オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

パース・グローリー試合結果 Round 1-10

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

2017-18シーズンが開幕して、早2か月が過ぎた。注目すべきは、順位表の勢力図が例年と異なることだ。常勝チームが下位で低迷する中、グローリーは上位に組込めるのだろうか?!

 

Round 1


: 2017年10月8日
: vs Western Sydney Wanderers FC (Spotless Stadium) 1-2


グローリーの2017-18シーズンの開幕戦は、アウェイでのWestern Sydney Wanderers FC戦。開始早々、Wanderersで2シーズン目を迎える日本人選手、背番号14番の楠神順平が好機を逸するも、前半43分にWanderersが先制に成功する。そして、前半のアディショナルタイムに楠神がまたも見せる。カウンターで味方選手からパスを受けるとグローリーDFとの競り合いに勝ち、そのままGKと交錯しながらもボールをゴールへ流し込んだ。貴重な追加点を奪う。後半、グローリーも再三の攻撃で反撃を試みるも、オウンゴールで一点を返すのが精一杯となり、開幕戦は黒星スタートとなってしまった。

 

 

Round 2


: 2017年10月15日
: vs Newcastle Jets (McDonald Jones Stadium) 2-2


開始8分にグローリーの背番号17番、Diego Castroのクロスを背番号22番、Adam Taggartが角度のないところから技ありのシュートでネットを揺らす。しかし、開幕戦でいきなりハットトリックを決めたNewcastle Jetsの背番号9番、Roy O’Donovanに反撃の狼煙を上げられてしまう。そして、後半15分にはFKから追加点を奪われ、後がなくなったグローリー。しかし、その後果敢に攻め、後半アディショナルタイムにTaggartが、見事なヘディングシュートを決め、何とか連敗は逃れられた。この日、2点の活躍を見せたTaggartだが、昨年はけがによりフルシーズンでの出場は叶わなかったが、今シーズンはどこまでできるが注目される。

 

 

Round 3


: 2017年10月22日
: vs Central Coast Mariners (nib Stadium) 2-1


2017-18年シーズンのグローリー、ホームグランドの開幕戦。地元のファンが待ちわびた一戦だが、試合開始からビジターのペース。そして、開始1分でそのビジター、Central Coast Marinersが決定的なチャンスを迎え、なお続けざまチャンスを作る。Marinersの背番号13番、Kwabena Appiah-Kubiがそのチャンスの中心に位置し、2012-13シーズンでグローりにて最年少記録を打ち立てた背番号10番のDaniel De Silverも中央のスペースでアクセントをもたらす。そして14分、まだ地に足が着いていないグローリーのDF陣をあざ笑うかのように、左サイドからのクロスを中央で背番号23番、Wout BramaがDFのプレッシャーもなくシュート。簡単にゴールネットを揺らす。その後もMarinersのペースで試合は進み、開始20分後にやっとグローリーは敵陣ペナルティエリア内に侵入し、チャンスを作った。それを機に、徐々にグローリーもペースをつかみ、背番号22番のAdam Taggartが2度ほどゴールを脅かすも、前半は1-0でMarinersリードで終了する。迎えた後半25分、グローリーGKのゴールキックが直接、Marinersの最終DFの裏に抜け、そのボールをTaggartが右サイドからクロス。中央で背番号9番のAndy Keoghが頭で合わせて同点とした。最少のコンビネーションでゴール前にボールを運んだ見事な展開だった。そして、何とか勝ち越し点を得て、シーズン初の3ポイントが欲しいグローリーは、この日、背番号22番が終始躍動した。最終バックラインからの一本のパスで一点目と同様、オフサイドラインのギリギリで飛び出したTaggartは相手DFの裏を抜け、GKとの一対一も冷静にゴール右上に蹴り込み、勝ち越し弾を決めた。5分後、試合終了のホイッスルが鳴り、Taggartの1ゴール1アシストの活躍でグローリーはシーズン初勝利を飾った。
 

▲幸先よく先制点を奪っておきながら勝利に導くことができず悔しがるMarinersの監督、Paul Okon。

▲ホームでの開幕戦で勝利を収めたグローリーの監督、Kenny Lowe。

 

 

 

Round 4


: 2017年10月27日
: vs Sydney FC (Allianz Stadium) 0-2


昨年のチャンピンは90分間で3本のPKを得て、そのうち2本を決め、グローリーを沈めた。後半のアディショナルタイムに同点を狙った背番号22番、グローリーのストライカー、Adam Taggarのシュートが決まっていればと悔やまれる。

 

 

Round 5


: 2017年11月4日
: vs Adelaide United (nib Stadium) 2-0


試合は開始2分で動く。Adelaide Unitedの背番号2番、Michael Marroneがグローリーのキャプテン、背番号9番のAndy Keoghを倒し、PKの判定。キッカーは、背番号17番のDiego Castro。しかし、右隅に狙たボールは相手GKに止められ、PKは失敗に。その後、グローリーは前半10分、15分と立て続けにチャンスを得るも、ゴールネットを揺らすことはなかった。徐々にAdelaideのペースになるも、今日のグローリーDF陣は要所要所で相手の進行を止め、決定的なチャンスは与えなかった。そして、リーグ5位と6位の後半の戦いは、一進一退の試合展開。しかし、後半36分、ベンチの交代策がはまる。背番号11番のMichell Malliが右サイドから突破し、柔らかいクロスをKeoghがゴール前で頭で合わせ、待望の先取点をグローリーは挙げる。そして、そのまま時間は過ぎ、グローリーが2勝目を挙げ、順位を4位に上げた。
 

▲今シーズンからAdelaide Unitedの指揮を執るドイツ人監督、Marco Kurzは無念さを露にする。

 

 

Round 6


: 2017年11月12日
: vs Wellington Phoenix (Westpac Stadium) 2-5


PA内での間接FKを得たグローリーは背番号8番のXavi Torresが豪快に決め、Aリーグ初得点を記録。その後はシーソーゲームを繰り広げるも、ホームのWellington Phoenixが3点目を決めてからというもの、グローリーはが完膚なきまでに叩きのめされた。

 

 

Round 7


: 2017年11月19日
: vs Melbourne Victory (nib Stadium) 0-2


リーグ常勝チームのMelbourne Victoryは、今シーズンはまだ勝利がなくリーグ9位に沈む。そのVictoryを迎え撃つグローリーだが、中核を担う4選手が相次いでけがで離脱。共にベストな状態ではないチーム同士の戦いは、グローリーがペースをつかみながらの展開。ただ、タレント揃いのVictoryは徐々にリズムを取り、反撃に出る。リーグ最多得点記録の背番号8番、Besart Berishaのヘディングシュートはポストに嫌われ、豪州代表の背番号10番、James TroisiはフリーのシュートをグローリーDFにカットされる。前半のアディショナルタイムにはグローリーの背番号16番、Joseph Millsのクロスを今シーズン初先発に起用される背番号26番のJacob Italianoがシュート。ボールは惜しくも枠から外れ、前半はスコアレスで終了する。迎えた後半、Victoryのカウンターからゴール前で背番号2番のAlex Grantが、一度はボールに触れるも後逸し、そこに詰めていたBerishaが押し込み、Victoryが先制する。そして、後半22分にはTroisiからのパスを背番号41番のLeroy Georgeがゴール前で押し込み追加点を奪う。その後はグローリーも同時に2選手を交代し、流れを引き戻そうとするも、今日のグローリーには役不足だった。Victoryは今シーズンの初勝利を飾り、一方今シーズン最多の13,565人の観客の前で、グローリーはなすすべを失い、完敗した。
 

▲シーズン初勝利で選手の活躍をねぎらうVictoryの監督、Kevin Muscat。

 

 

Round 8


: 2017年11月24日
: vs Melbourne City FC (AAMI Park) 3-1


1-1で迎えた前半43分に、ビデオ判定によってグローリーはPKを得る。その際、Melbourne City FCのDFが一発退場。その後もグローリーは、追加点を重ねて、アウェイでの貴重な勝ち点3ポイントをゲットした。

 

 

Round 9


: 2017年12月3日
: vs Central Coast Mariners (Central Coast Stadium) 0-1


Central Coast Marinersの背番号10番、元グローリーのDaniel De SilvaのラストパスでMarinersは勝利を引き寄せた。前節のアウェイ勝利でそのまま勢いづかせたいグローリーだったが、まだまだ波に乗れない痛い惜敗となった。

 

 

Round 10


: 2017年12月9日
: vs Newcastle Jets (nib Stadium) 1-2


グローリーは、変わらず多くのけが人を抱える中、背番号17番のDiego Castroがベンチに入った。同じくRound 9時点でリーグ最多得点を記録しているNewcastle Jetsの背番号9番、Roy O’donovanもベンチと、両者がどのタイムイングでピッチに立つかも注目の一戦となった。試合開始後、両チームとも落ち着いた立ち上がりで展開。ただ、Newcastle Jetsがボールポゼッションを維持しながら、グローリーゴールに襲い掛かる。カウンターの展開が多くなるグローリーだが、前線の背番号26番のJacob Italianoと19番のJoseph Knowlesが高い位置でボールに絡む。そして、前半20分。ここでもカウンターから背番号16番のDF、Joseph Millsからのクロスにゴール前に相手DFより半身先に飛び出したKnowlesが足を延ばしてダイレクトシュートでネットを揺らし、グローリーが先制する。KnowlesにとってはAリーグ待望の初得点となった。その後もKnowlesがシュートチャンスを得るも枠をとらえることはなかったが、グローリーの攻撃を活性化させた。後半もグローリーはカウンター狙いだったが、Jetsは早目の選手交代が功を奏す。後半10分にO’donovanを投入。この投入により前線にためができたことで、攻撃の幅が広がった。一方、グローリーの前線は若さが出たのか、攻撃のパターンが限られたところで、Castroを投入。両者一進一退の攻防が続き、試合終了2分前、Jetsは左からのクロスをO’donovanが競って、セカンドボールを18番の途中交代、John Koutroumbisがコースを狙ってサイドネットへ。土壇場でJetsは同点とする。そして、予期もせないクライマックスが8063人の観客を大きな落胆へと陥れる。アディショナルタイム4分のアナウンスの後、JetsのCK。ボールはゴール正面へ。そこにいたグローリー背番号26番のJeremy Walkerが不用意に足を出し、ボールは無常にもゴールへ。グローリーはオウンゴールで黒星を記すことに。試合終了のホイッスルの後には、観客からは大きなブーイングが起こた。
 

▲オウンゴールを受けての勝利だが、勝ち点3の奪取に満足を示すJetsのErnie Merrick監督。

 

▲敗戦に対して厳しい表情を見せるグローリーのKenny Lowe監督。

 

 

パースグローリー 2017年12月・2018年1月の観戦インフォメーション

〈ホームゲーム会場〉
nib Stadium
住所:310 Pier St. Perth
〈アクセス方法〉
パース駅からArmadale線、Midland線、Thornlie線のいずれかの電車に乗り、2駅目のClaisebrook駅で下車。徒歩5分。

このページは Perth Glory FC を応援するページです。 パース・グローリーFCの公式ホームページ www.perthglory.com.au


Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事