胎教として心がけたいのは、まず妊婦がリラックスすること。ストレスがたまっていては、胎児にも影響してしまいます。パートナーとしては、妊婦が心地よい気分になれるよう気配りをしてあげたいもの。手軽にリラクゼーションを演出するなら、アロマセラピーを試してみては?シティにある「ジュリーク」で妊婦におすすめのエッセンシャルオイルを伺ってみました。 「妊娠初期はオイルの選び方に気を付けてください。シトラス系は安全ですが、適度に使ってください。Mandarinは、特にオススメです。逆に避けた方がいい香りも。特に専門医から指示がない限りは、強い香りの種類、Basil、Cedarwood、Clary sage、Cinnamon、 Fennnel、Jasmin、Myrrh、Marjoram、Peppermint、Rosemary、Sage、Timeなどは避けた方がよいでしょう。ホルモンに影響を与えるため子宮内の構造バランスを崩し、流産につながることもあります。ただし、Clary sageは妊娠中にはオススメしませんが、分娩時には腹部や背中の下部に使うと筋肉の収縮を和らげるので効果的です。腹部や背中の下部付近をマッサージしながら使うといいでしょう。また、妊娠中や出産後は、思いがけないほど肌のコンディションが変化します。栄養をしっかり与えるスキンケアを心がけましょう。」  
 ジュリークでは、すべてのスタッフがアロマセラピーの知識を持っているので、妊娠中のリラクゼーションやスキンケアはもちろん赤ちゃんのためのスキンケアのアドバイスもしてくれます。

取材協力:Jurlique Concept Store 611 Hay St. Mall Perth Tel: 08 9221 9833



This site is developed and maintained by The Perth Express. A.C.N. 058 608 281
Copyright (c) The Perth Express. All Reserved.