オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

Lesson 6 「その時!」シリーズ『通勤編』

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

“学校では教えてくれない「知っ」て「得」する、リアルなオージーの活きた日常英会話を紹介していきます!”普段の生活の中で困ったことが起こったとき「とっさに英語で何て言えばいいのかな?」と悩むことがあるはず。今シリーズでは「その時」に使える英語のフレーズを紹介。

Lesson 6は、通勤編です。徒歩や自転車、公共交通などを使って通勤するといったシーンごとの英会話となっています。

 

*SCENE 1


徒歩で通勤中に道を聞かれて。


Sorry I’ve only been in Perth 10 days so I don’t know either.

訳:パースに来てまだ10日なので、ちょっとわからないんですよ。ごめんなさい。

 
 

*SCENE 2


自転車で通勤中に子どもが路地から飛びだしてきて。


Look out!

訳:危ない!

 
 

*SCENE 3


バスでの通勤中、運転手さんがバス停で止まるのを忘れて。


Excuse me, I pushed the button and you just went past my stop!

訳:自分のバス停、今、通り過ぎました!ボタンを押したのに!

 
 

*SCENE 4


電車で通勤中に具合が悪くなって。


Excuse me, I don’t feel well. Would I be able to take your seat?

訳:体調が悪くなって。席を譲って頂けませんか?

 
 

*SCENE 5


自動車で同僚と通勤中に。


Would it be OK to go to the bank on the way?

訳:銀行に寄りたいんだけど、いいかな?

 
 

*SCENE 6


フェリーで通勤中、席を見つけて。


Is this seat taken?

訳:ここ、空いていますか?
 
 


 

 

スティーブさんより

「今回は前回の緊急(警察&消防)編に続き、『緊急(救急)』です。人命に直結することが多いと思うので、迅速さが要求されますが、伝えなければならないことはしっかり伝えることが大切でしょう。」

 

Steve Nishioka

今回は通勤編です。通勤の手段はそれぞれだと思いますが、全てのフレーズはどのシーンでも活用できますので、ぜひ使ってみましょう。

 

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事