Japan Australia Information Link Media パースエクスプレス

パースエクスプレス Vol.221 2016年6月号

パースグローリー Perth Glory


Adelaide Unitedが栄冠を手に入れ、Aリーグ2015-16シーズンは終了した。パースグローリーはレギュラーシーズン5位の成績で幕を閉じ、選手を労うかのように各種受賞式が行われた。


2015-16シーズンAリーグ

最優秀選手はDiego Castro選手が受賞

Aリーグ2015-16シーズンの個人賞が発表となり、最優秀選手賞(Johnny Warren Medal)は、グローリーのDiego Castro選手に贈られた。また、最優秀若手選手賞(NAB Young Footballer of the Year)は、昨シーズングローリーに在籍し、昨年も同賞をノミネートされたBrisbane RoarのJamie Maclaren選手が獲得した。ゴール数でもAリーグ2位の20得点が評価された結果となった。得点王(Nike Golden Boot Award)は、23得点でMelbourne CityのBruno Fornaroli選手、最優秀監督賞(Coach of the Year)は、2015-16Aリーグレギューラーシーズン、グランドファイナルともにAdelaide Unitedを頂点に導いたGuillermo Amor監督に贈られた。


2015-16シーズンパースグローリー


クラブ最優秀選手&得点王など5冠のDiego Castro選手

2月と3月にはAリーグ月間ベストプレーヤーに選ばれ、全28試合中26試合に出場し13得点4アシスト(Foxtel調べ)を記録した背番号17番のDiego Castro選手が、クラブ最優秀選手賞(QBE Most Glorious Player)&得点王(Golden Boot)の2冠の他、選手が選ぶ優秀選手賞(Players’ Player of the Year)など含め、5冠を総なめした。Aリーグでの最優秀選手賞と合わせると6冠となった。





クラブアシスト王はJosh Risdon選手

オーストラリア代表でもあり、リーズン途中からゲームキャプテンを任された背番号19番のJosh Risdon選手がアシスト5を記録した(Foxtel調べ)。また、ベストクラブマン賞(Best Clubman Award)やクラブ最優秀若手選手賞(Young Player of The Year)にも輝いた。






オーストラリアプロサッカー選手会が選ぶベスト11

オーストラリアプロサッカー選手会(Professional Footballers Australia)が選ぶ、Aリーグ2015-16シーズンベスト11にグローリーからCastro選手とRisdon選手が選出された。



― トップへ戻る ―