Japan Australia Information Link Media パースエクスプレス

パースエクスプレス Vol.206 2015年3月号

パースグローリー Perth Glory


Round14から勝ち星のないグローリー。勝ち点の貯金を食い潰しながら辛うじてリーグ1位をキープするも、後続の足音ははっきりと聞こえてきた。



【Round 17】2015年2月15日 vs Adelaide United (Coopers Stadium) 1−1

今シーズンの対戦で、まだ一度も勝ち星を上げることができていない相手、Adelaide Unitedの本拠地であるCoopers Stadiumに乗り込んだグローリー。前半18分、味方からのパスを巧みなボールコントロールでAdelaideの背番号7番、Pablo Sanchezが先制点を奪う。巻き返しを図りたいグローリーは、後半開始8分に背番号16番のSidnei Sciolaからの絶妙なアシストを背番号10番のNebojsa Marinkovicが、豪快なミドルシュートを放つ。ボールはゴールマウスに。この得点で一気に流れを切り換えたいところだが、その後も思うような試合運びができないグローリー。むしろ、同点を死守するのが精一杯だった。負けはしなかったものの、何とか勝ち点1をゲットしたグローリーだった。

【Round 18】2015年2月22日 vs Melbourne City (AAMI Park)
0−0

アウェイでの連戦続きのグローリーは、Melbourne Cityと対戦。両チームとも好調なプレーをみせ、一進一退の攻防を繰り広げた前半戦は、お互いに得点することなく後半へ折り返した。そして、後半も両チームともにチャンスを作るものの、決定的なシーンを生み出すことはできず、タイムアップ。どちらのゴールネットも揺らすことはなかった。後半のアディショナルタイムにPKを獲得したグローリーは、背番号9番のAndy Keoghに代わり、けがから復帰してきた背番号17番のMitch Nicholsがボールをけるも、Melbourne CityのGKで背番号20番、Tando Velaphiによってセーブされる。大一番の見せ場は、元セレッソ大阪のNicholsと元グローリーのVelaphi、両選手で繰り広げられたが、勝ち点を分ける結果となった。

【Round 19】2015年2月28日 vs Brisbane Roar (nib Stadium)
2−2

昨シーズンのチャンピオン、Brisbane Roarをホームに迎えての一戦。試合は、前半26分に背番号14番のChris Haroldのヘディングのパスを、若きスターの背番号20番、Daniel De Silva が見事にゴールへ流し込み、先制点する。迎えた後半15分、ここ6試合で5得点を決めているRoarの背番号12番、Jean Carlos Solorzanoのシュート、そしてその2分後には背番号17番のMatt McKayがゴールネットを揺らし、さらに追加点を決める。だが、後半31分にRoarの背番号5番、Corey Brownがグローリーの背番号15番、Jamie Maclarenを倒して、一発退場。数的有利になったグローリーは後半39分、ポストに当たったボールを背番号6番のDino Dulbicがゴールにねじ込み、同点に。最後まで勝ち越しのゴールを狙うグローリーだが、無常にもアイムアップの笛は鳴らされた。

(左写真)スクリーンに写し出される両チームのロゴとスケジュール。間もなく、キックオフ。 (写真中央)Round 15(1月25日)以来、得点のないグローリーのストライカー、Andy Keogh。彼の復調が勝利のカギ。 (右写真)試合開始早々にもかかわらずゲキを飛ばす監督のKenny Lowe。


(上段左写真)背番号14番のChris Haroldが絶妙なヘディングの折り返しで、この試合のファースト・ゴールをお膳立てする。 (上段右写真)Haroldからのボールを受け、背番号20番のDaniel De Silvaが先制点を決める。 (上段左下写真)ハーフタイム・ショーではチアガールが華を添える。 (中段左写真)Roarのキャプテン、背番号17番のMatt McKayが勝ち越しのゴールを決める。 (中断右写真)Roarの背番号5番、Corey Brownがグローリーの背番号15番のJamie Maclarenを倒し、一発レッドカード。 (下段左写真)追加点につながる背番号27番のDragan Paljicのクロスはゴールポストに。 (下段右写真)ゴールポストで跳ね返ってきたボールを背番号6番のDino Dulbicがジャストミート。


【Round 20】2015年3月7日 vs Melbourne Victory (AAMI Park)
1−1

ほぼ2ヶ月、勝ち点3をゲットできない不調の中、リーグ2位のMelbourne Victoryとの一戦。前半終了2分前、キャプテンの背番号23番、Michael Thwaiteからのパスを背番号9番のAndy Keoghがゴールに押し込む。Victoryからのオフサイドとの抗議に対する判定は覆らず、4試合ぶりのゴールとなったKeogh。Victoryのサポーターは、発煙筒をたくなどして不満を露にする場面もあった。後半に入り19分、Victoryの背番号15番、Daniel Georgievskiが味方からのパスを受け、ミドルシュートを決める。時間帯的にも価値ある同点弾となった。反撃の狼煙を上げるVictoryは、終了間際のアディショナルタイムで、背番号17番、Mitch Nicholsの本日2枚目のイエローで、数的有利を得るも、万事休す。グローリーとしては、なんとかドローへと持ち込むことができた結果となった。これで、4連戦連続引き分けとなり、一位転落の危機を1ポイント差で死守することとなった。

パースグローリー最新ニュース

【パース出身のJack ClisbyがMelbourne Cityへ移籍】
背番号2番のJack Clisbyが、1月22日にMelbourne Cityへ移籍した。新地での新しい背番号は、もう一つ2が増え、22番となった。

Dragan Paljic

【期限付き移籍でグローリー加入のドイツ人Dragan Paljic】
けがで長期離脱をした背番号7番のYoussouf Hersiに代わりに、オランダ1部リーグ、Heracles Almeloから移籍した背番号27番のDragan Paljic。

Denis Kramar

【Denis Kramar がデビュー戦のSydney FCで初得点】
けがで治療中の背番号13番、Diogo Ferreiraの代わりにスペインのGetafe CF Bより移籍した、スロベニア共和国出身の背番号28番、Denis Kramar。Round16で途中出場後、ゴールを決めている。

【パースグローリー、Brandon O'Neillを放出】
パース出身で、2011年からパースグローリーに在籍していたBrandon O'Neill。プレー機会を求め、3月5日にグローリーとの契約を解除した。

Danny Vukovic

【GKのDanny Vukovic Aリーグ最多出場記録更新中】
今年で10年目を迎えたAリーグの開幕年から試合に出場しているGKのDanny Vukovicが、3月7日に行なわれたRound 20で、221回の最多出場記録を樹立。元Sydney FCのMatt Thompsonの記録と並んだ。また、この試合でグローリーでの100試合目出場となった。3月14日のRound 21では、恐らくMatt Thompsonの記録を塗り替えることになるだろう。

Andy Keogh

【グローリーで最多。Aリーグでは 3位のAndy Keogh】
3月7日現在のAリーグ公式ランキングでは、背番号9番のAndy Keoghがゴール数10得点で、グローリー最多。Aリーグでは、ランキング3位につける。

Nebojsa Marinkovic

【Nebojsa Marinkovic がアシスト数でAリーグトップに立つ】
Round 20を終えた時点でのAリーグ公式ランキングでは、最多のアシスト数7本を記録している背番号10番のNebojsa Marinkovic。

 



― トップへ戻る ―