オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

【連載小説】 硫黄島ダイアリー 第五章『ベイサイドクラブ』1話

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

筆者三辻孝明さんは、一昨年の2019年8月に癌の告知を受けました。以後、自然療法や抗癌剤治療を経て癌の摘出手術を受けるなど、その約10ヶ月間、「静かに死を見つめながら、久しぶりに文章を残すことができました」と話しています。また「レポートに毛の生えたようなものですが、過去の自分自身の経験を形にできたことは、少し肩の荷が降りたような気持ちです。よろしければ、ご一読ください」と語っていました。

そして、2020年7月16日に当「硫黄島ダイアリー」の連鎖がスタートすることになりましたが、翌月の8月10日、残念ながら三辻孝明さんは帰らぬ人となってしまいました。

闘病生活中に死を見つめながら書き上げられた当連載「硫黄島ダイアリー」ですが、生前の故人の遺志を受け継ぎ、パースエクスプレスでは連載を継続掲載致します。読者やユーザーの皆様には、引き続き「硫黄島ダイアリー」をご愛読頂けると幸いです。

<第四章『CHEMISTRY』6話はこちらから>
 
 

 
【連載小説】

硫黄島ダイアリー

三辻孝明

 

第五章『ベイサイドクラブ』1話


 
「8月の最後の日曜日にSALUTEは出航した。行き先は分からない。」
「SALUTEについて何か聞いているのか?」

 麻布署の中は蒸し暑かった。

 ローズマリーの連絡先を確かめるために訪れた麻布署で、僕は待っていた刑事たちに足止めされた。彼女に何か起きたのかも知れないという自分の中の胸騒ぎは、やはり当たっていたようだった。

 僕は何も知りませんと答えた。

 福本刑事の話ではSALUTEは、荒崎興業のもち船で横浜の本牧埠頭に係留されているらしかった。そして、その船の管理を山城珍蔵が任されているということだった。そのSALUTEが突然出航したのだという。僕はほんとうに何も知らなかった。手川刑事の話によると、乗船しているメンバーには少なくとも結城が含まれているのだという。

「警察は結城が隠れている場所を知っていたのですか?」
「まあ、2、3日で戻るとみています。それほど大型の船ではないので。」
「そんなことは聞いていません。あなた方は結城の所在をつかんでいて長い間泳がせていたのですか?」
「いや、そうじゃなくて。」

 手川刑事に代わって福本刑事が答えた。

「でも、船は出港してしまった?違いますか?ローズマリーさんを乗せて。」

 手川刑事は言った。

「三辻さん、順番に話しを進めましょう。最初の質問にもどりますが、あなたはなぜ、ローズマリーさんが行方不明になったと思われたのですか?」

 僕は先週自分のアパートで起きたことを説明した。ローズマリーが僕から何かを聞きたがっていたこと、誰かが僕を尾行しているから気をつけるようにとシャロンにアドバイスをされたこと、彼女たちが長者丸のアパートを引き払おうとしていることなどを思いつくままに話した。

「いつからあなた方はお互いのことを知る間柄になったのですか?」

 僕は先日ここで取り調べに協力した後、偶然向かいの蕎麦屋で彼女たちと出会ったことも説明しなければならなかった。

「それ以来の友達ですが。」

 そのとき横で聞いていた福本刑事が声を上げて笑い出した。

「あの外人さんをしつこく追いかけている男って、三辻さん、もしかしておたくなんじゃないの?結城にたのまれたあんたは、ローズマリーに近づこうとしていた。結城とあんたの橋渡し、つまり“はなし”をつけたのは逮捕される前のマリオでしょう?あんたたちにその機会は十分あった、なにせアパートの部屋が隣同士だからね。そしてマリオが捕まり、あんたはやばくなって姿を隠した。硫黄島や九州へ、分かれた女房に会いたくないとか、適当な理由をつけては一年近くも雲隠れしていた。しかも、あんたの雲隠れにはあの船の持ち主の荒崎興業や山城珍蔵も絡んでいる。この一連の話は、見方を変えるとそういう推理も成り立つとは思いませんか?」

 橋渡し?雲隠れ?刑事たちは真剣な顔をしてこちらを見ている。この人たちは一体何を考えているのだろう?少なくとも、今ここでこんなことをしている場合ではないはずだった。そしてローズマリーのことを考えると、今すぐにでも何か行動を起こさなければならないことは確かだった。

「ヘリコプターとか、海上保安庁の巡視船とか、今すぐ何か方法を講じてくださいよ。お願いします。友達が危ないのです。こんな馬鹿なことをここで話している場合じゃないのがどうしてわからないのですか?」
「じゃあ聞くけどさ、どうして友達が危ないっておたくには分かるの?」

 福本刑事はまた鉛筆をこぶしの上で回し始めている。

「今、あなたが言っていたじゃありませんか。船に乗っているメンバーの中に結城がいるって。その船にはローズマリーさんが無理やり乗せられているかもしれないのですよ。」

「三辻さん、わかりました。じゃあこうしましよう。まず、あなたにかけられた疑いをこの場できちんと説明してくださいよ。あなたに何の疑いもない、あなたの言う通り、あなたは友達を助けたい一心で今ここに来てくださっていることが証明されれば、こちらも全力であなたの希望をかなえるように努力しますよ。それでいいでしょうか?」

 僕は、手川刑事の提案に望むところですと答えた。福本刑事が、音を立てて椅子を引き寄せながら僕の正面に座りなおした。

「それじゃ、簡単にいきましょう。まずはじめにローズマリーさんの住所、電話番号からお願いします。」

 最初から答えられない質問だった。僕はそれが分からないからここに来るしかなかったのです、と言うしかなかった。福本刑事は大きく咳払いをしてから質問を続けた。

「それじゃあ、シャロンさんの方の住所と電話番号はどうですか?」

 僕は刑事たちの心証が極めて悪くなるのを覚悟しながら、どちらの質問にも知らないですと答えた。六本木で偶然会って、そのあと突然彼女がたずねて来るまでの間、自分の方からは連絡の取りようもなかったという、いい訳のような説明を、それが事実なだけに繰り返すしか方法がなかった。

「でも、その突然の訪問のあとは、連絡先ぐらい教え合うのが男と女の間では普通じゃないでしょうか?」
「会うのはこれが最初で最後だと言われました。彼女の希望でした。ですから連絡先を聞くことはできませんでした。」
「質問を変えましょうか。その突然の訪問の日は、いつのことだったのですか?」
「7月7日でした。」
「七夕の日ですか?」
「そうです。」

 そこでついに福本刑事は大きい声を上げた。

「偶然とか突然とか、七夕の逢引だから一回きりだとか。それじゃ聞くが、その七夕の前日にあんたは長者丸の辺りをうろうろしていた。この話には目撃者がいる。こちらは裏も取れているんだ、そのことはどう説明する気なの?」
「三辻さん、もうはっきりしましようよ。」

 手川刑事だった。

「警察はそんな風に僕をみていたのですか?」

 福本刑事は動じなかった。煙草に火をつけながら手川刑事に目で合図をした。手川刑事は立ち上がると開いていた部屋のドアを静かにしめた。そして、言った。

「三辻さん、あなたが結城とつながっていると考えていたのはあなたがお友達と信じているシャロンさんですよ。」
「シャロンがそう言ったのですか?」
「ええ、先日、あなた方が六本木で偶然出会ったと話された日の夜、ここに来てそう話していました。あなたと結城がつるんでいる場合を考えて、あなたのことを詳しく教えてほしいって。」

 目の前が真っ暗になっていくのがわかった。もしも、手川刑事の話が事実だとしたら、シャロンは僕を疑っていたことになる。いや、今でも疑っているのかもしれない。いやいや、そんなことはありえない。あの日、六本木の交差点でタクシーに乗らずに逃出した自分に不審を感じてそう思っただけで、今はそんな風に思っているわけがない。

「どうしました急に黙り込んじゃって。それじゃ、最初の質問から行きますか?はい、彼女たちの住所と電話番号。」

 目の前に立ちはだかる福本刑事に、僕はもう黙るしかなかった。もう警察の協力は得られそうになかった。とにかく一刻も早くここから外に出るためには、気持ちを整理する必要があった。

「あんた、今までに外人さんと友達になったことあるの?住所も電話番号も教えてくれないのに、友達だと思い込んで舞い上がっていたのは、あんた独りなんじゃないの?あんたもRice-Queenの犠牲者かい?」
「この間も言っていましたよね、その“ライスクイーン”って言葉?それどういう意味なのですか?」
「ライスクイーンの意味?外人としか寝ない日本人の女の子のことだよ。」
「じゃあ、シャロンはライスクイーンじゃないじゃないですか?彼女、日本人じゃなくてオーストラリア人ですから。」
「外人専門って意味で使ってるだけだからさ。だって、オージーから見たらおたくだって外人だろう?まあ、遊ぶのは自由だけど病気にはくれぐれも気をつけるんだな。」

 福本刑事が勝ち誇ったような笑いを浮かべてこちらを見ている。

「病気には気をつけろって、それどういうことですか?」
「おたく、何をそんなに向きになってるわけ?病気にもいろいろあるでしょうが?いろいろ。」

 福本刑事が病気という言葉を口にするたびに、僕の中で爆発が起こっていた。そしてある瞬間、抑えようのなくなったその爆発が、福本刑事に向かって噴出してしまった。

「いいですか、病気、病気って知ったような口を聞くのはもうやめてください。ほんとうに病気と闘っている人の苦しみも知らないくせに。」
「ちょっと、どうしちゃったの?何か気にさわっちゃったみたいねえ、おたくら、ひょっとしてもうAIDSとか?」

 話にならなかった。僕のことは警察にどう思われようとも、もうどうでもいいと思った。でも、シャロンのことをライスクイーン呼ばわりしたり、病気を口にして人をからかうようなことだけは、もうよしてほしかった。

「三辻さん、少し休憩しましょうか。」

 手川刑事が、福本刑事の間に割って入るかたちで、その場をとりなしてくれた。それにしても、どうしてこの人たちは時間がないということを分かってくれないのだろう?なんとかしなければ手遅れになってしまう。焦っているのはここではもう自分ひとりだった。

 僕はトイレに行きたいと言った。福本刑事は、首の骨を鳴らしながら立ち上がると、大儀そうにドアを開けた。そして、変なことは考えない方がいいよと言いながら、トイレの入り口までついてきた。

「少しひとりにしてください、お願いしますよ。」

 そう言うと、福本刑事はうなづいてトイレの前の椅子に腰を下ろした。そして置いてあったスポーツ新聞を開き始めた。その瞬間、僕は走り出した。もう夢中だった。三段跳びで階段を下り、正面玄関から六本木の大通りに跳び出していく。後ろで福本刑事が何か叫んでいたけれども、気にしている場合ではなかった。僕はそのまま六本木の交差点に出ると、麻布十番の方に向かって坂を下って行った。そして、ちょうど走ってきたタクシーに手を上げた。

「お客さん、どちらまで?」

 転がるように乗り込んだタクシーの中で、僕は息が上がってすぐには口をきくことができなかった。運転手さんが怪訝そうに振り返ってこちらを見ている。今の自分にとっての行く宛てとは、三田のオーストラリア大使館以外、もうどこも残されてはいなかった。
 


 

三辻 孝明(みつじたかあき)
「CUBE IT AUSTRALIA」のCEO(最高経営責任者)。早稲田大学人間科学部環境科学科卒業。1989年より豪州在住。2020年8月10日永眠。

 
 
【関連記事】
関連記事:【新型コロナウイルス関連】日豪物流業界のパイオニア。死と向き合い、激動のパンデミックの中を生きる。
関連記事:ドロップアウトの達人
関連記事:Madison

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事