Japan Australia Information Link Media パースエクスプレス

パースエクスプレス Vol.184 2013年5月号

「体の具合がおかしい」と感じたら パースで はじめての病院

特集:「体の具合がおかしい」と感じたら
パースで はじめての病院

異国の地で不安に感じる方も多いかもしれませんが、パースで病院にかかるのは難しいことではありません。今特集では、皆さんの不安を取り除くため、オーストラリアの医療からパースでの病院の行き方や薬局について紹介します。

取材協力: 日本語医療センター(International Medical Services)/パース・メディカル・センター(Perth Medical Centre)/ファーマシティ・ガーディアン・ファーマシー(Pharmacity Guardian PHARMACY)/フレンドリーズ・ケミスト・パース(Friendlies Chemists Perth)

オーストラリアの医療制度

オーストラリアの医療制度は、日本の医療制度とは異なります。「体の具合がおかしい」と感じたら、症状に関わらずGP(General Practitioner)と呼ばれる一般開業医で診察を受けます。事故や緊急を要する場合を除き、一般開業医からの紹介なしでは、専門医や他の病院に行くことはできません。

【一般開業医General Practitioner】

専門医に直接行くことができないオーストラリアでは、GP(一般開業医)が窓口となります。GPでは専門医と異なり、歯科以外の全ての診察を受けることができます。

【専門医Specialist】

GPでの治療が困難な場合、GPから紹介を受けて専門医で診察を受けます。

※各ページはpdfファイルで表示されます。



オーストラリアの医療制度 予約から薬の受け取りまでの流れ GPでの診察の受け方 予約から薬の受け取りまでの流れ GPでの診察の受け方 予約から薬の受け取りまでの流れ GPでの診察の受け方
バリー医師に聞く―よくある症例 Dr.からの対策方法 バリー医師に聞く―よくある症例 Dr.からの対策方法 バリー医師に聞く―よくある症例 Dr.からの対策方法 バリー医師に聞く―よくある症例 Dr.からの対策方法
英語が苦手な方の強い味方 通訳の仕事 処方箋医薬品から一般用の医薬品まで オーストラリアの薬 医薬品だけではなく様々なものが購入できる便利な場所 オーストラリアの薬局  

  • オーストラリアの医療制度
  • 予約から薬の受け取りまでの流れ GPでの診察の受け方 その@ そのA そのB
  • バリー医師に聞く―よくある症例 Dr.からの対策方法 その@ そのA そのB そのC
  • 英語が苦手な方の強い味方 通訳の仕事
  • 処方箋医薬品から一般用の医薬品まで オーストラリアの薬
  • 医薬品だけではなく様々なものが購入できる便利な場所 オーストラリアの薬局