オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

【パースエクスプレス・マガジン】第174回 「このままずっとお客さんの前で歌い続けたい」 楠瀬 公一さんのある日

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

今月の人

楠瀬 公一(くすのせ こういち) さん 49歳

 
日本で高校生の時にバンドを組んだ。それが最初だった。高校卒業後、パースに移住し、そのまま音楽を続けた楠瀬さん。現在、オーストラリア人シンガーソングライターとデュオで曲を作ってレコーディングし、その曲のミュージックビデオを制作。制作した動画をYouTubeなどにアップしている。また、4人のオーストラリア人ミュージシャンとバンドを組み、定期的にコンサートに出演して、リードボーカルとしてステージに立つ。「ジャンルは固定していませんが、基本的にはロックの曲が多いですね。コンサート中に自分たちの演奏でお客さんたちが踊り出すのは、さすがに嬉しいですね」と話す楠瀬さんの一日を紹介します。

 


7:30 am

 

起床後にコーヒーを飲みながら読書を楽しむ楠瀬さん。
 


9:00 am

 

パースに来た当初からの付き合いで、一緒に曲やミュージックビデオを制作しているオーストラリア人シンガーソングライターと。制作したビデオはYouTube(チャンネル名は「Made to Ramble」)などにアップしている。
 


11:00 am

 

近所のビーチを散歩する楠瀬さん。この時間に曲が生まれることもあるとか。
 


12:00 pm

 

カフェでランチをとり、リラックスした時間を過ごす。
 


2:00 pm

 

サウンドチェックなどバンドメンバーとリハーサルを行う。バンド名は「Hazy Recollection」。オーストラリア人ミュージシャン4名とリードボーカルの楠瀬さんの5人でバンドを組む。
 


6:00 pm

 

コンサートの前に会場併設のパブでビールを飲む楠瀬さん。「日本にいる頃から世界的にも名を馳せたオーストラリア出身の“AC/DC”というロックバンドが好きでした。ボーカルのボン・スコットがフリーマントルで少年時代を過ごしたのは有名ですが、その“AC/DC”の曲をオーストラリア人の観客の前で歌うのが夢でした。それが数年前、しかもオーストラリア建国記念日に実現できたのは嬉しかったですね」と語る楠瀬さん。
 


8:00 pm

 

コンサートで演奏する場所は多岐に渡る。フェスティバルやイベントはもちろん、コーポレートのパーティやウェディングでの演奏依頼も受ける。

この日はフェスティバルに招待され、約30曲を熱唱した。

終演後に観客に一礼するメンバーたち。


8:00 pm

 

コンサートの打ち上げでメンバーのみんなと大好きなビールを飲む楠瀬さん。「コンサートごとにお客さんのリアクションは毎回違いますが、そのお客さんとの係わりが音楽をやっていて本当に楽しいですね。11月にフリーマントルでコンサートがあります。ぜひ日本人の方にも聞きに来て頂きたいですね。個人的には、このままずっとお客さんの前で歌い続けたいと思っています」と話す楠瀬さんの一日でした。

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事

  • 【徒然パースの生活日誌】第176回「理学療法士が海外留学を経て、家族で海外移住を目指す野澤涼さん」

    徒然パースの生活日誌
  • 【パースエクスプレス・マガジン】第175回 「『想い考えた事は現実化する』で豪州1号店をオープンさせた」 田中 實さんのある日

    徒然パースの生活日誌
  • 【パースエクスプレス・マガジン】第173回 フリーマントルに学ぶのびやかで健康な生活を届けたい」 元塚 ちひろさんのある日

    徒然パースの生活日誌
  • 【パースエクスプレス・マガジン】第172回 「日本に興味をもってもらえるような授業を目指す」 二木 響平さんのある日

    徒然パースの生活日誌
  • 【パースエクスプレス・マガジン】第171回 「オーストラリアでもストレングス&コンディショニングコーチとして活躍」 甲谷 洋祐さんのある日

    徒然パースの生活日誌
  • 【パースエクスプレス・マガジン】第170回 「バレーボールを通してオーストラリアから世界へ」 ヘンリー 弘江さんのある日

    徒然パースの生活日誌