オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

【パースエクスプレス・マガジン】第122回「『日本国産の日本仕様限定』を読んで」ほか

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

月刊誌『パースエクスプレス』の人気連載コーナー。一般読者からの「主張したい」「心に秘めている」「吐露したい」投稿を連載しています。

2019年最後の「あなたの言いたいこと」は4名の投稿者からです。

「『日本国産の日本仕様限定』を読んで」

先月のパースエクスプレス(vol.262)の『あなたの言いたいこと』に載っていた「日本国産の日本仕様限定」を読んで。
 
人は【与える側】と【与えられる側】のどちらか。投稿した「パース在住」さんは【与える側】の人で、面接を受けた日本人の女の子は【与えられる側】の人。ここでは単純に、給料を支払う側と受ける側ということで。
 
それで、感覚なんだけど日本人は【与えられる側】の人が多い。「パース在住」さんももしかしたらパースに移り住むまでは【与えられる側】の人だったのかもしれない。それが、オーストラリアに来て、仕事上の立場もそうだけど、メンタリティ的にも【与える側】の人に変わったのかもしれない。なぜ?それは、オーストラリアがそういう社会だから。座って待ってても、誰も手は差し伸べてくれない社会。考えようによっては、世界はどっちかというとそっちが主流。
 
日本は【与える側】の人が、打たれる社会。『出る杭は打たれる』社会だから、【与える側】の人を作り出すのには向いていない社会。でも、これだけ情報が流通してボーダレスになった世界で、与えられるのを待っている人は生きていくのは厳しい。日本国内はまだ大丈夫だけど、世界では難しい。
 
そこで、何が言いたいかというと、一般的に会社の従業員みんなが経営者だったらその会社は伸びると言う。経営者、つまり給料を支払う、【与える側】の人間ばかりの会社は成功する。日本の今の不景気はそこが関係していると思う。世界の日本を取り戻すためには、日本人のメンタリティを変えていく必要がありそうだ。みんなが【与える側】へ少しづつなっていかなければならない。
 
一応言っておくけど、【与える側】と【与えられる側】のどっちが良いとか悪いとか、上とか下とかいう話をしているわけではないので。だって、会社という枠組みで給料を【与える側】と【与えられる側】はこれからもなくならないんだから。
 

<投稿者>頑張れニッポン 38歳 男性

 
 

「2019」

2019年は、皆さんにとってどんな年でしたか?私にとっては人生最高の年でした。待望の子どもがこの世に誕生した年になりました。オーストラリアで授かり、オーストラリアで産まれた子どもはこれから、生年月日を聞かれるたびに「Twenty Nineteen」とか「Two Thousand and Nineteen」と答えるのでしょう。令和だと元年になります。そういう意味でも、本当に記念すべき年になりました。
 
息子のためにも残る記念になればと思い投稿しました。編集部の皆さん、載せて頂ける嬉しいです。読者の皆さんも2020年が良い年になりますようお祈り申し上げます。
 

<投稿者>ともこ 35歳 女性

 
 

「Goodby Virgin !」

今年は最高でした!2019年にバンザイ!童貞をオーストラリアで、オーストラリア人で、捨てました~!
 

<投稿者>スッキリさん(笑) 34歳 男性

 
 

「だからオタクは凄い」

一生懸命頑張ることがかっこ悪いみたいな風潮、感じませんか?そんな日本が嫌で逃げてきました。もちろん頑張らなくて、すーっと何でもスマートにできるのが格好良いんだろうけど、そんな人はそもそもいないような気がします。
 
好きなことに集中して、周りの目が気にならないくらい集中できる、食べることも寝ることも忘れるぐらい集中できる環境が、実は日本にはないように思います。つまり、一生懸命やれる環境です。好きなことなんだからできるはずなんですが、日本ではそれができませんでした。
 
理由は分かっています。みんなが自意識過剰だからです。
 
周りの目が気になるから集中できない。集中できないから好きなことでも頑張れない。これは悪循環です。落ちこぼれを作らない日本の社会は、平均値を設定するために周りを見なければならないので、集中できない社会なんです。でも、もうそんな時代は終わりました。
 
実際、自意識を捨てた人たちは“おたく”文化を生みました。オタクは好きなことに集中して、一生懸命頑張るからオタクなんです。だからオタクは凄い。これからは、もっともっと日本はオタクの人を増やすべきです。そうすれば一生懸命に好きなことができる社会が生まれ、ゆくゆくはジャンルごとにスペシャリストがもっと生まれる社会になるでしょう。
 
私は、日本がその社会になるまで待てなかったので脱出しました。今年もシドニーで新年を迎えます!
 

<投稿者>Kai 41歳 男性

 


 

【「あなたの言いたいこと」を募集しています】

主張したいこと、心に秘めていること、吐露したいことを投稿してみませんか??
応募方法:メール
宛先:info@theperthexpress.com.au 又は下記のボタンを押して投稿フォームより。
件名:『あなたの言いたいこと』係
内容:名前、年齢、性別、電話番号、住所をお書きの上、ペンネームと『あなたの言いたいこと』を明記ください。

※文章の長さは問いません。※誹謗中傷など、不適切な表現の文章はお断りします。
※文章は、本誌編集部により選考及び掲載前に手直しさせて頂くことがあります。

“あなたの言いたいことへの投稿”はこちらから

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事