オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

特集:観光

【パースエクスプレス・マガジン】CATバスで巡る フリーマントル 大満喫ガイド Red CAT編

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.


 

「The Perth Express」が年に2回発行している無料の日本語情報マップ「オーストラリア パース インフォメーション マップ『EXPRESS』」のVol.41が2019年3月1日に発刊致しました。その発刊を記念して今号特集では「CATバスで巡るフリーマントル大満喫ガイド」にてフリーマントルの町を紹介します!「フリーマントルの主要スポット」情報も掲載された当マップ、そして本誌を片手に、CATバスを利用して今まで知らなかった“新”フリーマントルとの出会いを楽しもう!
 

パースの街並み全18スポット ―CATバスで巡る―:フリーマントル編

 
Vol.242(2018年3月号)の特集で「パースの街並み全18スポット―CATバスで巡る―」をお届けしたところ好評を頂きました。よって、今回はロケーションをフリーマントルに移して、CATバスで巡るフリーマントルの町を紹介します。
 

▼「パースの街並み全18スポット―CATバスで巡る―」を読む

 
 

パースのインフォメーションマップ「EXPRESS」について

 

まずはマップ『EXPRESS』を入手しよう!

 
①パース各所にて本誌を手に取れる所にも同じく配布しています。
②「The Perth Express」のウェブサイト(www.theperthexpress.com.au)からもダウンロードできます。
 

「オーストラリア パース インフォメーション マップ『EXPRESS』」の利用方法

 
持ってて安心、便利な一冊のマップ『EXPRESS』は、1999年3月に創刊号を発刊し今年で丸20年を迎え、3月1日には41冊目を発刊しました。このマップ『EXPRESS』は、地図だけではなく情報も満載され、その一冊で西オーストラリア州やパース、フリーマントルのことが全てわかってしまうほどの情報が集約されています。観光で訪れた方はもちろん、既にパースに長く住まわれている方でも新しい情報を得ることができる一冊です。是非、手にとってみて下さい!
 

大好評、20年の歴史!この一冊はこんなところが凄い!

 
 その1  全部で7つの地図が収録!パースの市街地から西豪州までと広範囲を網羅!

 その2  パースの基本情報から滞在・生活情報、そして観光主要スポットまで紹介!

 その3  美味しいレストランや探していたお店、行きたかった観光スポットが見つかる!

 その4  今号特集でも紹介したフリーマントルとパースのCATバス全線の順路や時刻表を掲載!
 
▼パースのインフォメーションマップ「EXPRESS」を見る

 
 

無料バス“CATバス”とは ?

 
2000年8月に運航を開始したフリーマントル市内の無料バス。The Fremantle Central Area Transitの「Central Area Transit」の頭文字を取って「CAT」、通称“CAT(キャット)バス”と呼ばれています。2000年当時はOrange(オレンジ)CATバスの一路線のみが走っていましたが、2011年にバス停が15ヶ所から30ヶ所に増え、路線も2つに分けられました。現在、フリーマントル市内ではRed(レッド)、Blue(ブルー)の2路線が運行されています。また、パース市内のCATバスと違い、フリーマントルのCATバスは降りる際、降車ボタンを押す必要があるのでお忘れなく。
 

Blue CAT

 
2011年にRed CATと共に運航が開始され、フリーマントルの南北を巡る路線。18ヶ所のバス停に停車し、運行間隔も10分毎と頻繁にやってくる。巡る場所は「Sounth Tce.」の「カプチーノ通り」から「フリーマントル・マーケット」、順路では最南端の「サウス・ビーチ」に、港で有名な「フィッシング・ボートハーバー」などを網羅しています。
 

Red CAT

 
Blue CATと同様に2011年6月よりフリーマントル市内の運行を始めました。Red CATはフリーマントルの東西を走り、バス停は全部で12ヶ所で、運行間隔は15分毎となっています。順路の最西端には「西オーストラリア州立海洋博物館」で、市内中心の「キングス・スクエア」、そして最東端の「フリーマントル・アートセンター」などを巡ります。
 
情報参照元:Transperth(www.transperth.wa.gov.au)
 
 

CATバスの順路&地図と時刻表

フリーマントル市街地を走る各CATバス2路線の順路&地図と時刻表を紹介します。本誌のこの地図も持ってCATバスに乗ろう!
 
フリーマントル市内の無料バス順路の地図を見る(PDF)

フリーマントル市内の無料バス順路&時刻表

 

Red CAT

月~木 7:30am‐6:15pm 15分間隔
7:30am‐7:45pm 15分間隔
土・日・祝 10am‐6:15pm 15分間隔


バス停

1 Maritime Museum & E-Shed Markets
2 Vicroria Quay
3 Fremantle Station
4 Queen Street Shopping Precinct
5 Kings Square
6 CBC Fremantle
7 Fremantle Park
8 Fremantle Arts & Leisure Centres
9 Beach Street
10 Parry Street
11 Woolstores Shopping Centre
12 Fremantle Station

 
※一部の祝日では、バスが運行されない場合があります。
※バスの順路やバス停が異なる場合があります。

 

CATバスを利用して“新”フリーマントルと出会う!

 

 
「オーストラリア パース インフォメーション マップ『EXPRESS』」と本誌は持ちましたか?準備ができたらCATバスに乗りましょう!今回ここで紹介した“新”フリーマントルは、ほんの一部です。「世界で最も19世紀の面影を残した港町」と言われているフリーマントルには、住んでいるローカルの人でも日々新しい発見ができる魅力溢れるエリアです。皆さんも気になるバス停で下車して、自分だけのお気に入りスポットを探してみて下さい!
 

 Red CAT Bus編  
 

バス停番号

 3 & 12  1  Fremantle Station

 
歴史建造物が丁寧に残されている町、フリーマントルの玄関口「フリーマントル駅」には、このバス停を利用。駅から南に走る「Market St.」はそのまま“カプチーノ通り”へと名を変えるが、それまでにも郵便局や教会、バー(ホテル)、そして駅そのものも歴史的建造物なので、散策しながら歴史を感じるのもよし。
 


 
パースからフリーマントル線の終着駅「フリーマントル駅」。建物自体が州の歴史遺産に認定され、重厚な佇まいはフリーマントル散策の第一歩をまさに彩ってくれる。
 


 
フリーマントル駅の前の「Pioneer Park」。ひときわ目を引くユニークなパブリック・アートが目印。
 


 
フリーマントル駅を出てすぐ右手に歩いていき線路を横断する道を抜ければ、ロットネスト島へのフェリー乗り場やマーケット「Eシェッド・マーケット」へつながる。
 
 

バス停番号

 1  Maritime Museum & E-Shed Markets

 
フリーマントル港建設の陣頭指揮を執った「C. Y. O’Connor氏の銅像」、その港の突端に位置する「西オーストラリア州立海洋博物館」、ロットネスト島へのフェリーの発着場所、ビクトリア波止場の「Bシェッド・フェリーターミナル」、倉庫を改造したマーケット「Eシャッド・マーケット」と、このバス停周辺には見所がいっぱい。

 


 
フリーマントル港の建設に尽力した「C.Y.O’Connor氏の銅像」。

 


 
モダンな外観の「西オーストラリア州立海洋博物館」では海事史には欠かせないヨットや潜水艦などを見学することができる。

 


 
昔の倉庫を再利用して造られたロットネスト島へのフェリーのチケット販売所。その隣にフェリーの発着場所。

 


 
週末に開かれているマーケット「Eシャッド・マーケット」。

 
 

バス停番号

 4  Queen Street Shopping Precinct

 
フリーマントルの街の中心に位置する「キングス・スクエア」はこのバス停から。「キングス・スクエア」には、フリーマントルのシンボル「フリーマントル・タウンホール」、荘厳漂う教会「聖ジョーンズ・アングリカン教会」、旅の情報を提供している「フリーマントル・ビジターセンター」が立ち並ぶ。隣接エリアは現在(2019年2月)、都市開発で工事が行われている。

 


 
町の中心に位置する「フリーマントル・タウンホール」は、1887年に英国ビクトリア女王の在位50周年を記念して建てられた。

 


 
「キングス・スクエア」にある「聖ジョーンズ・アングリカン教会」。明るいライトストーンの外観と周囲を囲む緑の芝生は映画のワンセットのよう。

 


 
「キングス・スクエア」から延びるモールでは、ショッピングが楽しめる。

 
 

バス停番号

 8  Fremantle Arts & Leisure Centres

 
1860年代に造られた歴史的建造物「フリーマントル・アートセンター」では、地元アーティストの作品が中心に展示され、センター内のショップではローカルアーティストの作品も売られている。また、プールやジムなどが完備された「フリーマントル・レジャーセンター」、広大な緑が眩しい「フリーマントル・パーク」へアクセスはこのバス停。

 


 
その昔、精神科病院やホームレス女性のための寄宿舎などとして利用されていた深い歴史をもつ「フリーマントル・アートセンター」

 


 
センター内のフロントガーデンや中庭のスペースにはステージが設置され、定期的にコンサートが開かれる。

 


 
多種のアート講座も開講されている「フリーマントル・アートセンター」。

 

▼「CATバスで巡る フリーマントル 大満喫ガイド Blue CAT編」を読む

 


 
「CATバスで巡る フリーマントル 大満喫ガイド Blue CAT編」はいかがでした?パースエクスプレス・マガジン3月号(Vol.254)で紹介したものをお届けしました。フリーマントル散策にぜひお役立てください!


Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事

  • 【パースエクスプレス・マガジン】CATバスで巡る フリーマントル 大満喫ガイド Blue CAT編

    特集:観光