オーストラリアと日本をつなぐリンク・メディア『パースエクスプレス』

Check 02 健康診断のメディカルチェックについて

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

慣れない環境だからこそ体調管理は大切になります。その際のメディカルチェック(医療検査)も臆さず受けたいところ。しかし、どんなチェックをされるのかノ。日本との違いを参考に、オーストラリアのメディカルチェックを専門家が紹介します。第2回目は「健康診断」のメディカルチェックについてです。


Check 02 健康診断のメディカルチェックについて

 

オーストラリアでの健康診断について

オーストラリアでは、日本のように定期的な健康診断や人間ドックなどのシステムは基本的にありません。企業に就職する際に健康診断を受けさせられることがありますが、たいていは入社時のみで日本のように毎年義務付けられているものではありません。一般的には各自がGP(一般開業医/General Practitioner)のドクターを受診し、年齢、性別、家族歴や既往歴、現病歴などを元に相談の上で、その個人が必要な検査を行うことがほとんどです。

 

費用について

メディケア(オーストラリアの国民保険)では、診察代やレントゲン、エコー検査の一部と病理検査(血液、尿、便検査など)のほとんどがカバーされます。メディケアを持たない外国人による健康診断の場合、海外旅行傷害保険や学生保険(OSHC)ではカバーされませんので、受けるのであれば全て実費となります。

 


オーストラリアでは子宮頸がん検診(パップスメア)を除いて、一般的には40代になってから以下のような内容を主として定期検査を薦められます。
【男女共通】
〈40才~〉全血球数、血糖値、コレステロールや肝機能など
〈45才~〉便検査
〈50才~〉大腸カメラ
【男性】
〈45才~〉PSA(前立腺癌特異抗体)
【女性】
〈45才~〉マンモグラフィー(メディケアでは40才から2年に1回「Breast Screen WA」による無料のスクリーニングを受けられます)、GPドクターによる内診(子宮や卵巣の異常がないか)、必要に応じて骨盤内エコー検査(子宮や卵巣をみる)
〈2年に1回 ※性交渉を持ち始めてから〉子宮頸がん検診(パップスメア)
ただし、これらは個人の状況で変わります。例えば、両親など近親者に若い年代で遺伝的素因があり得る病気(各部のガンや糖尿病、高血圧や高コレステロールなど)を発症している場合は、早めの定期検査開始が薦められます。

 

今まで健康診断を全く受けていない、あるいはしばらく受けていない、など思い当たる方はまずGPのドクターを受診して、相談しましょう。
*日本語医療センターでは健康診断パッケージを実施しております(これはメディケア、学生保険、海外旅行傷害保険のカバー対象とはなりません)。
ご興味のある方はお電話(08 9486 4733) あるいはEmail (perth@nihongoiryocentre.com.au) へお問い合わせください。

 


ご案内人
日本語医療センター マネージャー
千綿 真美さん

【情報提供】
〈日本語医療センター〉日本語でサポートが受けられ、海外旅行傷害保険キャッシュレスサービスも提供する。

パース 日本語フリーダイヤル(予約) 1800-777-313
住所:Level 1, 713 Hay St. Perth WA 6000 (Perth Medical Centre内)
電話:08 9486 4733
ファックス:08 9321 4778
ウェブサイト:www.nihongoiryocentre.com.au

 

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.

関連記事