オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

速報!5試合ぶりの勝利をつかみ取れるか、グローリー?!

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.



【Image from Perth Glory FC】

 
試合開始から27分後に最初のシュートの機会を得たパースグローリー。それまでにSydney FCには3度の決定機があった。その劣勢だった試合展開をグローリーの背番号8番、太田宏介のパスを起点に転換させる。
 

<Aリーグを知る記者の視点 A League Football Journalist’s Point Of View>
今シーズン(A League 2020-21 Season)から、Aリーグを知る記者の視点から更に詳しくパースグローリーの試合についてお届けする。

 

2020-21シーズンAリーグ パースグローリー試合結果
Matchweek 13(2021年3月24日)
Perth Glory 1 – 1 Sydney FC 会場:HBF Park

 
 
前半43分、左サイドの太田が背番号17番、グローリーのキャプテンのDiego Castroへ相手2選手の背後へとなるスルーパスを出す。そのパスをCastroがPA内に運び、ゴールライン際でゴール前に折り返す。その折り返しに背番号9番のストライカー、Bruno Fornaroliがゴールに流し込む。

この日、背番号10番のAndy Keoghに代わりスタメンでピッチに立った19歳の背番号38番、Ciaran BramwellとFornaroliがオフサイドではなかったかとVAR審査が入ったが、オンサイドだったため得点が認められた。少ないチャンスを活かしてパースグローリーが先制した。

前半のSydney FCの攻撃を最後の砦として背番号33番のGK、Liam Reddyが死守していたが、63分(後半18分)に失点する。これでは試合は振り出しに戻るも、後半のグローリーは太田のCKやクロスなどで相手ゴールを脅かすシーンが幾度と生まれた。ただ最後の詰めに欠き、そのままゴールネットを揺らすことなく1-1の引き分けで試合は終了した。

試合前に「今日は、2日後の試合のことを考えずに走り切ります」と話していた太田だが、試合終了のホイッスルを聞き、スタンドの日本人観客のところへ足早に駆け寄って一礼した後、ピッチのチームの輪に加わらずに険しい表情でひとりドレッシングルームに姿を消した。


<空中戦でも安定した強さを発揮した背番号8番の太田宏介(Image from Perth Glory FC)>

 
【試合結果】
Perth Glory 1 – 1 Sydney FC

得点:
<Perth Glory>
Bruno Fornaroli(43分)

<Sydney FC>
Bobô(63分)
 
 
文:今城康雄(いまなりやすお)。パースの日本語メディア「The Perth Express」の代表兼、編集長。2005年のAリーグの開幕以来、リーグ公認のメディアとなっている「The Perth Express」のジャーナリストとしても、パースグローリーのホームゲームはほぼ全試合、記者席より取材を重ねてきた。2020年よりパースグローリー日本地区担当マネージャー兼任。
 
 
【参考】
関連記事:【速報】左SBの太田宏介も一角を担うパースグローリーのDF陣崩壊か?!
関連記事:【速報】パースグローリーの太田宏介、先発フル出場果たす!
関連記事:【速報】グローリーの背番号8番、左DFの太田宏介がスターティングイレブンに名を連ねる!
関連記事:【速報】「自分のところから逆転できるチャンスは作った。最低限の結果は残した」太田宏介談
関連記事:【速報】違いを見せるには30分で十分だった。元日本代表の左DF太田宏介!
関連記事:本日発表!元日本代表の太田宏介選手がパースグローリーと契約!
関連記事:パースグローリー 栄光への道

関連(外部リンク):太田宏介オフィシャルインスタグラム
関連(外部リンク):太田宏介オフィシャルブログ
関連(外部リンク):太田宏介オフィシャルツイッター

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事