オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

第21回 パースパノラマパズル リレー小説

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.


 
今回は、2名の投稿者の複数掲載とさせて頂きました。

【前回までのあらすじ】
沢田百々子、45歳。不安障害と診断された百々子は、薬物治療のためにサンフランシスコの病院にいた。抜け出したくても思うように身体が動かない。そんな時、病室に真っ赤なバラの花束とカードが届く。

 


 
第28走者
筆者:パース
 
百々子さん、パースでは夏が終わろうとしているよ。日差しも弱まり、風も穏やか。空は高く、緑も色濃くなってきました。Hayストリートのバックパッカーズも、Mt. Lawleyのカフェでパソコン片手にコーヒーを飲んでいたのも懐かしいでしょうね。頑張って、今すぐサンフランシスコを出なさい。15年前にパースで受けたストーカー行為、記憶から消したいでしょうけど、またパースにいらしたらいかがでしょうか。いろいろなことを修復しながら、心を落ち着かせに来られたら…。

 
 


 
第29走者
筆者:TAKA
 
カードを開いた。直筆だった。

お帰り。サンフランシスコに帰ってきてくれたんだね。

僕はRisaと結婚したけど、この間、ホテルのロビーで君を見かけ、君への想いが蘇ってきた。Risaには内緒でこの手紙を書いている。

バラ、気に入ってくれたかな。

体調が回復して、退院したら会いたい。君にしたことをちゃんとお詫びしたいんだ。そして、本当の僕を見てもらいたい。

 
胸が苦しくなって、呼吸ができなくなった。続きが読めない。吐き気に襲われ、トイレに駆け込むも、胃からは何も出なかった。トイレの床に座り込む百々子。

看護師が、バラを生けた花瓶を持って病室に入ってきた。トイレに倒れこむ百々子を見るなり、すぐに抱きかかえてベットへ戻す。そして、枕もとのボタンを押した。

気がつくと、真夜中だった。気を失っていたのだろう。頭の中では霧の中を彷徨う少女を見ていた。そのまま霧は晴れないのか。百々子の精神状態はある一線を越えそうだった。

百々子にはまだ目を通すことができていない手紙の続きは、こう書かれていた。

Risaとは別れるつもりだ。今すぐにでも君の病室に駆けつけたい。気が狂うほどに。

サンフランシスコで最初に会ったときのこと、覚えている?失恋した君は僕が必要だった。君もそう言っていた。あのときの二人に戻りたい。

とにかく今は、早く良くなってほしい。          正平

 
 


 

第30走者へ続く

 
 
 

【投稿募集】

このコーナーでは皆さんからの『リレー小説』を募集しています。あなたの文章を本誌誌面でカタチにしてみませんか?

応募方法 :メール、または郵送
宛先 :《メール》info@theperthexpress.com.au 又は下記のボタンを押して投稿フォームよりご応募下さい。
:《郵送》66 Parry Street, Perth, 6000 Western Australia ◀︎こちらの宛先までお送り下さい。
件名 『リレー小説』係

 
※編集、締め切りの都合上、手直し後の確認の返信がない場合は、掲載を了承したものとさせていただきます。また、郵送いただいた文章の返却はいたしかねます。

 
 
“パースパノラマパズル リレー小説への投稿”はこちらから

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事