オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

【パースエクスプレス・マガジン】第32回 正平の手から力が徐々に感じられるようになった。そして、百々子は…

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.


 

【前回までのあらすじ】
沢田百々子、45歳。車内で拘束されていた百々子だが、恩田正平の涙から状況は一変した。結束バンドを外してもらった百々子は逃げることよりも、正平のことが知りたくなった。

 


 
第41走
しげ
 
正平の手から力が徐々に感じられるようになった。そして、百々子は正平の気持ちを逆撫でないように「なんでこんなことをしたの」と聞いた。力なく正平はポツリ、ポツリと口から言葉を落とすように話し始めた。
 
「愛されたかった。愛されなかった現実から目を背けてきた。俺が小学4年の頃、親父が家にあまり帰らなくなった。大好きだった親父の姿を見る機会が減って、お袋が寂しそうだった。そんな親父が真逆に大嫌いになっていった。でも、心のどこかで親父の、あの手のぬくもりが忘れられなかった。お袋も弱くなっていき、家族の絆はもうなくなっていた。叱る、叱られる、怒る、怒られるといったこともなくなり、お袋とは自由なようで自由でない関係が始まった。そして、無感情の関係は俺がアメリカに行くまで続いた」
 
話を聞きながら、外の様子が変わりつつあることを百々子は感じ取っていた。

 
 


 

第42走者へ続く

 
 
 

【投稿募集】

このコーナーでは皆さんからの『リレー小説』を募集しています。あなたの文章を本誌誌面でカタチにしてみませんか?

応募方法 :メール、または郵送
宛先 :《メール》info@theperthexpress.com.au 又は下記のボタンを押して投稿フォームよりご応募下さい。
:《郵送》66 Parry Street, Perth, 6000 Western Australia ◀︎こちらの宛先までお送り下さい。
件名 『リレー小説』係

 
※編集、締め切りの都合上、手直し後の確認の返信がない場合は、掲載を了承したものとさせていただきます。また、郵送いただいた文章の返却はいたしかねます。

 
 
“パースパノラマパズル リレー小説への投稿”はこちらから

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.







関連記事