Japan Australia Information Link Media パースエクスプレス

パースエクスプレスVol.221 2016年6月号
〈第184回フォトジェニックコンテスト〉

パースも冬に突入しましたね。曇り空の日が当たり前のようになりつつありますね。でも、そんな曇り空の日だからこそ光が優しく、撮影に向いていることもあります。カメラを持って外に出かけましょう!

    ジョーズ回転寿司賞
  クリス・ハザード賞    
       
  ※画像をクリックすると、 拡大写真がみられます。
はプロカメラマンの クリス・ハザード氏からのアドバイス。

  今月のクリスに聞け!
クリス・ハザード氏−ファッション誌などのモデル撮影を専門としているオーストラリアを代表するプロカメラマン
「曇りの日だからこそ!」
曇りの日は、光が優しく、万遍なくオブジェクトに当たるので陰影も少なく、屋外でのポートレート写真には適しています。ただ、光が“ぼんやり”しているので、写真もぼんやりとしたものになりがちです。その時は、まず@カメラの機能を利用しましょう。最初は「露出補正」です。ぼんやりした感じは、露出補正をプラスにして撮影してみましょう。次に「ホワイトバランス」です。ここでは、やはり『曇り』モードで撮ると太陽の赤みの色を補正してくれ、多少明るく撮れます。そして、カメラ機能の他に、A構図も工夫してみましょう。単純に空が入り込まない写真を撮ることもひとつの方法です。そして最後に、陰影が少ないとうことでB白黒での撮影もユニークな作品へと仕上がるかもしれません。ぜひ、挑戦してみてください!

  クリス・ハザード賞
オーストラリアのトップフォトグラファーより贈られるこのコーナーでは最も名誉ある賞
パースエクスプレス大賞
現金50ドルをプレゼント
ジョーズ回転寿司賞
パースに5店舗を展開するお寿司のチェーン店より、30ドル分のお食事券をプレゼント

フォトジェニックコンテストご応募受付中
E-mailでのご応募は photogenic@theperthexpress.com.au パースエクスプレス編集部まで
※画像解像度が低いものは掲載できない場合があります。