Japan Australia Information Link Media パースエクスプレス

パースエクスプレス Vol.211 2015年8月号

パースグローリー Perth Glory


7月29日から始まったFFAカップの「Round 32」は、各地で熱戦が繰り広げられた。

グローリーFFAカップ「Round 16」に進出

西オーストラリアからは、Aリーグのグローリーと下位ディビジョンからSorrento FCとPerth SCが参戦した。

試合結果

8月5日(水) Sorrento FC 0-2 Sydney FC(Aリーグ)

会場:nib Stadium(パース)

元グローリーで昨シーズンまでグローリー女子の監督を務めていたJamie Harnwell率いるSorrento FCにとっては、地元開催の「Round 32」。だが、開始3分、PKを与えてしまう。後半も数少ないチャンスをものにできず、後半30分に追加点を奪われ、自力に勝るAリーグ・サイドに完敗となった。




8月5日(水)
Rockdale City Suns FC (NSW州セミプロ)  3-1 Perth SC

会場:Ilinden Sports Centre(NSW州)

下位ディビジョンチームとの戦いとなったこの試合だが、主導権は終始Rockdale City Suns FCが握った。前半を2−0で折り返すも、後半に追加点の3点目を奪取するSuns FC。何とか一矢を報いたいPerth SCは、後半24分にPKで1点を返すも、試合はそのままタイムアップとなった。




8月11日(火)
Newcastle Jets(Aリーグ)  2(3)− 2(4) Perth Glory

会場:Magic Park(NSW州)

劇的な幕切れとなった。前半24分、グローリーのミスからNewcastle Jetsの背番号23番、David Carneyが先制する。そして、試合終了2分前にグローリーの番号16番、Sidnei Sciolaがクロスをゴール前で合わせ、同点とした。試合は延長戦へ。そして2分後、ペナルティエリア内での反則で得たPKを背番号10番のNebojsa Marinkovicが冷静に決め、グローリーが勝ち越す。そのまま、終了のホイッスルかと思いきや延長後半10分にJetsが同点とする。結果は、PK戦へともつれ込んだ。グローリーの5番手、背番号6番のDino Djulbicのボールはグロスバーに嫌われ、PK戦も延長となったが、Jets6番目のキッカーのボールをこの日、ゴールマウスを守った背番号12番、Jerrad Tysonがセーブ。グローリー6番目のキッカー、背番号7番のGyorgy Sandorが決め、グローリーの「Round 16」進出が決定した。



パースグローリー最新ニュース

グローリーのシーズン開幕前の移籍情報をお届けします。

イングランドやスコットランド
でもプレー
スペイン人マーキープレーヤー

イングランドのSheffield UnitedやスコットランドのAirdrie Unitedでもプレーした、23歳と若いながらも経験のあるサイドバックプレーヤーとしてMarc Warrenと契約。

イングランドのマンチェスター生まれのAlex Granは、幼少の頃、家族でパースに移住。青年期をパースで過ごし、2010年にイングランドの「Portsmouth FC」、13年には「Stoke City FC」でプレー。そして、来るAリーグ新シーズンをグローリでプレーすることを決意した若手期待のディフェンダー。

オランダ人ストライカーと契約  

オランダ一部リーグで活躍していた29歳のGuyon Fernandez。昨シーズンはNAC Bredaに在籍し、オランダリーグではトータルで106試合出場、40ゴールという成績を残している。

― トップへ戻る ―