Japan Australia Information Link Media パースエクスプレス

パースエクスプレス Vol.228 2017年1月号

パースグローリー Perth Glory


本調子の上がらないグローリー。リーグ全27試合のほぼ半分を終え、後半戦をいかに戦い抜くのか。上位進出のカギはアウェイでの勝利。注目しよう!

【Round 11】2016年12月17日
 vs Sydney FC (nib Stadium) 1−4

リーグトップをひた走るSydney FCとホームで対戦したグローリー。前半20分、けがで出遅れたが、復調を見せる13−14シーズンのリーグ最多得点を記録した背番号22番のAdam Taggartがゴール前の混戦から先制する。しかし、3バックで臨んだグローリーは、この後、試合を一転させる。一分後、左サイドでフリーになったSydney FCの背番号14番、Alex Brosqueがサイドネットを揺らすと、後半15分はそのBrosqueからのクロスを背番号21番のスロバキア人、Filip Holoskoが頭で合わせ、更に10分後には背番号9番のブラジル人ストライカー、Boboに追加点を奪われる。最後は、PA内の反則でPKを献上して、万事休す。元グローリーでAリーグ最多出場記録を更新中のSydney FCのGK、Danny Vukovicの好セーブもあったが、結果的には自力に勝るSydney FCが大差でアウェイ勝利をものにした。今シーズン、Sydney FCはまだ黒星を記していない(2016年12月17日現在)。

【Round 12】2016年12月27日
 vs Melbourne City (AAMI Park) 3−3

2016年最後の試合は、オーストラリア・サッカー界の国民的スター、Melbourne Cityの背番号17番、Tim Cahillのゴールで始まった。開始9分、コーナーキックのボールを得意とする高い打点のヘディングでゴールを奪った。しかし21分、けがからの復帰でスターティングメンバーに名を連ね、昨季Aリーグで最も活躍した選手に贈られるJohnny Warren Medalを受賞したグローリーの背番号17番、Diego Castroが見せる。ゴール前で受けたクロスに反応して、コースを見定めて同点弾を決める。15分後、今度はホームのCityが勝ち越す。昨季のリーグ得点王、背番号23番のBruno Fornaroliが技ありのシュートを決める。また直後にPKのチャンスを得るも、FornaroliのシュートはグローリーのGK、背番号33番のLiam Reddyにはじき返される。劣勢からの勢いで、前半40分、またこの男が決める。CastroはドリブルからPA内に進入し、相手DF2人のプレッシャーをものともせず、僅かなコースを狙って、ゴールマウスにボールを流し込んだ。これで、試合は2対2となった。後半に入り、グローリーの背番号3番、DFのMarc WarrenがPA内で相手選手を倒してしまう。前半のCityに与えたPKもWarrantのディフェンスだったが、今回はウルグアイ人ストライカー、FornaroliがGKの逆を突いて落ち着いて決めた。ただ、この日のグローリーはあきらめなかった。3分後、自陣から背番号10番のMF、Nebojsa Marinkovicからの大きなフィードに背番号14番のChris Haroldが反応する。快足を活かしてそのままドリブルし、角度のないところからのシュートがゴールへ突き刺さった。その後、両チームとも退場者を出し、後半アディショナルタイムに劇的な幕切れかと思われるシーンが待っていた。またもやCityがPKを獲得。キッカーはこの日3本目となる、Fornaroli。しかし、Reddyが好セーブ。試合はそのまま3−3で終了した。

【Round 13】2017年1月1日
 vs Western Sydney Wanderers (ANZ Stadium) 1−1

1ヶ月以上勝ち星がないグローリーは、日本人選手で背番号14番、楠神順平を擁するWestern Sydney Wanderersと対戦。前半14分、絶妙なタイミングで抜け出した背番号22番のストライカー、Adam TaggartがGKの動きを良く見ながら先制点を挙げる。その後、Wanderersは楠神の決定的なパスをものにすることができず、後半へと折り返す。そして22分、交代選手としてピッチに立った背番号16番のJaushua SotirioがDFの裏を抜け、GKとの一対一を制した。その後は、両チームとも一進一退の攻防を繰り広げるも、ゴールを割ることができず、勝ち点を分け合った。

【Round 14】2017年1月5日
 vs Wellington Phoenix(nib Stadium) 2−1

Aリーグの名将Ernie Merrickがシーズン途中で辞任し、代わりにコーチとしてはAリーグ史上最年少監督となったDesmond Buckinghamが率いるWellington Phoenixを迎え入れての一戦。また、かつてグローリーの一員として活躍し、Aリーグ通算89得点で歴代3位のShane Smeltzが、地元Phoenixに2016月12月から途中加入し、この試合が復帰初戦となった。そのPhoenixが前半20分に先制する。背番号99番のFW、Smeltzからのパスに背番号21番のFW、Roy Krishamがシュート。放たれたボールは、グローリー背番号33番のGK、Liam Reddyの脇を滑り抜け、転がるようにゴールインとなった。その後は互いに譲らぬ攻防を広げるが、前半アディショナルタイムにグローリーのキャプテン、背番号8番のMF、Rostyn Griffithsが約20mのミドルシュートを豪快にゴールマウスにぶち込んだ。振り出しに戻った試合だったが、後半6分、グローリーは勝ち越しに成功する。背番号9番のFW、Andy Keoghからの柔らかいクロスに背番号22番のストライカー、Adam Taggartが頭であわせた。そして後半16分、先制点を決めたPhoenixのKrishamが足の裏を見せる危険なプレーで一発退場となる。その後、季節外れの横殴りの雨によって一人少ないPhoenixにとっては追い討ちかけるように酷なピッチ状況となり、同点の機会はほとんど作れず、試合はそのまま2−1で終了となった。2017年最初の試合は平日に行われたにもかかわらず、9,210人の観客が詰め掛け、グローリーのファンにとっては良いスタートが切れた試合となった。

(左写真)選手の健闘を称えるグローリーのKenny Lowe監督。 (右写真)アシスタントコーチ従えて記者会見に臨むAリーグ史上最年少のPhoenixの監督、Desmond Buckingham(右写真内左)。





パースグローリー
 2017年1月・2月の観戦インフォメーション

Round

開催日

対戦相手

試合会場

15

1月15日(日)

vs Newcastle Jets

Hunter Stadium

16

1月21日(土)

vs Melbourne Victory

nib Stadium(ホーム)

17

1月28日(土)

vs Central Coast Mariners

Bluetongue Stadium

18

2月4日(土)

vs Newcastle Jets

nib Stadium(ホーム)

19

2月10日(金)

vs Adelaide United

Hindmarsh



― トップへ戻る ―