オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

イベント

【パースのイベント】FRINGE WORLD Festival 2019が開催!

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

今年2019年で8回目を迎える「FRINGE WORLD Festival 2019」では、コメディやキャバレー、サーカスやビジュアルアート、アクロバットや演劇など、西オーストラリア州や海外出身の様々な分野のアーティストやパフォーマーが揃い、今年の目玉であるヤガンスクエアなどのパース中心地だけでなく、ヒラリーズやフリーマントル、ミッドランドなど広範囲に渡り、計700件以上のイベントが開催される。
 
昨年の2018年開催時は約90万人の来場者数を記録したが、今ではFRINGE WORLD Festivalは西オーストラリアで最大級のフェスティバル、そして世界で3番目の規模を誇るFRINGE WORLD Festivalと言われている。
 


 
開催期間:2019年1月18日(金)~2月17日(日)
チケットは、西オーストラリア州立美術館やノースブリッジにあるラッセル・スクエア、アイスクリームファクトリーやヤガンスクエアに設置してあるピンク色の塗装が目印の「BOX OFFICE」と書かれたチケット売り場にて購入ができる。
 
また、FRINGE WORLD Festivalのオフィシャルウェブサイトからでもチケットの購入可能。
https://fringeworld.com.au/whats_on

 
 


2019年1月17日、ノースブリッジのラッセル・スクエア内で開かれたメディア向けのオープニングセレモニーにて、FRINGE WORLD Festival代表者のAmber Hasler氏の挨拶と5組のパフォーマーによるショーが行なわれた。


 

挨拶をするFRINGE WORLD Festival 代表者のAmber Hasler氏。
 


色や音を使い、超現実主義的なドラッグアートを表現する「MÂCHÉ」。
 


妖艶な雰囲気の中、長い剣を飲み込むパフォーマンスを披露する「FATALE」。
 


宇宙ステーションに一人取り残された宇宙飛行士がシュールなコメディーで笑いを届ける「CAM VENN」。
 


伝統的なダンスとポップカルチャー、そしてストーリーを融合させたダンスを踊る「DJUKI MALA」。
 


ウェスタンをテーマにした見事なアクロバットを演じる「RAILED」。
 


オープニングセレモニーが行なわれた会場「De Parel Spiegeltent」。

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事