オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

【新型コロナウイルス関連】2021年12月31日<パース発2021年12月の感染者数>

ここでは、オーストラリア、西オーストラリア州の新型コロナウイルス感染者数についての最新情報をお届けします。紹介の情報と共に、本サイトのトップページの「お知らせ【新型コロナウイルスのパース発最新情報】」には、新型コロナウイルス(COVID-19)の情報がまとめて掲載されています。
 

更新日:2021年12月31日(金)
▶パースの新たな市中感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者21,151人、過去最多更新、6人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は5,919人、7人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は3,118人
▶アデレードの新たな市中感染者は2,093人

12月31日(金)パースの新たな市中感染者1人。すでに陽性が確認されている感染者の濃厚接触者。今回のクラスターによる感染者数は14人となった。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されることになり、大みそかの年越しイベントにも影響が出ることとなる。

西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者4人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は32人。入院者はなし、1117人が回復している。これまでの累計感染者数は1158人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,085,658人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.3%、1回接種率は92.0%。

シドニーの新たな市中感染者は21,151人、6人死亡。832人が入院中、69人が集中治療室で治療中、19人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は462人。現在6人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は5,919人、7人死亡。現在428人が入院中、54人が集中治療室で治療中、21人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は3,118人。現在64人が入院中、1人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は2,093人、2人死亡。現在44人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は137人。現在4人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は60人。現在24人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、クイーンズランド州、南オーストラリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発前の陰性証明、自費での14日間のホテル隔離、1日目、5日目、13日目の検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月31日)
 

更新日:2021年12月30日(木)
▶パースの新たな市中感染者1人
▶西豪州政府、12月31日よりQLD州とSA州との州境規制さらに強化へ
▶国家内閣会議、隔離期間の短縮と濃厚接触者の定義を変更へ。WA州は適用せず
▶シドニーの新たな市中感染者12,226人、過去最多更新、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は5,137人、13人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は2,222人
▶アデレードの新たな市中感染者は1,374人

12月30日(木)パースの新たな市中感染者1人。すでに陽性が確認されている感染者とバスルームを共有したとされる27才男性。今回のクラスターによる感染者数は13人となった。East Fremantle、 Fremantle、 O’Connor、Spearwoodなどが、感染者が訪れた場所として追加されている。同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されることになり、大みそかの年越しイベントにも影響が出ることとなる。

西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者2人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は28人。入院者はなし、1116人が回復している。これまでの累計感染者数は1153人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,079,804人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は84.0%、1回接種率は92.0%。

西オーストラリア州政府は、12月31日午後6時よりクイーンズランド州と南オーストラリア州との州境規制をHigh Risk(感染の可能性が高い州)からExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。

本日、国家内閣会議が開かれ、オミクロン株の感染急増に伴い各州でPCR検査施設での混乱が続いており、隔離期間の短縮と濃厚接触者の定義を変更することで合意し、スコット・モリソン首相が発表した。NSW、VIC、ACT、QLD、SAの5州、特別地域で本日深夜より変更される。濃厚接触者は4時間以上一緒に過ごした人と定義され、濃厚接触者の隔離期間を14日間から7日間に短縮し、6日目に迅速抗原検査(RAT検査)で陰性であれば7日後に隔離を終了することができる。

マーク・マガウワン西豪州首相は、西オーストラリア州は感染者数が少ないことから、他の州とは異なる状況にあるとし、検査施設における混乱もないことから現状を維持していくとしている。将来的に連邦政府の定める定義に移行する必要がある場合には、実行していくと述べている。

シドニーの新たな市中感染者は12,226人、1人死亡。746人が入院中、63人が集中治療室で治療中、24人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は253人。現在6人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は5,137人、13人死亡。現在395人が入院中、55人が集中治療室で治療中、23人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は2,222人。現在29人が入院中。

アデレードの新たな市中感染者は1,374人、1人死亡、2才以下の幼児の死亡が確認された。現在37人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は92人。現在3人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は37人。現在21人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州、南オーストラリア州は、High Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州とノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月30日)
 

更新日:2021年12月29日(水)
▶パースの新たな市中感染者2人
▶シドニーの新たな市中感染者11,201人、過去最多更新、3人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は3767人、5人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は1589人
▶アデレードの新たな市中感染者は1472人

12月29日(水)パースの新たな市中感染者2人。1人目はMess Hallのイベント参加者で濃厚接触者。2人目はMess Hallのイベントには参加しておらず、フリーマントルのバックパッカーに滞在していたとされ、すでにホテル隔離していたが、明確な感染経路は判明していない。今回のクラスターによる感染者数は12人となった。

引き続き、感染者が訪れた場所が追加されており、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されることになり、大みそかの年越しイベントにも影響が出ることとなる。

西オーストラリア州の現在の感染者数は25人。入院者はなし、1116人が回復している。これまでの累計感染者数は1150人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,067,628人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.6%、1回接種率は91.7%。

シドニーの新たな市中感染者は11,201人、3人死亡。625人が入院中、61人が集中治療室で治療中、23人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は138人。現在4人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は3767人、5人死亡。現在397人が入院中、62人が集中治療室で治療中、28人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は1589人。現在8人が入院中。

アデレードの新たな市中感染者は1472人。現在37人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は55人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は19人。現在20人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州、南オーストラリア州は、High Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州とノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月29日)
 

更新日:2021年12月28日(火・祝日)
▶パースの新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者6062人、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は2735人、4人死亡
▶ブリスベンの新たな市中感染者は1158人

12月28日(火曜日・祝日)パースの新たな市中感染者なし。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されているので、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州では、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長している。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されることになり、大みそかの年越しイベントにも影響が出ることとなる。

西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者3人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は23人。入院者はなし、1116人が回復している。これまでの累計感染者数は1148人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,043,600人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.4%、1回接種率は91.5%。

シドニーの新たな市中感染者は6062人、1人死亡。557人が入院中、60人が集中治療室で治療中、17人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は252人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は2735人、4人死亡。現在361人が入院中、69人が集中治療室で治療中、33人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は1158人。現在6人が入院中。

アデレードの新たな市中感染者は995人。現在36人が入院中、5人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ホバートの新たな市中感染者は42人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は16人。現在20人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州、南オーストラリア州は、High Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州とノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月28日)
 

更新日:2021年12月27日(月・祝日)
▶パースの新たな市中感染者1人
▶西豪州政府、屋内施設でのマスク着用義務を1月4日(火)まで1週間延長を発表
▶シドニーの新たな市中感染者6324人、3人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1999人、3人死亡

12月27日(月曜日・祝日)パースの新たな市中感染者1人、濃厚接触者の20代女性でホテル隔離中。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されているので、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、パース、ピール地方において、公共交通機関や屋内公共施設でのマスク着用義務を1月4日(火)午前6時まで1週間延長することを発表した。引き続き、レストランやバーでは着席サービスのみに制限され、ナイトクラブは閉鎖される。また、ミュージックフェスティバルなどのハイリスクのイベントも中止されることになり、大みそかの年越しイベントにも影響が出ることとなる。

西オーストラリア州の現在の感染者数は20人。入院者はなし、1116人が回復している。これまでの累計感染者数は1145人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,043,600人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.4%、1回接種率は91.1%。

シドニーの新たな市中感染者は6324人、3人死亡。520人が入院中、55人が集中治療室で治療中、17人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は189人。現在1人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1999人、3人死亡。現在368人が入院中、80人が集中治療室で治療中、38人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は842人、1人死亡。現在23人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は784人。現在4人が入院中。

ホバートの新たな市中感染者は35人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は12人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州、南オーストラリア州は、High Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州とノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月27日)
 

更新日:2021年12月26日(日)
▶パースの新たな市中感染者1人
▶シドニーの新たな市中感染者6394人、過去最多更新
▶メルボルンの新たな市中感染者は1606人、2人死亡

12月26日(日曜日)パースの新たな市中感染者1人、Mess Hallのイベント参加者でホステルにも滞在していた。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されているので、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州の現在の感染者数は18人。入院者はなし、1116人が回復している。これまでの累計感染者数は1143人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,043,600人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.2%、1回接種率は91.1%。

シドニーの新たな市中感染者は6394人、過去最多更新。458人が入院中、52人が集中治療室で治療中、15人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は71人。現在1人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1606人、2人死亡。現在374人が入院中、77人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は774人。現在17人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は714人。現在7人が入院中。

ホバートの新たな市中感染者は44人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は12人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州、南オーストラリア州は、High Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州とノーザンテリトリー準州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月26日)
 

更新日:2021年12月25日(土)
▶パースの新たな市中感染者2人
▶パースの市中感染者は、デルタ株であることが判明
▶シドニーの新たな市中感染者6288人、過去最多更新
▶メルボルンの新たな市中感染者は2108人、6人死亡

12月25日(土曜日)パースの新たな市中感染者2人。フランス人のバックパッカーの男性に関連しており、デルタ株であることが確認されている。引き続き、感染者が訪れた場所が追加されているので、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

海外からの帰国者2人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は18人。入院者はなし、1115人が回復している。これまでの累計感染者数は1142人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,043,600人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.2%、1回接種率は91.1%。

シドニーの新たな市中感染者は6288人、過去最多更新。388人が入院中、52人が集中治療室で治療中、14人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は142人。現在2人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は2108人、6人死亡。現在361人が入院中、71人が集中治療室で治療中、42人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は634人。現在12人が入院中、4人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は765人。現在6人が入院中。

ホバートの新たな市中感染者は33人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は19人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、クイーンズランド州と南オーストラリア州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、12月26日(日)ボクシングデーよりタスマニア州とノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月25日)
 

更新日:2021年12月24日(金)
▶パースの新たな市中感染者5人。ナイトクラブのパーティー参加者
▶西豪州政府、レストランやバーは着席サービスのみに制限
▶西豪州政府、本日深夜よりQLD州とSA州との州境規制強化を発表
▶シドニーの新たな市中感染者5612人
▶メルボルンの新たな市中感染者は2090人、8人死亡

12月24日(金曜日)パースで新たな市中感染者5人。昨日感染が確認されたフランス人のバックパッカーの男性が参加していたMess Hallのパーティー参加者5人が陽性であることが発表された。このイベントの約400人の参加者は、クリスマスや大晦日を目前に14日間の自主隔離が義務付けられた。また、フリーマントルホステルの約100人の宿泊客がこのイベントに参加しており、このホステルはロックダウンされ、すべての宿泊客が検疫施設に移動する。

この他にも感染者が訪れた場所を公表し、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

また、西オーストラリア州政府は、新たにレストランやバーは着席サービスのみに制限する規制を発表した。さらに、本日深夜よりクイーンズランド州と南オーストラリア州との州境規制をMedium Risk(感染状況を注視している州)からHigh Risk(感染の可能性が高い州)カテゴリーに引き上げることを発表した。

西オーストラリア州の現在の感染者数は15人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1138人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,043,600人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.0%、1回接種率は91.1%。

シドニーの新たな市中感染者は5612人。382人が入院中、53人が集中治療室で治療中、12人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は102人。現在2人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は2090人、8人死亡。現在397人が入院中、75人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は688人。現在8人が入院中、1人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。

ブリスベンの新たな市中感染者は589人。現在2人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ホバートの新たな市中感染者は27人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は10人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、12月26日(日)ボクシングデーよりタスマニア州とノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月24日)
 

更新日:2021年12月23日(木)
▶パースで新たな市中感染者1人確認。市中感染の広がりが懸念され、屋内施設でのマスク着用義務発表
▶シドニーの新たな市中感染者5715人、過去最多更新、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1980人、10人死亡

12月23日(木曜日)パースで新たな市中感染者1人。フランスから来たバックパッカーの25才男性で、クイーンズランド州との州境規制を強化する1時間前の12月12日の夜にパースに入州していた。詳細はこちらへ

そして、海外からの帰国者2人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は9人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1133人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は115人。検査結果合計数は2,034,755人。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は83.0%、1回接種率は91.1%。

シドニーの新たな市中感染者は5715人、過去最多更新。1人死亡。347人が入院中、45人が集中治療室で治療中、13人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は85人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1980人、10人死亡。現在398人が入院中、72人が集中治療室で治療中、39人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は484人。現在7人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

ブリスベンの新たな市中感染者は369人。

ホバートの新たな市中感染者は26人。現在1人が入院中。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は10人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州、クイーンズランド州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、12月26日(日)ボクシングデーよりタスマニア州とノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月23日)
 

更新日:2021年12月22日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、州の労働力の75%で3回目ワクチン接種義務化を発表
▶西豪州政府、12月26日(日)よりTAS州とNT準州との州境閉鎖を発表。豪国内全州からの入州には特別な免除が必要に
▶シドニーの新たな市中感染者3763人、過去最多更新、2人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1503人、6人死亡

12月22日(水曜日)西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者2人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は7人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1130人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は114人。検査結果合計数は2,031,959人。

西オーストラリア州政府は、特定の職種に関する3回目ワクチン接種義務化を発表し、州の労働力の75%の約110万人が適用となる。2回目の接種から5か月後に追加接種が可能となり、1か月以内に3回目の接種を受けなければならない。マーク・マガウワン西豪州首相は、3回目の接種を受けることで、オミクロン株に対する効果がはるかに高いことが確認されており、私たちのコミュニティに感染が広がる前にできるだけ早く3回目の接種を受けてもらいたいと述べている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は82.7%、1回接種率は90.9%。

また、西オーストラリア州政府は、12月26日(日)ボクシングデーよりタスマニア州とノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。

シドニーの新たな市中感染者は3763人、過去最多更新。2人死亡。302人が入院中、40人が集中治療室で治療中、12人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は58人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1503人、6人死亡。現在394人が入院中、70人が集中治療室で治療中、41人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は198人。現在5人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は186人。

ホバートの新たな市中感染者は12人。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は5人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州、クイーンズランド州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月22日)
 

更新日:2021年12月21日(火)
▶パースでブリスベンからの旅行者2人が陽性
▶シドニーの新たな市中感染者3057人、過去最多更新、2人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1243人、6人死亡

12月21日(火曜日)ブリスベンからパースへの州境規制がさらに厳しくなる前日の12月19日(日)に、VA470便でパースに到着した30代2人が自宅隔離中に陽性が確認された。感染者が訪れた場所を公表し、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、検査を受けるよう呼び掛けている。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

そして、海外からの帰国者1人も陽性が確認され、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は5人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1128人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,023,891人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は82.3%、1回接種率は90.6%。

シドニーの新たな市中感染者は3057人、過去最多更新。2人死亡。284人が入院中、39人が集中治療室で治療中、11人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は16人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1243人、6人死亡。現在392人が入院中、73人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は153人。現在5人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は85人。

ホバートの新たな市中感染者は4人。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は14人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州、クイーンズランド州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月21日)
 

更新日:2021年12月20日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者2501人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1302人

12月20日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,023,891人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は82.0%、1回接種率は90.4%。

シドニーの新たな市中感染者は2501人。261人が入院中、33人が集中治療室で治療中、11人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は13人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1302人、死亡なし。現在406人が入院中、81人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は105人。現在5人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は58人。

ホバートの新たな市中感染者は3人。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は3人。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州、クイーンズランド州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、タスマニア州、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月20日)
 

更新日:2021年12月19日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者2566人、過去最多更新
▶メルボルンの新たな市中感染者は1240人、4人死亡

12月19日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人。入院者はなし、1114人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,013,127人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は81.4%、1回接種率は89.9%。

シドニーの新たな市中感染者は2566人、過去最多更新。オミクロン株感染者は現在313人。227人が入院中、28人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は18人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1240人、4人死亡。現在392人が入院中、81人が集中治療室で治療中、41人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は80人。現在4人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は41人。西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりクイーンズランド州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。

ホバートの新たな市中感染者は1人。西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりタスマニア州をVery Low Risk(感染の可能性が非常に低い州)からLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げることを発表し、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になる。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は9人。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月19日)
 

更新日:2021年12月18日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者2482人、過去最多更新、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1499人、7人死亡

12月18日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、このうち2人がオミクロン株陽性と判明。入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,013,127人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は81.4%、1回接種率は89.9%。

シドニーの新たな市中感染者は2482人、過去最多更新、1人死亡。オミクロン株感染者は現在226人。206人が入院中、26人が集中治療室で治療中、9人が人工呼吸器を使用している。西オーストラリア州政府は、12月18日(土)よりニューサウスウェールズ州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)から、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表。入州への免除の適用は非常に厳しく限定される。

キャンベラの新たな市中感染者は18人。現在3人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1499人、7人死亡。現在384人が入院中、84人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は72人。現在2人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は29人。西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりクイーンズランド州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。

ホバートの新たな市中感染者は1人。西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりタスマニア州をVery Low Risk(感染の可能性が非常に低い州)からLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げることを発表し、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になる。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は1人。テナントクリークでは、12月20日(月)までロックダウン規制中。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ニューサウスウェールズ州とビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月18日)
 

更新日:2021年12月17日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、12月20日(月)よりQLD州との州境閉鎖を発表。TAS州からの入州も14日間の自主隔離が必要になり、豪国内全州からの入州に自主隔離が必要に
▶シドニーの新たな市中感染者2213人、パンデミック始まって以来の過去最多数、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1503人、7人死亡

12月17日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、このうち2人がオミクロン株陽性と判明。入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,013,127人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は81.4%、1回接種率は89.9%。

シドニーの新たな市中感染者は2213人、パンデミック始まって以来の過去最多数、1人死亡。オミクロン株感染者は現在185人。215人が入院中、24人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州保健大臣は、このまま感染が広がり続ければ、1月下旬には一日当たりの感染者数は2万5000人にまで拡大する恐れがあるとの懸念を表明している。西オーストラリア州政府は、12月18日(土)よりニューサウスウェールズ州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)から、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表。入州への免除の適用は非常に厳しく限定される。

キャンベラの新たな市中感染者は20人。現在4人が入院中。

メルボルンの新たな市中感染者は1503人、7人死亡。現在386人が入院中、82人が集中治療室で治療中、43人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は61人。現在2人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は16人。西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりクイーンズランド州をLow Risk(感染の可能性が低い州)からMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げることを発表し、州境を閉鎖する。

ホバートでも昨日1人、本日2人の新たな市中感染者が確認され、西オーストラリア州政府は、12月20日(月)よりタスマニア州をVery Low Risk(感染の可能性が非常に低い州)からLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げることを発表し、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になる。

ノーザンテリトリー準州の新たな市中感染者は6人。このうち4人の感染者が確認されたテナントクリークでは、12月20日(月)までロックダウン規制が発表された。西オーストラリア州政府は、ノーザンテリトリー準州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月17日)
 

更新日:2021年12月16日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者1742人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1618人、9人死亡

12月16日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、このうち2人がオミクロン株陽性と判明。入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,010,958人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は81.0%、1回接種率は89.7%。

シドニーの新たな市中感染者は1742人。オミクロン株感染者は現在122人。192人が入院中、26人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州保健大臣は、このまま感染が広がり続ければ、1月下旬には一日当たりの感染者数は2万5000人にまで拡大する恐れがあるとの懸念を表明している。西オーストラリア州政府は、12月18日(土)よりニューサウスウェールズ州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)から、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表。入州への免除の適用は非常に厳しく限定される。

キャンベラの新たな市中感染者は11人。現在3人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

メルボルンの新たな市中感染者は1618人、9人死亡。現在384人が入院中、87人が集中治療室で治療中、49人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は23人。現在1人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は18人。また、3人がオミクロン株陽性と判明している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、クイーンズランド州とノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月16日)
 

更新日:2021年12月15日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶パースに到着の海外からの帰国者2人がオミクロン株陽性と判明
▶西豪州政府、NSW州をExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げへ
▶シドニーの新たな市中感染者1360人に急増、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1405人、3人死亡

12月15日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、このうち2人がオミクロン株陽性と判明。入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,006,788人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は80.7%、1回接種率は89.5%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在110人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は1360人に急増、1人死亡。現在166人が入院中、24人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。ニューサウスウェールズ州保健大臣は、このまま感染が広がり続ければ、1月下旬には一日当たりの感染者数は2万5000人にまで拡大する恐れがあるとの懸念を表明した。西オーストラリア州政府は、12月18日(土)よりニューサウスウェールズ州をHigh Risk(感染の可能性が高い州)から、Extreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)カテゴリーに引き上げると発表。入州への免除の適用は非常に厳しく限定される。

キャンベラの新たな市中感染者は7人。現在3人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

メルボルンの新たな市中感染者は1405人、3人死亡。現在365人が入院中、84人が集中治療室で治療中、46人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は24人。現在2人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、クイーンズランド州とノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月15日)
 

更新日:2021年12月14日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶パースに滞在していたトラック運転手の陽性判明。利用していた複数のお店リストを公開
▶シドニーの新たな市中感染者804人に拡大、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は4人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1189人、6人死亡

12月14日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は3人、入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1125人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は2,002,621人。

パースに12月9日(木)から12月11日(土)まで滞在していた、南オーストラリア州の3人のトラック運転手(2台の別のトラック)の新型コロナウイルス陽性が判明した。滞在中にピザ店、ケミスト、スーパーマーケットなど複数のお店を利用していたことから、リストを公表し、同場所を同時刻に訪れている可能性があれば、速やかに検査を受け陰性の結果が出るまで隔離するよう呼び掛けている。現在、このトラック運転手は南オーストラリア州にいる。州政府発表の感染者が利用した場所の詳細リスト(Public exposure sites)は、こちら

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は80.3%、1回接種率は89.3%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在85人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は804人、1人死亡。現在168人が入院中、21人が集中治療室で治療中、9人が人工呼吸器を使用している。

キャンベラの新たな市中感染者は4人。現在4人が入院中、1人が集中治療室で治療中。

メルボルンの新たな市中感染者は1189人、6人死亡。現在364人が入院中、80人が集中治療室で治療中、44人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は12人。現在2人が入院中。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。また、クイーンズランド州とノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月14日)
 

更新日:2021年12月13日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府発表、2022年2月5日(土)州境、国境閉鎖解除へ
▶シドニーの新たな市中感染者536人
▶キャンベラの新たな市中感染者は3人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1290人、2人死亡

12月13日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人、入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1124人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は1,998,595人。

西オーストラリア州政府は、ワクチン2回接種率が90%に達すると見込まれる2022年2月5日(土)に州境、国境の閉鎖を解除することを発表した。約2年ぶりに西オーストラリア州への自由な往来が可能になる。詳細はこちらへ。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は79.9%、1回接種率は89.1%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在64人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は536人。現在171人が入院中、24人が集中治療室で治療中、9人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.1%、1回接種率は94.8%。

キャンベラの新たな市中感染者は3人。現在4人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

メルボルンの新たな市中感染者は1290人、2人死亡。現在323人が入院中、77人が集中治療室で治療中、40人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は6人。現在3人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者は1人。西オーストラリア州政府は、クイーンズランド州をLow Risk(感染の可能性が低い州))カテゴリーに引き上げ、12月13日(月)より入州する際にはワクチン2回接種と14日間の隔離、検査が必要になると発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月13日)
 

更新日:2021年12月12日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者485人、2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は1人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1069人、2人死亡

12月12日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1113人が回復している。これまでの累計感染者数は1123人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は112人。検査結果合計数は1,988,483人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は79.3%、1回接種率は88.7%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在55人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は485人、2人死亡。現在156人が入院中、23人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.1%、1回接種率は94.8%。

キャンベラの新たな市中感染者は1人。現在4人が入院中、2人が集中治療室で治療中。

メルボルンの新たな市中感染者は1069人、2人死亡。現在310人が入院中、74人が集中治療室で治療中、37人が人工呼吸器を使用している。

アデレードの新たな市中感染者は10人。現在3人が入院中。

ブリスベンの新たな市中感染者はなし。西オーストラリア州政府は、クイーンズランド州をLow Risk(感染の可能性が低い州))カテゴリーに引き上げ、12月13日(月)より入州する際にはワクチン2回接種と14日間の隔離、検査が必要になると発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月12日)
 

更新日:2021年12月11日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府発表、12月13日(月)よりQLD州からWA州に入州する際にはワクチン2回接種と14日間の隔離、検査が必要に
▶シドニーの新たな市中感染者560人、3人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は11人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1191人、13人死亡

12月11日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1123人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,988,483人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は79.3%、1回接種率は88.7%。

ゴールドコーストで昨日6人、本日1人の市中感染者が確認されており、西オーストラリア州政府は、クイーンズランド州をVery Low Risk(感染の可能性が非常に低い州)から、Low Risk(感染の可能性が低い州))カテゴリーに引き上げることを発表し、12月13日(月)よりWA州に入州する際にはワクチン2回接種と14日間の隔離、検査が必要になる。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在45人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は560人、3人死亡。現在150人が入院中、25人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.1%、1回接種率は94.7%。

キャンベラの新たな市中感染者は11人。現在5人が入院中、2人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.2%。

メルボルンの新たな市中感染者は1191人、13人死亡。現在323人が入院中、68人が集中治療室で治療中、29人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は7人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月11日)
 

更新日:2021年12月10日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶豪政府、1月10日より5才~11才子どもへのワクチン接種開始を発表
▶シドニーの新たな市中感染者516人
▶キャンベラの新たな市中感染者は6人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1203人、2人死亡

12月10日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1123人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,988,483人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は79.3%、1回接種率は88.7%。

オーストラリア政府は、5才~11才の子どもへのファイザー製ワクチン接種を1月10日より開始することを発表した。投与量は大人の3分の1とされ、1回目と2回目の接種間隔も大人が3週間なのに対し、8週間とされる見込み。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在42人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は516人。現在158人が入院中、24人が集中治療室で治療中、9人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.0%、1回接種率は94.7%。

キャンベラの新たな市中感染者は6人。現在5人が入院中、2人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.2%。

メルボルンの新たな市中感染者は1203人、2人死亡。現在313人が入院中、61人が集中治療室で治療中、25人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は7人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月10日)
 

更新日:2021年12月9日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーのオミクロン株感染者は42人に。
▶シドニーの新たな市中感染者420人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は4人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1230人、9人死亡

12月9日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1123人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,984,344人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は78.6%、1回接種率は88.4%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在42人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は420人、1人死亡。現在151人が入院中、25人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は93.0%、1回接種率は94.7%。

キャンベラの新たな市中感染者は4人。現在5人が入院中、2人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.1%。

メルボルンの新たな市中感染者は1230人、9人死亡。現在315人が入院中、52人が集中治療室で治療中、27人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は6人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月9日)
 

更新日:2021年12月8日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶オミクロン株感染者はシドニーで34人に。メルボルン、ブリスベン、ケアンズでも確認
▶シドニーの新たな市中感染者403人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は8人、1人死亡
▶メルボルンの新たな市中感染者は1312人、5人死亡

12月8日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,981,699人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は78.6%、1回接種率は88.4%。

オーストラリア国内のオミクロン株感染者は、現在シドニーで34人、キャンベラで5人、メルボルンで1人、クイーンズランド州のケアンズで1人、またブリスベンでも1人がオミクロン類似株が確認された。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は403人、1人死亡。現在151人が入院中、25人が集中治療室で治療中、7人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.9%、1回接種率は94.7%。

キャンベラの新たな市中感染者は8人、1人死亡。現在4人が入院中、2人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.1%。

メルボルンの新たな市中感染者は1312人、5人死亡。現在303人が入院中、51人が集中治療室で治療中、27人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は2人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月8日)
 

更新日:2021年12月7日(火)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶オミクロン株感染者はシドニーで31人に、キャンベラで5人に増加
▶シドニーの新たな市中感染者260人、2人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は3人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1185人、7人死亡

12月7日(火曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,978,078人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は78.2%、1回接種率は88.2%。

オーストラリア国内のオミクロン株感染者は、現在シドニーで31人、キャンベラで5人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は260人、2人死亡。現在155人が入院中、28人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.8%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は3人。現在5人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は1185人、7人死亡。現在297人が入院中、47人が集中治療室で治療中、25人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は4人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月7日)
 

更新日:2021年12月6日(月)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶ブリスベン・QLD州政府、12月13日(月)よりホットスポット地域との州境閉鎖解除を発表
▶シドニーの新たな市中感染者208人
▶キャンベラの新たな市中感染者は6人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1073人、6人死亡

12月6日(月曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,974,257人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は77.8%、1回接種率は88.0%。

ブリスベンの新たな市中感染者はなし。クイーンズランド州政府は、12月13日(月)よりシドニー、メルボルン、キャンベラ、アデレード、ノーザンテリトリー準州などのホットスポット地域との州境閉鎖を解除することを発表した。ワクチン接種完了者は、出発72時間前のPCR検査陰性証明を提示し、入州してから5日後に検査を受けるという条件を満たせれば、隔離することなく入州が可能になる。ワクチン未接種者は、空港での入州に限られ14日間ホテルでの隔離が必要になる。クイーンズランド州政府は、16才以上のワクチン2回接種率が80%に達した時に州境を開放する計画を発表していた。現在の16才以上のワクチン2回接種率は78.7%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在25人となっている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は208人。現在152人が入院中、24人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.8%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は6人。現在6人が入院中、3人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は98.0%。

メルボルンの新たな市中感染者は1073人、6人死亡。現在310人が入院中、45人が集中治療室で治療中、19人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は3人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月6日)
 

更新日:2021年12月5日(日)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者286人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は6人
▶メルボルンの新たな市中感染者は980人、7人死亡

12月5日(日曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,964,972人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は77.0%、1回接種率は87.6%。

シドニーのオミクロン株感染者は、現在15人となっている。キャンベラでも2人目の陽性者が確認された。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は286人、1人死亡。現在148人が入院中、26人が集中治療室で治療中、5人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.8%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は6人。現在6人が入院中、2人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.9%。

メルボルンの新たな市中感染者は980人、7人死亡。現在299人が入院中、40人が集中治療室で治療中、16人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は6人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月5日)
 

更新日:2021年12月4日(土)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーの新たな市中感染者325人、1人死亡
▶キャンベラの新たな市中感染者は7人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1363人、9人死亡

12月4日(土曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1112人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,964,972人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は77.0%、1回接種率は87.6%。

シドニーの新たな市中感染者は325人、1人死亡。現在139人が入院中、25人が集中治療室で治療中、8人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.7%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は7人。現在6人が入院中、3人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.9%。

メルボルンの新たな市中感染者は1363人、9人死亡。現在288人が入院中、44人が集中治療室で治療中、20人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は5人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月4日)
 

更新日:2021年12月3日(金)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーのオミクロン株感染者13人に
▶キャンベラでもオミクロン株感染者1人確認
▶シドニーの新たな市中感染者337人
▶キャンベラの新たな市中感染者は4人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1188人、11人死亡

12月3日(金曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の新たな感染者は、海外からの帰国者1人、パース市内のホテルで隔離検疫中。西オーストラリア州の現在の感染者数は2人、入院者はなし、1111人が回復している。これまでの累計感染者数は1122人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,964,972人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は77.0%、1回接種率は87.6%。

シドニーのオミクロン株感染者は13人に拡大している。シドニー西部の学校で3人のオミクロン株陽性が確認され、生徒たちは海外への渡航歴もなく、濃厚接触者でもないことから市中感染が広がっていることが懸念されている。また、昨日陽性が確認された子どもの両親もゲノム解析の結果、オミクロン株陽性であることが判明した。そして、キャンベラでも海外渡航歴のない1人のオミクロン株陽性が確認された。現在、オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は337人。現在140人が入院中、25人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.6%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は4人。現在4人が入院中、3人が集中治療室で治療中。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.9%。

メルボルンの新たな市中感染者は1188人、11人死亡。現在289人が入院中、43人が集中治療室で治療中、22人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

アデレードの新たな市中感染者は4人。西オーストラリア州政府は、南オーストラリア州をMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げ、州境閉鎖を発表している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月3日)
 

更新日:2021年12月2日(木)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶西豪州政府、本日深夜よりSA州との州境閉鎖を発表
▶シドニーで8人目のオミクロン株感染者を確認
▶シドニーの新たな市中感染者271人
▶キャンベラの新たな市中感染者は8人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1418人、10人死亡

12月2日(木曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1111人が回復している。これまでの累計感染者数は1121人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,962,139人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は76.6%、1回接種率は87.4%。

アデレードで新たに18人の市中感染者が確認されたことを受け、西オーストラリア州政府は、本日深夜より南オーストラリア州をLow Risk(感染の可能性が低い州)から、Medium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーに引き上げるとし、州境閉鎖を発表。南オーストラリア州から入州する際には、特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査が必要となる。

本日新たにシドニーへの帰国者2人のオミクロン株陽性が確認され、シドニーで8人目となった。1人目はアフリカ南部に滞在後、11月28日にシンガポール航空でシドニーに到着。2人目はワクチン接種年齢に達しない子どもで、11月23日に家族と共にドーハからシドニーに到着、南部アフリカでの滞在歴はない。ワクチン接種が完了している両親は、新型コロナウイルス陽性であり、現在ゲノム検査を行っている。現在、オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限している。

シドニーの新たな市中感染者は271人。現在144人が入院中、24人が集中治療室で治療中、10人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.6%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は8人。現在7人が入院中、3人が集中治療室で治療中、1人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.9%。

メルボルンの新たな市中感染者は1418人、10人死亡。現在288人が入院中、41人が集中治療室で治療中、20人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域と南オーストラリア州はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州はLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーとして、入州する際にはワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月2日)
 

更新日:2021年12月1日(水)
▶パースで新たな市中感染者なし
▶シドニーで6人目のオミクロン株感染者を確認
▶シドニーの新たな市中感染者251人
▶キャンベラの新たな市中感染者は4人
▶メルボルンの新たな市中感染者は1179人、6人死亡

12月1日(水曜日)パースの新たな市中感染者なし。西オーストラリア州の現在の感染者数は1人、入院者はなし、1111人が回復している。これまでの累計感染者数は1121人(うち9名死亡)。抗体検査による過去の既感染者数は111人。検査結果合計数は1,950,855人。

西オーストラリア州政府は、国境、州境が開かれるのは12才以上の州民の90%が、2回のワクチン接種を達成した時点とし、おそらく1月下旬または2月上旬に達成できるだろうとしている。現在、州の12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は76.2%、1回接種率は87.1%。

本日新たにシドニーへの帰国者1人のオミクロン株陽性が確認され、現在、オーストラリアでは7人の陽性者が特別施設で14日間隔離されている。オーストラリア政府は、アフリカ南部9か国からの入国を制限。また、12月1日からワクチンの2回接種を完了した留学生や特定のビザ保持者、日本と韓国からの旅行者の国境制限を緩和する(国境を再開している州において)としていたが、12月15日まで延期することを発表した。

シドニーの新たな市中感染者は251人。現在154人が入院中、25人が集中治療室で治療中、11人が人工呼吸器を使用している。16才以上の新型コロナワクチン2回接種率は92.5%、1回接種率は94.6%。

キャンベラの新たな市中感染者は4人。現在8人が入院中、3人が集中治療室で治療中、2人が人工呼吸器を使用している。12才以上の新型コロナワクチン2回接種率は97.8%。

メルボルンの新たな市中感染者は1179人、6人死亡。現在299人が入院中、43人が集中治療室で治療中、18人が人工呼吸器を使用している。ビクトリア州政府は、ワクチン接種完了者への規制を緩和している。

西オーストラリア州政府は、現在、ビクトリア州はExtreme Risk(感染の可能性が非常に高い州)、ニューサウスウェールズ州はHigh Risk(感染の可能性が高い州)、オーストラリア首都特別地域はMedium Risk(感染状況を注視している州)カテゴリーとして州境を閉鎖しており、免除の適用は非常に厳しく限定される。特別な免除許可を得た上で、新型コロナワクチンの2回接種を義務付け、出発72時間前のPCR検査陰性証明、14日間の隔離、検査を必要としている。

また、ノーザンテリトリー準州と南オーストラリア州をLow Risk(感染の可能性が低い州)カテゴリーに引き上げ、入州する際には、ワクチンの2回接種と14日間の隔離、検査が必要になっている。
(情報元:西オーストラリア州保健省/ABC News/12月1日)
 
 
関連記事:<パース発2021年11月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年10月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年9月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年8月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年7月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年6月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年5月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年4月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年3月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年2月の感染者数>
関連記事:<パース発2021年1月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年12月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年11月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年10月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年9月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年8月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年7月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年6月の感染者数>
関連記事:<パース発2020年3月~5月の感染者数>
関連記事:<【新型コロナウイルス関連】パース発2020年3月~5月の記録>







関連記事

  • 【新型コロナウイルス関連】2022年5月25日<パース発2022年5月の感染者数>

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】2022年4月30日<パース発2022年4月の感染者数>

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】西豪州でもついに規制緩和措置によりマスクの着用義務が撤廃

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】4月9日~のスクールホリデーに臨時ワクチン接種会場が設置。特典やアクティビティも併設。

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】2022年3月31日<パース発2022年3月の感染者数>

    くらし:ニュース
  • 【新型コロナウイルス関連】速報!本日3月3日より西オーストラリア州の州・国境が再開!

    くらし:ニュース