3月27日)。

更新日:3月27日
▶西オーストラリア州では5ヶ月の乳児を含む24人の新たな感染者

3月27日(金曜日)、西オーストラリア州の新たな感染者は24人、男性11人、女性13人、年齢は5ヶ月~82歳で、1人は医療従事者。西オーストラリア州の感染者の合計は255人(うち2名死亡)となっている。現在、13人が入院治療中。検査結果の陰性は11,836人となっている。(情報元:西オーストラリア州保健省/3月27日)。

更新日:3月27日
▶大手スーパーColes、買い物時の注意点を発表

豪州大手スーパーマーケットColesは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、買い物時の注意点を発表した。まず、病気の症状がある人は入店しない。入店する際は手洗い、またはハンドサニタイザーを使用する。店内では他者と1.5mの距離を保つ。レジに並ぶ際は離れて並ぶ。買い物したものは自分で袋に入れる。そして、支払いはカードのタップ払いを推奨など、感染予防のために協力を呼び掛けている。(情報元:Coles Supermarkets Australia Pty Ltd/3月27日)。

更新日:3月26日
▶西オーストラリア州で70代男性死亡

3月26日(木曜日)、在西オーストラリア州の70歳代の男性の死亡が発表された。この男性は3月20日にシドニーでクルーズ船「The Celebrity Solstice」から下船した乗客。また、西オーストラリア州の新たな感染者は26人、同州の感染者は231人(うち2名死亡)、検査結果の陰性は11,288人となっている(情報元:西オーストラリア州保健省/3月25日)。

更新日:3月26日
▶︎西オーストラリア州にて公立校生徒が自宅で自己隔離を要請

西オーストラリア州首相ならびに教育省大臣は、新型コロナウイルス感染の増加を受け、公立小・中高学校の生徒たちは可能な限り、自宅での自己隔離をするよう要請した。3月30日(月曜日)~4月3日(金曜日)までは通常授業を行うが、自宅での自己隔離が可能であれば自宅での自己隔離を勧めている。また、4月6日(月曜日)~4月9日(木曜日)は通常授業は行われないが、例えば両親が医療事業など必要不可欠な仕事に従事している場合、その子どもは自宅での自己隔離が不可能なため、そのようなケースは登校させることができると説明した(情報元:西豪州首相会見記録/3月26日)。

更新日:3月25日
▶西オーストラリア州のアルコール購入規制

西オーストラリア州の近・郊外でも発生している買い占めの対応策として、西オーストラリア州政府はリカーショップ(酒屋)でのアルコールの購入規制を発表した。1カートンのビールや1カートンのサイダーなど、ワイン(3本まで)、1リットルのスピリッツなどの中から最大2つまでの組み合わせでの購入制限を課すとした(情報元:西豪州首相会見記録/3月25日)。

更新日3月25日
▶西オーストラリア州の感染者さらに急増

3月25日(水曜日)、西オーストラリア州の新たな感染者は30人、男性18人、女性12人、年齢は21歳~80歳。このうち8人が郊外地域に居住。これで、西オーストラリア州の感染者の合計は205人となっている(情報元:西オーストラリア州保健省/3月25日)。

更新日:3月25日
▶ANA「成田―パース」間直行便を一時運休

新型コロナウイルスの影響に伴い、3月29日(日曜日)から4月24日(金曜日)までの間、3月30日発着の便を除き、「成田―パース」間の全便を一時運休すると発表した。今月17日の発表では、「成田―パース」間便をこの期間、週3便に変更すると発表していた。(情報元:全日本空輸発表/3月24日)。

更新日:3月24日
▶西オーストラリア州、イースターホリデーの旅行自粛要請

西オーストラリアのマーク・マガウワン州首相は感染者急増を受け、イースターホリデー(4月10日~13日)の旅行自粛の要請を発表した。州境を閉鎖し他州への旅行は厳しくなっているが、州内の不要不急の旅行、特にマーガレットリバー方面などのサウスウエストへの旅行も自粛するように要請している。また同州警察当局は、今後政府が要請している社会的距離や自己隔離などが守られない場合、市や町の閉鎖や厳しい取り締まりも辞さない考えを発表した(情報元:西豪州首相会見記録/3月24日)。

更新日:3月24日
▶西オーストラリア州でも感染者急増

3月24日(火曜日)、西オーストラリア州において新型コロナウイルス感染者が新たに35人の陽性が確認され、同州の感染者は175人(うち1名死亡)、検査結果の陰性は10,353人となっている。また、ニューサウスウェールズ州では704人、ビクトリア州では355人、クイーンズランド州では319人、南オーストラリア州では134人、オーストラリア首都特別地域では32人、タスマニア州では21人、ノーザンテリトリー準州では4人、オーストラリアの新型コロナウイルス感染者数は合計で1744人となっている(情報元:西オーストラリア州の保健省/3月24日)。

更新日:3月22日
▶西オーストラリア州の州境閉鎖、入州制限

3月24日(火曜日)、13時30分より西オーストラリア州境が閉鎖される。州外から到着する場合、14日間の検疫、自己隔離が必要となる。新型コロナウイルスの感染者が急増した場合の対応措置準備として、ロットネスト島を検疫場所として使用する準備を行うことも発表された。また、必要不可欠ではない国内旅行の自粛を呼びかけている(情報元:西豪州首相会見記録/3月22日)。

更新日:3月22日
▶レストランやカフェ閉鎖。テイクアウェイ営業のみ。

3月22日、スコット・モリソン豪州首相は記者会見で、新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受け、オーストラリア全州にて、3月23日(月曜日)正午からレストラン、カフェ、パブ、クラブ、ホテル、映画館、カジノ、ジム、屋内スポーツ施設、宗教集会などは閉鎖し、テイクアウェイ営業のみ可能となることを発表した。スーパーマーケットや薬局、ガソリンスタンドなどは引き続き営業される。学校も引き続き休校の措置は取らないが、自己隔離を希望する家族はその選択も可能とした(情報元:豪州首相会見記録/3月22日)。

更新日:3月19日
▶オーストラリアへの入国禁止

3月19日(木曜日)、スコット・モリソン豪州首相は、3月20日21時(豪州東部夏時間)よりオーストラリア国民と居住者、並びに配偶者、法定後見人及び扶養者を含む直近の家族以外のオーストラリア入国を禁止することを発表した(情報元:豪州内務省/3月19日)。

更新日:3月15日
▶違反の場合は5万豪ドルの罰金

3月15日に西オーストラリア州政府は、西オーストラリア州全土に非常事態および公衆衛生非常事態を宣言した。先のスコット・モリソン豪州首相の“渡航者全てに対して14日間の自己隔離措置”を求める発表に際して、違反の場合は西オーストラリア州法令に基づき5万豪ドル以下の罰金を課すおそれがあると発表した。この非常事態宣言は、警察および公衆衛生当局へ上記禁止措置を確保するための必要な権限を付与するもの。また、不必要な500人以上の集会(学校や公共交通機関は除く)も禁止とした(情報元:西オーストラリア州の保健省/3月15日)。

更新日:3月15日
▶海外から豪州への全ての渡航者に14日間の自己隔離措置

3月15日、豪州のスコット・モリソン首相は記者会見で同月15日深夜(16日の0時)から海外から豪州への渡航者全てに対して、14日間の自己隔離措置を求める発表を行った。自己隔離措置の違反者に対しては、それぞれの州法に委ねられる。また、海外からを含め全てのクルーズ船の入港を拒否することも発表した。クルーズ船の入港拒否は当面30日間実施される(情報元:豪州内務省、豪州首相会見記録/3月15日)。

更新日3月10日
▶検査人数と感染者数

西オーストラリア州政府の発表では、3月4日現在で700人が新型コロナウイルスの検査を受け、検査結果はウイルス感染者がいなかったと発表。しかし10日現在で西オーストラリア州では、6名(うち1名死亡)の感染が確認されている(情報元:ABC/3月4日、10日)。

更新日:3月9日
▶スポーツにも大きく影響

パースに本拠地を置くサッカークラブ・パースグローリーは、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の蔚山現代(ウルサンヒュンダイ)とのホームとアウェイの両試合が延期。パースグローリー・ユースチームも日本の福岡で3月中旬に開催予定だった大会に招待されていたが、クラブは日本への渡航を取りやめた(情報元:Perth Glory/3月9日)。

更新日:3月3日
▶学生旅行の海外渡航禁止

他州より先だって西オーストラリア州政府は3月3日、スクールプロジェクトによる海外渡航の禁止を正式に発表した。少しでもウィルス拡大を阻止するためのものとなっている(情報元:7NEWS/3月3日)。

更新日:3月1日
▶オーストラリアでの最初の感染死亡者はパース人

日本に停泊したクルーズ船「ダイヤモンドプリンセス」の乗客の一人でもあったが78歳の男性。停泊中は感染が確認されずにオーストラリア政府のチャーター便で帰国。ダーウィンで隔離されていたが、その後、陽性で感染が確認されてパースの病院へ運ばれたが、3月1日に亡くなった。3月4日現在では、一緒にクルーズ船に乗船していた妻も感染が確認され、病院で治療中。(情報元:AAP/3月1日)

更新日:2月29日
▶買い占め発生で品薄状態

パースのスーパーでもトイレットペーパーやパスタ、缶詰などの備蓄品が置いてある棚に商品が並ばず、品薄となっている。この状況を鑑みて、西オーストラリア州政府は州民に冷静な行動を、と呼びかけている(情報元:7NEWS/2月29日)。

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.