妊娠の専門医といっても、どこに行ったらいいかわからないという人も多いでしょう。ケミストなどで妊娠判定薬を購入して手軽にチェックすることも出来ますが、妊娠の可能性があったら早めにGPへ出かけましょう。 「どこの病院がいいのかは、妊婦さんの希望や環境によっても異なります。GPや日本語医療センターに来ていただき、希望を相談して病院を決めて紹介状を書くことが通常です。当センターでは、パブリックではKing Edward Hospital(スビアコ)、プライベートではSt. John of God(スビアコ)、Mercy Hospital(マウントローリー)などをよく紹介させていただいています。」
 日本語の通訳がいる、日本人の健康をバックアップする日本語医療センターでは20週あたりで専門医へ移ることをおすすめしていますが、出産1ヶ月前くらいまでの検診は受けられます。
  「旅行中の妊婦さんでも、体調に異変が見られた時や何か不安なことがあれば、検診をおすすめします。旅行傷害保険は適用されませんが、診療は通訳同伴治療で$45程度と、それほど高くはありません。妊婦さんの不安やストレスは、早めに解消しましょう。」


 


This site is developed and maintained by The Perth Express. A.C.N. 058 608 281
Copyright (c) The Perth Express. All Reserved.