オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

Lesson 3 「その時!」シリーズ『散髪編』

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

“学校では教えてくれない「知っ」て「得」する、リアルなオージーの活きた日常英会話を紹介していきます!”

普段の生活の中で困ったことが起こったとき「とっさに英語で何て言えばいいのかな?」と悩むことがあるはず。今シリーズでは「その時」に使える英語のフレーズを紹介。

Lesson 3は、理髪店や美容室で髪の毛を切る時などの散髪編です。

 

*SCENE 1

Please cut it short!

訳:バッサリ切ってください!

 


*SCENE 2

Please cut it short so it doesn’t cover my ears.

訳:髪が耳にかからないぐらい短く切ってください。

 


*SCENE 3

Please fade the back and sides, and taper the back.

訳:横と後ろを刈り上げて、襟足はぼかしてください。

注)「横と後ろを刈り上げて下さい」だけだと、襟足が“クッキリとした四角い襟足”になってしまいますので、「襟足はボカして下さい」は付け足しましょう。

 


*SCENE 4

Please leave the sideburns.

訳:もみあげを残してください。

 


*SCENE 5

My head is flat at the back so could you please leave some volume there?

訳:絶壁なので後ろにボリュームを持たせてください。

 


*SCENE 6

Please give me ○○’s hair cut.

訳:(有名人)の髪形にしてください。

例)Leonardo DiCaprioの髪形にしてください。
Please give me Leonardo DiCaprio’s hair cut.

 


*SCENE 7

Can you please colour my grey hairs?

訳:白髪染めお願いできますか?

 


*SCENE 8

Could I get my face shaved please?

顔を剃ってもらえますか?

 


 

スティーブさんより

今回は『散髪編』。実は、自分の髪の毛は自分で切っているので、「Samurai Barber」の理容師ハンナさんに協力して頂きました。これで皆さんも、臆することなく、パースでも自分の希望通りの髪型になれますね!

 

Steve Nishioka

生まれも育ちもパース。高校卒業後、日本語を勉強し、パースの大学在学中に関西外国語大学へ留学。その後、再びワーキングホリデービザで訪日。そして、JETプログラムの国際交流員として栃木県の馬頭町(現:那珂川町)に3年間住む。帰国後、社会言語学の研究論文を終え、パースの日本人に英語を教える。

協力:Samurai Barber

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.

関連記事