オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

大量得点のきっかけは太田の左足から始まった!ファイナルシリーズに向けて前進!

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.



 
この日の試合を決定づけたのは太田の左足だった。あの計算された正確無比なクロスが上がらなければ、あのような圧勝劇はなかったかもしれない。
 

<Aリーグを知る記者の視点 A League Football Journalist’s Point Of View>
今シーズン(A League 2020-21 Season)から、Aリーグを知る記者の視点から更に詳しくパースグローリーの試合についてお届けする。

 

2020-21シーズンAリーグ パースグローリー試合結果
Matchweek 21(2021年5月16日)
Perth Glory 5 – 1 Western Sydney Wanderers 会場:HBF Park

 
 
前節はクラブ側の配慮で休養が宛がわれたが、この試合は満を持してのスターティングイレブンに戻った背番号8番の太田宏介。相手は、前線からプレッシャーをかけ、DF陣のボール回しからプレスをかけてくる戦術で、前回もグローリーに黒星を付けているWestern Sydney Wanderers。太田も「良いチームでしたね」と評していた。

この日のグローリーの布陣は3-5-2。太田は3バックの一枚ではなく、MF5枚の左ワイドのポジションが主戦場となった。今までの最後列での守備重視から、攻撃参加も期待されるポジションだ。ただ、前日練習では前に抜けるプレーというより、味方FWの裏を抜けるパスの供給をコーチ陣は太田に指示していた。

しかし、太田のポテンシャルはコーチの期待よりもはるかに上を行っていた。開始4分、太田は相手DFとの間合いを測り、背番号17番のキャプテン、Diego Castroへ縦パスを要求。その瞬間に猛烈なスプリットでライン際を駆け上がる。パスを受けた時点ですでに相手DFを置き去りにしていた。一瞬中を見る。そして、伝家の宝刀の左足を振り抜いた。

芯を食ったボールが絶妙なスピードでゴール前に飛ぶ。そのボールは、糸を針で通したように相手DFの間を直進してきた背番号10番のAndy Keoghの頭に。Keoghは、ただ自分の頭に当てればよかった。

ゴールの瞬間、Keoghは太田を指差す。太田のクロスが全てだったことはKeoghは分かっている。歩み寄ってきたKeoghを両手でハグする太田。笑顔が爆発する2人にフィールドフレーヤーが囲み、さらに輪になって喜ぶ選手たち。

過去のシーズンではチーム得点王にもなっていたKeoghにとって、このゴールがなんと今シーズンの初得点となった。Keoghのあの満面の笑みから、太田のクロスにどれだけ感謝したか図りしれない。前半終了直後にKeoghがウォーターボトルを差し出した太田に声をかけた。当然、ウォーターボトルへのお礼ではなかったことは間違いない。


<左サイドを駆け上がり、ゴール前の味方選手の位置を正確に確認してクロスを上げる背番号8番の太田宏介。Image from Kayo Sports Screenshot>
 

<2人の相手DFの間を走り抜け、頭で先制点を叩き出した背番号10番のAndy Keogh(左から5番目の選手)。Image from Kayo Sports Screenshot>
 

<得点直後にピンポイントの太田のクロスを称えるKeogh。Image from Kayo Sports Screenshot>
 

<喜びを爆発させた2人と、グローリーのストライカー、背番号9番のBruno Fornaroli(写真右)。Image from Kayo Sports Screenshot>
 

早い段階で先制したグローリーの勢いに気負いしたのか、チーム全体の前からのプレッシャーが弱まってしまったWanderers。そのスキを見事に突いた2点目が生まれる。またしてもKeoghだった。

センターサークル付近の約40メートル以上もある位置からKeoghがシュートを放つ。相手GKの背番号30番、Daniel Margushが前に出ているのを事前に察知して、ロングボールをけり込んだ。

バックステップで天高く手を上げるMargushだが、ボールは無情にも頭上を通り抜け、ネットを揺らした。グローリーが追加点を得る。

相手DFのFWに対する一歩の寄せが今まで通りだったら、Keoghもあの位置でシュートを打たなかったかもしれない。ただ、太田のスーパー・クロスが引き金の先制点で、相手DFの精神的ダメージが影響した一点だったとも言える。

その後の試合展開は、この日がちょうど誕生日だったKeoghのためのショータイムとなった。なんと後半にも2点をもぎ取り、一試合4点を記録。自身にとってもグローリーでの一試合4得点は初のことで、グローリーでは2011-12年シーズンのShane Smeltz以来となった。


<試合前はグローリーにとって厳しい戦いになると予想されていたが、蓋を開けてみたら大差の勝利でグローリーに軍配が上がった。そのきっかけを作ったのが太田だった>
 

試合前にドレッシングルームで「行ってきます」と硬く握手を交わし入場選手の列に加わった太田。ハーフタイムには「まずは一本ですね」と自身のアシストについて触れ、試合後はピッチで口に水を含みながら「良かったですね!」と安堵の笑みを見せた。

この日は、試合後に「パースグローリー太田宏介選手を応援しよう!」の握手&サイン会も催され、当企画に申し込まれたファンは試合直後の太田との一時の交流を楽しんだ。

握手&サイン会も終え、ドレッシングルームで監督からの「Let’s start again(また、ここからがスタートだ!)」の激励を受け、スタジアムを後にした太田。あの秀逸したクロスについては「久しぶりにパチッンと会いましたね(笑)」と振り返っていた。


<「パースグローリー太田宏介選手を応援しよう!」の握手&サイン会の模様>

★パースグローリー太田宏介選手を応援しに行こう!『観客席+お得な特典』の購入はこちらから★
 

<試合後、スタジアムからの観客の歓声に拍手で応える太田>
 

【試合結果】
Perth Glory 5 – 1 Western Sydney Wanderers

得点:
<Perth Glory>
Andy Keogh(5分)
Andy Keogh(24分)
Andy Keogh(66分/PK)
Andy Keogh(72分)
Joel Chianese(90+4分)

<Western Sydney Wanderers>
Bruce Kamau(49分)

 
文:今城康雄(いまなりやすお)。パースの日本語メディア「The Perth Express」の代表兼、編集長。2005年のAリーグの開幕以来、リーグ公認のメディアとなっている「The Perth Express」のジャーナリストとしても、パースグローリーのホームゲームはほぼ全試合、記者席より取材を重ねてきた。2020年よりパースグローリー日本地区担当マネージャー兼任。
 
 
【参考】
関連記事:ベンチ外の背番号8番、不動の左SBの太田宏介。14試合連続出場ストップ!
関連記事:ファイナルシリーズ進出のためには絶対に負けられない一戦だった!
関連記事:やっとのホームが無観客試合のグローリー。相手はリーグ首位のMelbourne City!
関連記事:【速報】ロックダウン明けのパースグローリー、ホーム7連戦の初戦の相手はMacarthur FC。
関連記事:4試合ぶりのホームゲーム。必勝を期してピッチに立つグローリーイレブンだったが。
関連記事:【速報】明日18日は久々のホームゲーム!アウェイ3連戦の3試合目の結果は?!
関連記事:【速報】新グローリーの幕開けか?!太田宏介がチームを引っ張る!
関連記事:【速報】復調の兆しが見えたか?アウェイ3連戦の初戦はAリーグ新規参入チーム!
関連記事:【速報】グローリー、勝たなければ後がなくなる一戦!試合結果は?!
関連記事:【速報】5試合ぶりの勝利をつかみ取れるか、グローリー?!
関連記事:【速報】左SBの太田宏介も一角を担うパースグローリーのDF陣崩壊か?!
関連記事:【速報】パースグローリーの太田宏介、先発フル出場果たす!
関連記事:【速報】グローリーの背番号8番、左DFの太田宏介がスターティングイレブンに名を連ねる!
関連記事:【速報】「自分のところから逆転できるチャンスは作った。最低限の結果は残した」太田宏介談
関連記事:【速報】違いを見せるには30分で十分だった。元日本代表の左DF太田宏介!
関連記事:本日発表!元日本代表の太田宏介選手がパースグローリーと契約!
関連記事:パースグローリー 栄光への道

関連(外部リンク):太田宏介オフィシャルインスタグラム
関連(外部リンク):太田宏介オフィシャルブログ
関連(外部リンク):太田宏介オフィシャルツイッター

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事