第15話 鱗のにおい

 「ねえ、MORIO、のどが乾いたわ。」
 桟橋をあとにしたMADISONと僕は、あまりいい雰囲気とは言えない隣りのフィッシュマーケットでお茶を飲むことにしました。
 「ところであなた、どこに住んでいるの?」
 僕は、海の近くにあるバチェラーの住所を彼女に教えました。
 この街の東にはオリンピックの時にビーチバレーボールの会場に使われた有名なビーチがありました。ビーチの南側の断崖に沿ってジョギングコースが海岸線の上に4qほど続いていて、その行き止まりのこじんまりしたローカルビーチに、僕の住んでいるバチェラーユニットがあるのでした。

 「あなたブロンテに住んでいたの?」
 「それで、きみは?」
 「タマラマ。」
 タマラマはブロンテと隣り合わせのゲイやレズビアンの多いビーチで、地元のおしゃれな人達に人気のあるところでした。
 不思議な気持ちでした。

 


This site is developed and maintained by The Perth Express. A.C.N. 058 608 281
Copyright (c) The Perth Express. All Reserved.